« 虎ノ門~麻布台の坂 (1) | トップページ | 虎ノ門~麻布台の坂 (3) »

2015年12月 4日 (金)

虎ノ門~麻布台の坂 (2)

ホテルオークラ別館の前を右折すると三谷坂。 短い坂である。 昔このあたりを三屋谷を読んだのでそれが変化して三谷坂と呼ぶようになったようだ。 江戸時代は小ぶりな武家屋敷の並ぶ地域だった。

Dscn1986
三谷坂を下ると目の前がサントリーホール。 右手には霊南坂教会。 私たちの年代なら大多数が知っている三浦友和と山口百恵の挙式が行われた式場だ。 大きな建物ではない。 こじんまりと幼稚園を併設した小ぶりな教会。

Dscn1988
ANAインターコンチネンタルホテルの先を下るのが桜坂。 福山雅治の桜坂はここではなく田園調布近くの沼部にある坂だが、ここも雰囲気はいい。 東京オリンピック前と後で全く姿を変えてしまったエリアだ。

Dscn1992
アークヒルズの六本木側にあるスペイン坂は新しい坂。 1986年にできたアークヒルズはARK=Akasaka、Roppongiを結ぶKnot(結び目)という命名。 イマイチぴんと来ない。 坂を上がったところにスペイン大使館があるのでスペイン坂と命名された。 従来の坂は隣に潜む道源寺坂。

Dscn1994
江戸時代から坂上に道源寺があってこの名が付いた。 道源寺は小さな寺だが今もある。 坂の途中の大きな樹がいい。パッと見たぶんケヤキだ。 100年くらいは立っているだろうがうまいこと残してある。

Dscn1998
道源寺坂を上がると泉ガーデンの裏側になる。 ここに小さな坂が一つある。 御組坂だ。 坂の両側に幕府の御先手組(おきてぐみ)があり、本来は特攻隊のような先兵だったが江戸時代は放火盗賊を取り締まる警察の様なものだったらしい。

Dscn2003
一旦高速道路下の麻布通りに出て、側道を下る。 この側道が行合坂だ。 双方から出合う道の坂であるために行合坂と呼ばれた。

Dscn2005
この坂を下ると裏道へ入り、江戸情緒の残る街並みに分け入ることができる。 それは次回に…

|

« 虎ノ門~麻布台の坂 (1) | トップページ | 虎ノ門~麻布台の坂 (3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 虎ノ門~麻布台の坂 (1) | トップページ | 虎ノ門~麻布台の坂 (3) »