« 2016年3月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年4月 6日 (水)

向丘~千駄木の坂 (2)

異人坂の坂上からは路地歩きで本郷台地の東端を感じながら歩く。 まず目指すのはお化け階段である。しかしかつての細道の暗い階段ではすでになかった。

Dscn2711
お化け階段を上から見る。 曲がっていて結構長い。 以前はこの3分の1くらいの幅で暗い階段だったらしい。上りと下りで段数が違ったりするという都市伝説もあった。

Dscn2712
すっかり明るい近代的な階段になってしまうのはいささか寂しいが、住民の方々にとって好ましく変わるのは仕方がない。それでも昔の階段を味わってみたかった。 階段下の路地を左に曲がると根津神社入口の鳥居が見えてくる。

Dscn2717
根津神社まえの通りをそのまま行くとS字に曲がった坂道になる。 これが新坂(権現坂)である。 尾根筋の本郷通りから根津谷に下りる道として作られた新しい道ということで新坂と呼ばれる。 とはいえ江戸時代の新坂であるが。

Dscn2720
一旦坂下に戻り根津神社にお参りをする。境内を通って反対側に抜けることができる。 江戸6代将軍家宣の産土守(うぶすながみ)として少し北側の団子坂にあったが、家宣の父綱吉が後継者の祭神としてこの見事な社殿を建てて神社を移設した。

Dscn2724
根津神社の境内を抜けると根津裏門坂。 坂を上り、日本医科大学の角を右折すると、夏目漱石の旧家「猫の家」跡がある。 ここで「吾輩は猫である」「坊ちゃん」「草枕」などを執筆し一躍文壇の中心に上って行った。 文豪の地と言えば本郷であるが、実は根津~千駄木エリアには漱石のほか森鴎外も住んでいた重鎮のエリアだった。

| | コメント (0)

2016年4月 5日 (火)

向丘~千駄木の坂 (1)

文京区の坂道探訪の最後は東京大学周辺から。 歩いたのは3ヶ月前の1月17日。 地下鉄南北線の東大前駅で下車し言問通りを東へ、東大のレンガ塀に沿って右の道に進むとそれが暗闇坂。 暗闇とは名ばかりで実はとても明るい道なのだが、昔は屋敷裏で樹木が掛かって暗かったのだろう。

Dscn2690
説明板には次のように書かれていた。『江戸時代は、加賀屋敷北裏側と片側寺町の間の坂で、樹木の生い茂った薄暗い寂しい坂だったのであろう。江戸の庶民は、単純明快にこのような坂を暗闇坂と名付けた。23区内で同名の坂は12ヶ所ほどある。区内では白山5丁目の京華女子高校の裏側にもある。(以下略)』

ちょうどこの日はセンター試験の日で、セキュリティの関係で校内には立ち入ることができなかった。 塀に沿ってずっと歩いていくと、東大病院の入口はさすがに空いていた。

Dscn2693_2
東大病院にはドナルドハウスがある。 まだ入ったことはないが、センター試験のせいかキャンパス全体がシーンと静まり返っていてちょっと不気味だった。

Dscn2695
東大の構内に入ると石畳の坂道がある。 上に在るのがドナルドハウス。 この坂の名は榎坂。 坂の名の通り土手には何本もの榎が植わっていた。 しばし東大病院内を散歩して、再び池端門から出て元来た暗闇坂を戻る。弥生式土器発掘ゆかりの地の石碑がある。ここも東大のキャンパスの一部。 地名は弥生、この地名を由来に弥生式土器と呼ばれるようになったのである。

Dscn2702
そのまま進むと下り坂になる。 これが弥生坂。 本郷台地の東端で、昔は海岸だったエリア。 前述の弥生地区のキャンパスが明治時代に警察の鉄砲演習場だったからか「鉄砲坂」の別名がある。

千代田線根津駅を左折して不忍通りをちょっとだけ歩きセブンイレブン手前の路地を入る。 道なりに進むといきなり上り坂が現れる。

Dscn2703
坂の名は異人坂。 坂の中腹に説明板がある。 『坂上の地に、明治時代東大のお雇い外国人教師の官舎があった。 ここに住む外国人は、この坂を通り、不忍池や上野公園を散策した。 当時は外国人が珍しかったことも手伝って、誰いうとなく、外国人が多く上り下りした坂なので、異人坂と呼ぶようになった。』

Dscn2708
坂の上の法面の欄干には『昭和6年2月竣工、浅野侯爵家建設』とある。 広島藩主の子孫で最後の藩主と呼ばれた人物らしく外国公司の命を受け世界各国を周ったのち、貴族院議員、また昭和天皇の幼少期の養育係を務めたとある。 当時はまだこういう人々が私財でインフラを整備していたのかもしれない。

続きを読む "向丘~千駄木の坂 (1)"

| | コメント (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年7月 »