« 淡路坂(千代田区) | トップページ | 幽霊坂(千代田区駿河台) »

2016年10月31日 (月)

一口坂(千代田区)

淡路坂で一口(いもあらい)の話になったので、それに続けて同じく千代田区にある一口坂。三輪田学園の脇の道である。現在の住所は九段北4丁目だが、以前は四番町だった。坂上は市谷から九段下へつながる都道302号線側。

Dscn3682
坂上の東側に標柱がある。「この坂を一口坂といいます。『麹町区史』には〝一口坂の一口は大阪のいもあらいと同じくイモアライと読むべきで、電車一口坂停留所から北へ九段電話局の前を新見附に下る坂である″と書かれています。疱瘡を『いもがさ』とか『へも』と呼んで、疱瘡を洗う(治す)という意味として知られています。この疱瘡に霊験あらたかな社がどの辺にあったかということは不明です。」と書かれている。

大阪のイモアライがよくわからないが、淡路坂とはまた別の説の様な感じがある。戦前の東京市電の路面電車の頃は『次はいもあらい坂』と車内放送があり、後の東京都電になってからは『次はひとくちざか』と案内されていたという。

Dscn3680
坂としては魅力の薄い坂相だが、一口のエピソードがこの坂の存在価値だと思う。坂下は外堀を渡る新見附橋だが、この橋は江戸期にはなく明治になってから掛かったものである。 新見附橋の西側の土手の公園の入口の門柱が『東京市』となっているのがうれしい。戦前の産物である証拠だ。

Dscn3677
この辺りは探ればもっとたくさんの時代の痕跡が出てくる。歩くたびに新発見があるので面白い。

|

« 淡路坂(千代田区) | トップページ | 幽霊坂(千代田区駿河台) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 淡路坂(千代田区) | トップページ | 幽霊坂(千代田区駿河台) »