« 淡路坂(千代田区) | トップページ | 幽霊坂(千代田区駿河台) »

2016年10月31日 (月)

一口坂(千代田区九段北)

お茶の水駅聖橋口から東に下る淡路坂の別名が一口(いもあらい)坂。 こちらはもう一つ、同じく市ヶ谷駅近くの千代田区九段北にある一口坂。 三輪田学園の脇の路地が一口坂である。 現在の住所は九段北4丁目だが、旧町名は四番町。 坂上は市谷から九段下へつながる靖国通りである。

Dscn3682
坂上の東側に標柱がある。

「この坂を一口坂といいます。『麹町区史』には〝一口坂の一口は大阪のいもあらいと同じくイモアライと読むべきで、電車一口坂停留所から北へ九段電話局の前を新見附に下る坂である″と書かれています。疱瘡を『いもがさ』とか『へも』と呼んで、疱瘡を洗う(治す)という意味として知られています。この疱瘡に霊験あらたかな社がどの辺にあったかということは不明です。」

大阪のイモアライについては知らないが、淡路坂の一口坂の説明とはまた別説の様な感じがする。 戦前の東京市電の路面電車の頃は『次はいもあらい坂』と車内放送があったが、後の東京都電になってからは『次はひとくちざか』と案内されていたという。

Dscn3680
坂としては魅力の薄い単調で短い坂だが、一口のエピソードがこの坂の存在価値。 坂下は外堀を渡る新見附橋だが、この橋は江戸期にはなく明治になってから掛かったもの。 新見附橋の西側の土手の公園の入口の門柱が『東京市』となっているのを見つけていささか興奮した。 戦前の産物である証拠を発見したことになるからである。

Dscn3677
この辺りは探ればもっとたくさんの時代の痕跡が出てきそうである。 歩くたびに新発見があるので面白い地域だ。

<追記>

「一口:いもあらい」についての諸説。 最初は「へもあらい説」で、疱瘡(天然痘)のことを「へも」と昔は呼んでいたのが転化して「いも」になったというもの。 疱瘡の治癒に霊験があるという一口神社(一口稲荷)が由来となって一口坂という説がある。 昔この辺りは湿地が多く天然痘も多かったので、一口稲荷を勧請したという話である。

二つ目は「地貰い説」で、現在でも地鎮祭で四角に棒を立てて注連縄を張る習わしが続いているが、昔は土地全体にそれを行い、土地の神が許すまで長い期間(数年間)注連縄で囲んだ状態のままにした。一は土地の境界線、口は注連縄で囲った土地を指し、「一口」という記号化された字になった。その地貰いが「いもあらい」になったという説。

前者の方が若干説得力があるが、古地図に神社の印がないので、まあ諸説ありということにしておきたい。

photo: 2016/3/21

追記) 2018/12/31

|

« 淡路坂(千代田区) | トップページ | 幽霊坂(千代田区駿河台) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 淡路坂(千代田区) | トップページ | 幽霊坂(千代田区駿河台) »