« 御厩谷坂(千代田区) | トップページ | 行人坂(千代田区) »

2017年1月12日 (木)

南法眼坂(千代田区)

大妻女子大前から南へ一番町の交差点まで戻り右折、最初の路地を右折するとまっすぐな上り坂。 南法眼坂である。ここから北の東郷公園までの道は上り下りを繰り返す。番町地域がいくつもの沢筋でできていることがわかる地形である。



Dscn3409



上の写真の左の屋敷は王子ホールディングスの保養施設らしい。なかなかの庭がある日本建築のようだ。 坂の途中に標柱があった。



「この坂を南法眼坂といいます。この坂の北に法眼坂があるためにその名がつけられたのでしょう。坂の下は三丁目谷と呼ばれています。 法眼の名は、『紫の一本』に斎藤法眼という人の屋敷、この坂の脇にありと書かれています。法眼とは僧の階級の一つであり、また江戸時代、医師、絵師、連歌師などに授けた称号のことです。」



Dscn3407
今はマンションが多い都心の住宅地だが、江戸時代は武家屋敷の立ち並ぶ街並みだった。 江戸城まで極めて近いので、多くの武士が屋敷から江戸城に通勤していたのだろう。その姿を想像するのもまた面白い。

|

« 御厩谷坂(千代田区) | トップページ | 行人坂(千代田区) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 御厩谷坂(千代田区) | トップページ | 行人坂(千代田区) »