« 紀尾井坂(千代田区) | トップページ | いちょう坂(千代田区) »

2017年1月22日 (日)

清水谷坂(千代田区)

清水谷は興味深い地形である。 赤坂見附交差点から上智大学方面へまっすぐに切れ込んだ谷がいつ頃出来上がったのか、そして真田濠を掘るより以前もこの地形だとすると、比較的豊かなこの谷の水源はどうなっているのかなど、疑問がわいてくる。

Simizudani
上の地図を見るとこの谷がそんなに水を湛えるようにはどうしても思えないのだが、谷の切れ込み方はかなり急なので、(個人的な推測だが)真田濠が掘削される以前は四ツ谷周辺の雨水を集める小沢がたくさんあったのだろう。

P1020423
坂の途中に標柱がある。標柱の手前は参議院麹町宿舎で警察の詰所がある。いつもながらに警察が守るのは権力側であって国民ではないというのを感じてしまう。 この位置に戦前の地図を見ると神社があったようだが今は影も形もない。道路の反対側にはセンテンススプリング!そう、文藝春秋社がある。 かなり昔からここにあったように思う。

P1020426
標柱に記されていたのは次のようなことだった。「この坂を清水谷坂といいます。元禄四年(1691)の地図を見ると、麹町通りから直接下る坂のように見えますが、それ以降の地図はほぼ現地形と合っているようです。別の名シダニ坂ともシタン坂ともいわれるようですが、いずれも清水谷が変化したものとされています。坂下を南北に走る道筋が清水谷で、そこで喰違見附へと上る紀尾井坂に繋がっています。」

緩やかにカーブした坂の風景は悪くない。ただビルが多すぎて風景としては坂を感じにくい坂である。

|

« 紀尾井坂(千代田区) | トップページ | いちょう坂(千代田区) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 紀尾井坂(千代田区) | トップページ | いちょう坂(千代田区) »