« 木下坂(麻布) | トップページ | 寄席坂(六本木) »

2017年3月30日 (木)

長垂坂(なだれざか)

六本木一丁目、ちょうど首都高速渋谷線が中央環状線と合流する大通りのY字路の1本六本木寄りの路地を入ると長垂坂(なだれざか)である。 素敵な名前だと思う。 坂の上下に標柱がある。「流垂坂、奈太礼坂、長垂坂などと書いた。土砂崩れがあったためか。 幸国坂(幸国寺坂)、市兵衛坂の別名もあった。」とある。

Dscn1758
撮影したのは2015年11月で、新しい高層ビルの建設中だった。 テレビ東京が入った六本木グランドタワーだ。 その昔、バブル華やかな時代には六本木プリンスホテルだった。 クラブで遊びまわってここに泊まったbubblyな方々も多かった。 しかしこの坂は古い江戸の坂なのだった。

Dscn1757
江戸時代、工事現場の向かい(写真右手)には寺が数軒並んでいた。 今は二寺が残るが、江戸時代には6軒ほど連なっていた。 微妙なくねりが古い坂であることを表している。テレ東側は大名屋敷だった。 三河国吉田藩(今の豊橋市)の大名である小笠原佐渡の守の中屋敷だった。

Dscn1759
『新撰東京名所図会』には、急な坂というほどではないが、斜めに傾いた道だったのでなだれと呼ばれたと書かれている。  新しい高層ビルができるとこの辺りもきれいに仕上げられ、この傾き感を残した坂道が消えるのかと思うと寂しい。

<追記>

2011年の写真が見つかった。まだテレ東のビルの工事をする前で、標柱設置の翌年のものである。坂上からと坂下から1枚ずつ。

Cimg0145
Cimg0143
開発前の建物もマンションが多かったのだといささかびっくり。 最初の記事の写真は2015年11月なので、4年前になる。

|

« 木下坂(麻布) | トップページ | 寄席坂(六本木) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 木下坂(麻布) | トップページ | 寄席坂(六本木) »