« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月30日 (金)

台町坂(曙橋)

曙橋駅の西、靖国通りから別れて北西に上って行く坂が台町坂である。 坂下は住吉町、坂上は市谷台町。 大正期に開かれた坂道で、それいぜんこの坂の辺りは市谷監獄であった。そのさらに西、自証院の裏手、今の都立芸術高校の辺り一帯は東京監獄だった。 明治時代はまさに囚人を集めた町だったわけである。明治期から戦前までは今のサンシャイン一帯も巣鴨監獄(のちの巣鴨刑務所)で市谷監獄の縮小に対応したという。昔は監獄が沢山あったのだなあと感心する。

Dscn2994
坂上の北側に観音様がある。 観音ビルという八百屋のビルの脇である。獄死者、刑死者の霊を祀っているそうだ。 明治の社会主義者幸徳秋水もここで処刑されている。全世界に衝撃を与えたこの裁判は1人の証人も出廷させず,裁判記緑も弁護士の手にさえ残さないもので,事の真相は第2次世界大戦の敗戦にいたるまで隠されていたが、のちにでっち上げの裁判だったことがわかっている。

Dscn2995
台町坂の説明を書いたものは現在はない。 以前は木製のものがあったようだが、江戸の坂ではないので作られないのだろうか。 唯一、信号機に台町坂の地名表示がある。この道が開かれたのは大正11年である。昭和のバブル期までは片側1車線の普通の道だったが、近年大通りになったようだ。

| | コメント (0)

2017年6月29日 (木)

茗荷坂(富久町)

現在靖国通りは市谷から合羽橋下を通り、富久町を経て新宿に繋がっているが、昭和の戦後まで富久町から富久町西はつながっておらず(のちに安保坂となった)、いったん南西に下り、茗荷坂を上って富久町西に繋がっていた。現在の三角地帯にある源慶寺も、茗荷坂を挟んだ東長寺も江戸初期の開山で、江戸時代はそのまま大木戸門に行く道だった。 この辺りの斜めの道はそういう昔の道である。

Dscn2980
坂の途中に標柱があり、「この辺りは市谷の饅頭谷から西南に続く谷で茗荷谷と呼ばれ、茗荷畑があったという。坂名はそれに因んだものであろう。」とある。 のどかな畑の広がる場所だったのだろう。両側を墓地に挟まれた広い路地は格好の駐車違反場所になっている。

Dscn2978
富久町の由来は明治になってから久しく富む街にという意味で名付けられた。もとは紅葉川渓谷最大のの谷で、水の豊かな場所だった。江戸期はここと太宗寺の間(今の花園小学校のある新宿1丁目)には百人組の屋敷が広がっていた。鉄砲足軽の部隊であるが、江戸時代には町の外れであった新宿辺りには彼らの屋敷が多く、百人町の地名の由来も彼らが住んでいたからである。 相当貧しい層の武士であったようだ。

| | コメント (0)

2017年6月28日 (水)

安保坂(あぼざか)

江戸時代にはなかった坂である。 江戸期は源慶寺と東長寺の間の茗荷坂が街道だった。 そこから靖国通り沿いに街道が続いていた。源慶寺の西には広い安保邸があり、海軍大臣の安保清種が住んでいた。戦後安保邸敷地を大きく横切る靖国通りに変えたので、この坂は昭和の坂である。

Dscn2974
幾つかの権威ある坂道本には由来がわからないと書かれているが、昭和以前の地図を見ればここが安保氏の邸宅だったことは明らかなのに不思議である。タモリ氏の師である山野氏は安保邸の由来をきちんと書いていた。

| | コメント (0)

2017年6月27日 (火)

禿坂(蜘切坂)

禿坂(かむろざか)と読む。 また別名の蜘切坂(くもきりざか)も難読。 蜘切坂の由来は、三田に多くの伝説が残る渡辺綱が、ここで古蜘蛛を退治したという伝説に由来している。 しかしそれだけのことで、江戸末期以降はおそらく禿坂の方がなじみ深い呼び名だったのではないか。

Dscn2973
坂は緩やかに上っていく。標柱には、「坂名の由来は定かではないが、近吾堂版の『江戸切絵図』には『里俗カムロ坂』とあり、江戸時代後期には「かむろざか」と呼ばれていたことがうかがえる。」とある。

実はいくつかの説があり、自証院裏手、今の富久小学校の裏、都立総合芸術高校の校門の辺りに大きな池があり、そこに河童が住んでいた。 河童のことをカムロ(禿)と呼ぶのでここが禿坂になったという。 紅葉川の源頭のひとつである。

Dscn2971
坂はだらだらとイトーヨーカドーの先まで続いている。 江戸以前はこの辺りには原野が広がり、人もまばらだったはずである。 このちょっとした斜面と坂道からそういう想像ができる。

| | コメント (0)

2017年6月26日 (月)

自証院坂

曙橋駅から靖国通りを西へ進む。 この道は江戸時代は甲州街道の脇道のような役割で、辺りには多くの寺町を抱えていた。富久町の東側の成女学園の辺りには今も善慶寺と自証院が残るが、江戸時代には5軒の寺が並んでいた。

Dscn2962

成女学園の脇道を上るのが自証院坂である。 成女学園は明治32年(1899)創立だが、ここに移転してきたのは明治39年(1906)。 それ以前にここに住んでいたのがラフカディオ・ハーンこと小泉八雲で、八雲は自証院の墓地を散策するのが大好きだったようだ。 江戸末期の切絵図を見ると自証院はとても広く、富久町の北側一帯がその敷地で、この坂は参道だったようだ。

Dscn2964
自証院は尾張藩主の徳川光友夫人の母、自証院(徳川家光の側室)を供養する為に1640年に創建された寺院だが、正式な名前は鎮護山圓融寺という。興味深いのは自証院の先、富久小学校の裏手にある無名の坂である。

Dscn2969
明治以降の新しい坂だがなかなかの景色を持っている。 富久小学校へ通うタワーマンションの子供たちが朝夕賑やかに通るのだろう。

| | コメント (0)

2017年6月25日 (日)

暗坂(暗闇坂)

新宿区は古い町名が残っていて嬉しい。 荒木町の西側が新坂のある舟町、そのさらに西側が愛住町である。それぞれが昨今の丁目レベルの町の広さで、人と人が助けあい支え合いながら生活するのにちょうどいいサイズだと思う。 行政が区割りを変える時は、そこに住む人の生活や人生をも変えるくらいの覚悟で行ってほしいものである。

Dscn2956
坂上には釣り人の聖地のひとつである「釣り文化資料館」がある。週刊釣りニュースの創刊者である船津氏が開いた和竿・魚籠などの伝統釣り具を展示しているが、本社ビルなので平日しかやっていない。そのためにまだ入ったことはない。 資料館前から下るのが暗坂(暗闇坂)。 石垣の上は全長寺の墓地で、まさに暗闇坂の名前の通り、墓のそばであるが、現在はビルが多く明るい雰囲気。

Dscn2958
墓の石垣の下と坂下に標柱がある。「四谷北寺町へ出る道で、坂の左右に樹木が茂っていて暗かったためこの名がついた。別名『くらがり坂』ともいう。江戸時代、坂上一帯は多くの寺院が並び、四谷北寺町と呼ばれていた。」と書かれている。 今でも4件の寺が並んでいる。江戸時代末期は6軒あり、そのうちの4寺は今もある寺院。

Dscn2961
坂は最後に階段になる。 江戸時代から大正まではこちらの道だけだったが、その後カーブして靖国通りに下る車道が開かれた。ものの本にはそちらを暗闇坂と書かれているが、明治以前の地図はみなこの階段の方を暗坂と記しているので、私はこちらを暗坂としたい。

| | コメント (0)

2017年6月24日 (土)

新坂(荒木町)

曙橋駅の南側、住吉町の交差点から南に延びる上り坂が新坂である。 新坂という古い坂が多い中で、この坂は比較的新しい。 それでも明治の坂。 ただ切通し風の風景がなかなかのもの。

Dscn2951
坂の標柱には、「全勝寺から靖国通り手前まで下る坂道で、明治30年代後半の道路新装によりできた坂道である。江戸時代には甲州街道から全勝寺まで杉の木が連なる「杉大門」通りが伸び、新坂ができて靖国通りまで通じることになった。「今は杉樹は伐採し、其の路は新道に通じて、直ちに市谷に達せり」(東京名所図会)という光景であった。」とある。

Dscn2954
この新坂の西側一角は舟町という町名だが、この辺りは森林地帯でその樹木を舟板用に切り出したので「舟板町」と呼ばれるようになり、それが舟町になったという。 切り出した材木は紅葉川で流して運んだのだろう。 この都心でかつてはそういう風景があったのだと想像すると面白い。

| | コメント (0)

2017年6月23日 (金)

仲坂(四谷)

津の守坂から荒木町の中に入り込む。 路地の中の歯科医院の脇に窪地に下る階段がある。 仲坂である。 標柱などはないが、石柱がいくつかあって仲坂と彫られている。 昭和に入ってから開かれた坂のようである。

Dscn2917
上の写真の右下の折れた石柱の下部には「坂」とだけ残っている。 真ん中に鉄製の手すりがついた階段を降りてみると、階段の下にも石柱がある。こちらははっきりと仲坂と読める。

Dscn2918
階段に向かって右側の石柱には昭和7年8月竣工とある。荒木町にはいくつも階段があるが、この仲坂はその中でも特に坂名の付いた階段。 46段の階段を荒木町に住む人々は生活道路として使っている。昭和の坂道ではあるが、情緒はなかなかのものがある。

| | コメント (0)

2017年6月22日 (木)

津の守坂(四谷)

靖国通りの合羽橋下から新宿通り三栄町に向かって上るのが津の守坂。 坂の西側はディープな荒木町。 人気の裏町である。 この荒木町全体が窪地になっていて、江戸時代は岐阜美濃国高須藩主松平摂津守の屋敷だった。荒木町の中はそれはそれで1冊の本になるくらいの情報を秘めているエリアだが、ここは津の守坂の話。

Dscn2913
屋敷の中には湧水が作る滝まであったというが、この高低差を見ると頷ける。 明治になってから大名屋敷は一般に開放され、観光地としてたいそうにぎわった。 今も津の守弁財天にその名残を見ることができる。荒木町の歓楽的な雰囲気はその頃の名残りともいえる。

Dscn2908
津の守坂の坂上から坂下を望むと、自衛隊のビルが正面に立っている。 その敷地も尾張殿の屋敷だったから、この辺りも江戸時代は全く違う雰囲気だったのだろう。  坂下には紅葉川が流れ、水車もあったという。 摂津守の屋敷内の池は源流の一つだった。

Dscn5566
津の守坂の東側には新宿区歴史博物館がある。 入館料300円で随分と楽しめる郷土博物館である。 新宿の大昔から、発展する様子まで、なかなか充実した内容で、何度も訪れている。

| | コメント (0)

2017年6月21日 (水)

坂町坂(四谷)

高力坂、比丘尼坂は本塩町にある。その西側が四谷坂町。 昔は坂下に蓮池という大池があったが埋め立てられて街になり、坂下町となった。後に坂上の上坂町と合わせて明治以降は四谷坂町となった。その坂町を曲がりながら上っていく江戸情緒豊かな坂道が坂町坂である。

Dscn2902
坂下にあったという蓮池は江戸前期には水鳥の豊富な池で、三代将軍家光はしばしばここに狩猟にやってきたという。そういう雰囲気はなく、昭和の中期まではそれなりに栄えた商店街だったようだ。

Dscn2905
坂の上下にある標柱には、「坂名は「坂町」という町名にちなんで、呼ばれていたようである。『御府内備考』では、坂の名称は付けられていないものの、百メートルを越す長さがあることが記されている。」とある。江戸時代は役人の小さな家が多く、御先手組や御持組の集合住宅が沢山あった。御先手組は警備を担当する役人で最前線で戦う役割、御持組は最前線ではないが将軍直衛の警備担当の役人である。

| | コメント (0)

2017年6月20日 (火)

比丘尼坂(市ヶ谷)

高力坂の坂上を右折し路地に入る。 ファッションブランドの三陽商会の本社の北側を左折すると比丘尼坂。 坂上に標柱がある。「『御府内備考』によると、昔、この坂の近くの尾張家の別邸に剃髪した老女がいたことから、こう呼ばれたという。」と書かれている。尾張家というのは今の自衛隊の場所にあった尾張藩の上屋敷。

Dscn2896
また、『新撰東京名所図会』には尾国坂(びくにざか)と書かれており、尾張国の屋敷のそばの坂だからという意味合いだろう。 普通にはこの由来のほうがしっくりくる。江戸時代は三陽商会前の道はこちらに曲がっており、この道を通って尾張藩屋敷へ出ていた。

Dscn2898
極めて短い坂だが、わずかに江戸情緒がある。 写真の石垣が効いている。 ごく普通の昭和の民家だが、石垣はもっと古いのではないかと思われるが真偽は不明。 北側の自衛隊との間の谷筋は、江戸以前は立派な川が流れていた。 そのためここは急傾斜になっていて、1本南の路地に行くのに階段になっている。

Dscn2900
短い坂だが坂下にも標柱がある。 この谷筋だが、新宿区河田町や富久町辺りから流れ出した沢を集めて、高力坂下で外濠に注いだ紅葉川という川。そして江戸時代までこの辺りは寂しい場所だったという。 靖国通りが通ったのは関東大震災の後であった。

| | コメント (0)

2017年6月19日 (月)

高力坂(市ヶ谷)

外濠の掘削は江戸初期の大プロジェクトであった。 各地の大名にこの大土木工事が課せられた。 市谷八幡下から外堀に沿って上っていくのが高力坂である。坂下の外濠側の歩道に御影石の標柱がある。

Dscn2892
標柱には、「新撰東京名所図会によれば「市谷門より四谷門へ赴く、堀端辺に坂あり、高力坂という。幕臣高力小次郎の邸あり、松ありしかば此名を得たり、高力松は枯れて、今、人見の合力松を存せり、東京電車鉄道の外濠線往復す」とある。 すなわち、高力邸にあった松が高力松と呼ばれ有名だったので、その松にちなんで、坂名を高力坂と名づけたものと思われる。」と書かれている。

Dscn2894
高力坂は市谷見附と四谷見附の間にある。江戸時代も濠沿いの外堀通りは広い道だったようだ。 高力主税助の屋敷があったのはちょうど雪印メグミルクのビルの辺りである。市谷御門前には市谷八幡があり、その下の今の住友市谷ビルの区画は火除け地だった。江戸の火事は、濠をも飛び越えるので、こういう場所には建物を建てさせず火除け地とするようになったのは江戸中期からである。

高力松の写真→こちら

| | コメント (0)

2017年6月18日 (日)

鮫河橋坂(四谷)

南元町公園から四谷見附公園までの広い通りが鮫河橋坂である。東には迎賓館、西には学習院初等科、その間を優美に上っていく。南元町公園は都心の割には広い児童公園。 公園の辺りは江戸時代は町屋だったが、その南側を川が流れていた。 川の名前は桜川(別名を鮫川、あるいは赤坂川)という川で、そのまま赤坂御所の中の池を貫いて溜池に流下していた。

Dscn2872
赤坂御所は江戸時代は和歌山県の紀伊国の屋敷だった。 いまの迎賓館と赤坂御所を足した敷地で、御三家というものが如何にすごいかがわかる。 その南側が今の赤坂御所で、北側が迎賓館。 迎賓館は明治には宮内庁近衛局、その後赤坂離宮の一部となり、戦後は国会図書館になったのちに今の迎賓館になった。

Dscn2874
一方でこの鮫河橋坂の西側の低地は江戸時代から戦前にかけては貧民街で、江戸期は夜鷹が立ち、明治以降戦前まで底辺層の娼婦が多い地区だったという。皇族の住む御所から道を隔ててそういう街があったという事が、私には不思議である。谷に住む人種と、台地に住む人種の格差はそれほどまでに大きかったという事だろうか。

| | コメント (0)

観音坂(四谷)

東福院坂と戒行寺坂の間で鮫河橋谷筋から北東に上る坂が観音坂。坂上と坂下にある標柱には、「この坂の西脇にある真成院(しんじょういん)の潮踏(塩踏)観音に因んでこう名付けられた。潮踏観音は潮干観音とも呼ばれ、また江戸時代には西念寺の裏門が、この坂に面していたたため西念寺坂ともいう。」と書かれている。

Dscn2852
江戸時代以前、四谷は潮踏の里と呼ばれた原野だった。この鮫河橋谷にも江戸湊の海水が入り込んでいたようで、真成院の塩踏観音の台座が潮の干満で濡れたり乾いたりしたという言い伝えがある。今はコンクリート造りになった寺院には沢山ののぼりが掲げられm潮干観世音と書かれている。不思議に思う人もいるかもしれないが、たった数百年前のことなのである。

Dscn2855
坂上の西念寺は服部半蔵の墓があることで有名。服部半蔵は徳川家康に仕えた伊賀忍者の頭領である。主君であった家康の長男信康が切腹の折、半蔵は介錯を命ぜられたが、ついに果たすことができず、後に半蔵は信康の冥福を祈るため仏門に入った。

Dscn2856
また西念寺には槍の名手であった半蔵の槍が保存されている。家康より拝領したと伝えられる。こうして鮫河橋谷筋を巡っていると、南元町公園にある江戸名所図会の絵と文がリアルに感じられる。昔から低い土地で、葦などの茂った池沼があり、周囲の台地から湧き出す水を湛え、東南の方角に流れて鮫河となり溜池へ注いていた。江戸時代になると水田地帯になり、その後外濠を掘削した余土で埋め立てて町にした。そういう土地の変化を感じられる都心のスポットである。

| | コメント (0)

2017年6月17日 (土)

鉄砲坂(四谷)

四谷若葉町は昔の鮫河橋谷筋の町屋界隈。 その谷筋から東の台地に向かって上るのが鉄砲坂である。坂はクランクが続き、どこが本当の鉄砲坂なのかいささかわかりにくい。坂下は若葉町商店街通りの丸正の路地。ここから緩やかに上り坂になる。

Dscn2793
坂の途中と坂上のクランクの所に標柱がある。「江戸時代、この辺りに御持筒組屋敷があり、屋敷内に鉄砲稽古場があったため、鉄砲坂と呼ばれるようになった。また、以前は、この地に赤坂の鈴降稲荷があったため稲荷坂と呼ばれていた。」と書かれている。

Dscn2796
江戸の切絵図では若葉通りの西側が町屋、東側が御持筒組の屋敷になっている。坂の途中から上は役人の武家屋敷が立ち並ぶ。 切絵図にも「テッポウサカ」と書かれている。

Dscn2863
クランクを過ぎても上り坂は続いている。坂上は学習院初等科、皇室が通う小学校である。 鉄砲坂はクランクを曲がるとすぐに右折するほうではないかと思う。 そちらへ進んでも上り坂である。

Dscn2864
その先はJR中央線を渡る。 この跨線橋は朝日橋という名前。 眼下に中央線総武線の線路と首都高速5号線を見下ろす。神宮外苑方面が見渡せる眺めのいい場所である。 江戸時代の道はこちらには繋がっていなかった様子。 学習院初等科の敷地内を東進して、迎賓館前に抜けるのが道筋だったようだ。

| | コメント (0)

2017年6月16日 (金)

須賀神社男坂・女坂

文化放送のあった東福院坂は甲州街道から須賀神社へ参拝する参道である。 東福院坂の坂上から眼下に須賀神社の49段の急峻な階段が現れる。 文化放送側のほうが標高は高いように見える。いったん鮫河橋谷町筋に下り、男坂なる階段を上る。

Dscn2840
須賀神社は別名天王社と呼ばれ、江戸時代の切絵図には稲荷山宝蔵院天王社と記されている。須賀神社のホームページには、「今の須賀神社はもと稲荷神社だった。その稲荷神社は往古より、今の赤坂一ツ木村の鎮守で、清水谷に有ったのを、後の寛永11年(1634)に江戸城外堀普請のため、当地を替地として拝領し移った。」とある。 江戸以前はこの辺りはやはり原野の沢筋だったと思われる。

Dscn2848_2
社殿の赤鳥居の近くには女坂の階段がある。 踊り場が広く、傾斜が緩やかである。 須賀神社は三十六歌仙の絵で有名。平安時代中期の藤原公任の選定に由来する三十六歌仙の絵が奉納されているが、描かれたのは江戸末期。

Dscn2851
女坂を下るとそこは崖下の寺、妙行寺と墓地。 そこから見上げると須賀神社のある台地はまるで城壁のように見える。いくつか出っ張っている石が何なのか興味がわいた。調べてみたがわからない。何故この出っ張りを作る必要があったのだろうか。 ここに縄でもかけて下るためか。 謎だらけである。

| | コメント (0)

2017年6月15日 (木)

東福院坂(天王坂)

円通寺坂を下り、鮫河橋谷町沿いに歩くと、右も坂左も坂という地形になる。 まさに谷筋である。 南側に須賀神社の階段が見える辻を須賀神社とは反対方向の北側に上るのが東福院坂である。元は甲州街道から須賀神社への参道で、いったん下りそして上る道筋。
Dscn2835
 
坂の西側に東福院がある。標柱には、「坂の途中にある阿祥山東福院に因んでこう呼ばれた。別名の天王坂は、明治以前の須賀神社が牛頭(ごず)天王社と称していたため、この辺りが天王横町と呼ばれていたことによる。」と書かれている。東福院の向かいは愛染院。高松喜六の墓がある。
高松喜六は内藤新宿の生みの親、という事は新宿という街を生み出した最初の人である。江戸の初期、日本橋から甲州街道を行くと最初の宿場は高井戸だった。四里(16㎞)もあって長いので間の新宿にも宿場を作ろうと動いたのが高松喜六。 元は浅草の名主だった。元禄10年(1697)に請願をし、内藤新宿を作る許可が翌年に下りた。喜六は5,600両を納め、問屋・本陣を営んだ。 喜六が作った新宿がここまで発展するとは、本人が見たら仰天することだろう。
Dscn2839
 
坂の上、東側にはラジオ局の文化放送があった。 今は浜松町だが、一昔前(2006)まではここ四谷から放送されていたのである。若い頃遥か1,000㎞の彼方で夜な夜な聴いていたセイヤングもここから発信されていたと思うと、感慨深い。跡地に建てられたマンション(ランテンヌ四谷)の屋上にはアンテナ線が張られていて、中には非常用の送信施設があるそうだ。
 

| | コメント (0)

2017年6月14日 (水)

円通寺坂(四谷)

新宿通りの津の守坂交差点から南に下る道が円通寺坂である。 きれいな2車線の道で徐々に下りになっている。坂の西側に円通寺があるが、今はビルの寺である。 昔はこの道は途中で西側に折れて、女夫坂に出ていた。 昭和後期までは緩やかな坂で終わり、西に曲がっていくのが円通寺坂だった。

Dscn2829
円通寺を過ぎると昔の道は斜めに逃げるように分かれ、西に折れていく。 この辺りは江戸の時代の初期に徳川幕府が江戸城外郭の造営のために多くの寺を移転させ、ここ四谷寺町に集めたので、今も沢山の寺がある。

Dscn2832
昭和後期になり、谷町方面へ道がつながった。 この新しい道がきれいなカーブを描いている。 江戸の切絵図を見ると円通寺坂は「ホウソウジ横丁」とあるが、その法蔵寺は今も坂の東側にある。 坂の標柱には、「新宿通りから、四谷二丁目と三丁目の境界を南に円通寺前に下る坂。坂名は、この円通寺に因むものである。」とある。

Dscn2834
坂道は真英寺と日宗寺の間を抜けて下っていき、鮫河橋谷町筋となる。 この道は新道が見事に昔の道に溶け合った感じがして好ましい。

| | コメント (0)

2017年6月13日 (火)

女夫坂(四谷)

四谷三丁目というと私はお岩稲荷を思い起こす。 実在のお岩さんは田宮家の妻として幸せな人生を過ごしたのだが、お岩さんが信仰していた社が評判になり、お岩稲荷と呼ばれるようになった。お岩さんが亡くなったのが寛永13年(1636)だが、それから相当年月が経過した文政8年(1825)に鶴屋南北「東海道四谷怪談」の歌舞伎が大人気を博し、鶴屋南北によってお岩さんは於岩さんに変えられ、亡霊とされてしまったのである。

Dscn2823
その於岩稲荷は明治12年(1879)に焼失してしまい、初代市川左団次の勧めで中央区新川に移転した。 本当はそちらが本家なのだが、戦後昭和27年(1952)にこの古の場所にも社が建てられ田宮稲荷神社跡として賑わうようになった。

Dscn2820
於岩稲荷のひとつ東側の道が女夫坂(めおとざか)である。田宮家の夫妻とは関係ない。 女夫坂(夫婦坂)というのは、二つの坂が連なって一つの形を示している場合に名付けられることがある。新宿通りに向かってわずかに下り、その先でわずかに上っている。

Dscn2827
新宿通り側から見ても同じように見える。 わずかに曲がっているところが古い道らしい。お岩さんが生きていたころはまだこの辺りは野原で、鮫河橋谷町の谷筋の最奥の源頭にあたる場所だった。 この辺りはまだまだ原野で、それを武蔵忍藩(行田辺り)藩主の高木筑後守が開いたので忍原と呼ばれるようになったという。お岩さんの田宮家はその高木家に仕えており、この辺りの開拓を行ったようだ。 江戸の初期はこの辺りは原野の広がるエリアだったと思うと、立ち並ぶ建物がすべて刹那の物に見えてしまうから面白い。

| | コメント (0)

2017年6月12日 (月)

闇坂(くらやみざか)

戒行寺坂の坂上南側に西應寺がある。 ここには幕末から明治にかけて剣客として有名な榊原健吉の墓がある。最後の剣客と呼ばれた人物だ。また西應寺の梵鐘は銅製で江戸中期の名工芸品である。西應寺の隣りが永心寺。その脇を下るのが闇坂である。

Dscn2809
路地は車は通れない道幅。 入口脇に標柱がある。「この坂の左右にある松巌寺と永心寺の樹木が茂り、薄暗い坂であったため、こう呼ばれたという。」と記されている。坂の傾斜がきつくなるところから鉄製の手すりがついている。ほぼまっすぐな坂道だが、その細さと辺りの景色は江戸情緒を忍ばせている。

Dscn2813
別名乞食坂。 寺町には物乞いの乞食が多くその為だっただろう。またもうひとつの別名茶の木坂は坂下の谷の源頭に明治初期まで茶畑があったからだろう。坂下の一角には池があり、おそらく湧水がたまっていたと推測できる。その西側は崖のようになっていて、その斜面が茶畑だった。

Dscn2816
今、坂下は若葉公園という小さな公園になっている。公園南側のガラスのビルは聖教新聞本社である。 若葉公園の場所は明治36年(1903)に東京市による特殊学校が開かれた場所。 鮫橋尋常小学校という名で、専ら貧困者の子弟を教育していた。 教科目は小学校程度にして4学年とし、学用品は支給、校内には浴場を設置し、毎週1回児童に入浴させ、かつ理髪を行い、疫病治療などの医療も行ったという記録がある。生徒数は343人。 この谷町には今では想像もできないような貧困家庭の大集団があった、ある意味東京の裏の一面が明治末期には存在したのだろう。

| | コメント (0)

2017年6月11日 (日)

戒行寺坂(四谷)

出羽坂下から谷筋の道を進む。 昔の谷町の筋、戦後は若葉町となった町屋筋でかつては商店街の賑わいもあったことが想像できる。この筋の途中で西に向かう路地があり、上り坂になっている。 これが戒行寺坂である。路地に入るとすぐに若葉湯という銭湯がある。 谷筋の風景としては銭湯が似合う。

Dscn2799
坂を上っていくと寺町になる。坂上の北側に戒行寺がある。寺の門前に標柱が立っている。「戒行寺の南脇を東に下る坂である。坂名はこの戒行寺にちなんでいる。別名「油揚坂」ともいわれ、それは昔坂の途中に豆腐屋があって、質の良い油揚を作っていたからこう呼ばれたという。」と書かれている。

Dscn2806
戒行寺は文禄4年(1595)に建立された。 実は鬼平犯科帳で知られた長谷川平蔵の菩提寺である。ただ墓は今はなく、どこへ移転したかは不明。 供養碑のみが残る。

| | コメント (0)

2017年6月10日 (土)

出羽坂(信濃町)

信濃町駅の北側を東に向かう道路はもとまち公園を過ぎると下りになる。 坂下はその昔鮫河橋の谷だった。坂下の谷沿いが鮫河橋谷町と呼ばれ、手前の坂の中腹から上が元鮫河橋町と呼ばれた。線路に斜めに当たってから線路沿いに曲がっていく道筋は線路を敷いたせいではなく元からこうだったようだ。

Dscn2786

坂の上下の標柱には、「明治維新後、この坂上に松平伯爵(旧松江藩主松平出羽守家)の屋敷が移転してきたため、こうよばれるようになったという。当時は修徳園という庭園があったが、戦後売却され姿を消した。」とある。松平邸は戦後一時松平ホテルになり、1946年から1960年までの短い期間営業した。

Dscn2790
鮫河橋谷は四谷三丁目辺りを源頭にした沢の集まった流れだった。 流下して中央線をくぐるあたりからは川らしくなって、明治初期の地図にも水線がある。川は現赤坂御所の中の池に流れ込んでいる。江戸期は谷筋に町民が住み、丘の上に武士が住むという形で街を形成していたが、ここも見事にその図式になっていた。

| | コメント (0)

2017年6月 9日 (金)

新助坂(信濃町)

千日坂を下り公明党本部前を通り過ぎて、左に路地を入るとすぐにトンネル。 首都高速5号線と中央総武線をまとめてくぐりぬける。このトンネルはJR東日本の管轄で、北側に「中央緩行線第2号南鮫ヶ橋通ガード」とある。暗いトンネルだがそこそこ通る人がいる。トンネルを出ると左に向かう。道はすぐに右に折れる。

Dscn2780
目の前に急な坂が現れる。 これが新助坂である。別名すべり坂というが、舗装されていない時代には雨でも降ろうものなら大変なことになっただろう。信濃町駅の北側は創価学会の街なので、この坂の周辺も学会の施設だらけである。坂上からは中央線の電車が短い間隔で賑やかに通過する。 その向こうには明治記念館が大きな屋根を見せている。

Dscn2783
坂上の標柱には、「『新撰東京名所図会』には、「新助坂は四谷東信濃町上る坂なり、一名をすべり坂ともいふ。坂の下には甲武鉄道線の踏切隧道門あり」と記されている。明治30年代中頃には、新助坂の名前で呼ばれていた。」と書かれている。 甲武鉄道というのは中央線の前身で、明治時代の鉄道会社。 八王子と御茶ノ水の間を走った。 明治39年に国有化された。新助坂の名前は、てっきり助坂があってその新しい坂かと思っていたら、昔この辺りに新助という人が住んでいて、それで新助坂となったようだ。

| | コメント (0)

2017年6月 8日 (木)

千日坂(信濃町)

信濃町駅を出て左側、外苑方向に進むと外苑エリアへ渡る歩道橋がある。 そこを上らず、斜め左に下る坂を降りていく。 ここが千日坂。 首都高の外苑ランプが頭上を通る。 一行院千日谷会堂の塔が坂脇にそびえている。この坂上辺りで『南総里見八犬伝』を書いた滝沢馬琴が世を去った。坂の別名を久能坂(久野坂)という。坂下辺りに紀州藩久野丹波守の屋敷があったことに由来している。

Dscn2771
坂はくねりながら下っていく。 坂下の標柱には、「この坂道の下の低地は、一行院千日寺があるため千日谷と呼ばれた(『紫の一本』)。坂名も千日寺にちなんで名づけられたと考えられる。なお、かつての千日坂は消滅し、現在の千日坂はそれと前後して作られたいわば新千日坂である。」と記されている。新宿区は随分ときちんと書いていると感心する。

Dscn2778

江戸期の切絵図を見ると千日坂は写真の高速道路下あたりで左に折れて急坂を上っている。上半分は完全に新しい道筋だ。 信濃町の由来は、坂上の慶応病院辺り一帯が奈良県の大和櫛羅藩主の永井信濃守の屋敷だったことから来ている。 坂下の千日谷には公明党本部がある。 党本部の建物からは意外と若い人たちが出入りしている。

| | コメント (0)

2017年6月 7日 (水)

綱坂(三田)

綱坂は名坂のひとつである。 三田台地の峰にあたる三井倶楽部の大銀杏脇から下る。東へは綱の手引坂が下る。綱坂に最初に接するのが姥坂で、その南側がイタリア大使館。綱坂は砥粉色(とのこいろ)の三井倶楽部の塀がだんだんに落ちていく、雅な雰囲気をもつ坂だ。

P1030525
江戸時代の三井倶楽部敷地は会津藩松平肥後守の屋敷。向かいは広大な松山藩松平隠岐守の屋敷。 上部はまっすぐだが坂下で曲がっている景色がいい。坂下の東側は慶応大学。江戸期は肥前島原藩松平主殿頭の屋敷だった。

P1030528
もう一つこの坂の魅力は三井倶楽部の樹木が覆いかぶさっているところ。 塀の段差が絵になっている。 現イタリア大使館の場所は明治以降大正までは松方邸となっている。大蔵大臣として名を馳せた松方正義の邸宅である。その後イタリア大使館となった。

P1030532
いっぽうその南側の慶応の敷地を借り受けしたのは福沢諭吉である。こんなにいい坂があるのに、慶大生はその存在をほとんど知らない。ちなみに横浜開港資料館の所蔵写真には江戸末期の写真があり、ちゃっかり使わせていただいた。下の写真である。基本当時と道は変わっていないのがよくわかる。
Tuna

| | コメント (0)

2017年6月 6日 (火)

姥坂(三田)

綱の手引坂の南側には雰囲気の良い路地がある。これが姥坂だが、江戸期の坂ではなく明治20年頃に開かれた坂である。 現在はこの姥坂の南側にはイタリア大使館が江戸時代の大名屋敷の庭を維持している。

P1030523
江戸期の大名屋敷だけあってうっそうとした樹木が生い茂っていてとてもいい雰囲気を出している。綱の手引坂からこのイタリア大使館までを含めて、江戸期は四国伊予松山藩の松平隠岐守の中屋敷だった。

P1030522
1703年に発生した忠臣蔵で有名な赤穂事件の折、47士のうちの10名の預かりを命じられたのが隠岐守(松平定直)である。 ブラタモリ(第1期)では大使に招待され邸内に入ったおりこの赤穂浪士の碑が今もなお庭にあるということに感心した。

| | コメント (0)

2017年6月 5日 (月)

綱が(の)手引坂 (三田)

日向坂を上り、オーストラリア大使館、三井倶楽部を右に見て進むと、三井倶楽部の角の大銀杏から下りになる。この坂が綱が手引坂である。この辺りで「綱」とつくと渡辺綱のこと。 渡辺綱(わたなべのつな)というのは、平安時代中期の武将で源氏系。 京都の一条大橋の上で鬼の腕を切り落とした逸話で有名。また光源氏の子孫でそうとうなイケメンだったとも伝えられる。

Dscn1863
標柱の説明は、「平安時代の勇士源頼光の四天王の一人、渡辺綱にまつわる名称である。姥坂とも呼んだが、馬場坂の説もある。」と書かれている。言い伝えでは渡辺綱が幼少のころ、姥に手を引かれてこの坂を歩いたことが由来とされている。それで姥坂だったりするわけだが、周辺の渡辺綱の逸話はかなり盛られたり作られたりしたものがありそうだ。

Dscn1872
大正期まではこの辺りの赤羽町は有馬ヶ原とよばれた空き地で、池があったりして、近所の子供たちの恰好の遊び場だったという。その後済生会病院ができ、戦後には三田高校もできて今のような都会の景色になったようだ。

| | コメント (0)

2017年6月 4日 (日)

神明坂(三田)

オーストラリア大使館と三井倶楽部の間の信号交差点を北に下るのが神明坂。 交差点そばには龍原寺があり、脇に志ほあみ地蔵尊がある。子育てと延命にご利益があるらしく沢山の千羽鶴と提灯が飾ってあった。寺の向かいには立派な石垣がある。かんぽ生命の本館敷地の石垣だが、かつては簡易保険局だった。

P1030507
簡易保険局は江戸時代は筑後久留米藩の有馬家の上屋敷で、今の三田1丁目の半分以上が敷地だった。かつてはこの辺りは芝赤羽町と呼ばれた。安産の神として有名な日本橋の水天宮はその昔は有馬家の上屋敷の中にあったため人気に反して参詣は難しかった。 あまりの人気に5の日のみ解放されると奉納物だけで年間2000両にも達し、有馬家は財政難を乗り越えることができたという。 明治になって有馬家が移転し、いったん赤坂に鎮座したが、その後中屋敷のあった日本橋蛎殻町へ移転し今に至るというわけである。

P1030510
神明神社は元神明として江戸期の切絵図にも描かれている。石碑には天祖神社とある。 創建は1005年(平安時代)。渡辺綱の産土神でもあり、かつ前述の水天宮も分祀されている。元神明宮というのはここから移転したのが芝大神宮(芝大門)で、その元の神社であるためだと思われる。

P1030513
坂の上下の標柱には、「天祖神社を元神明と呼ぶところから神明坂と呼んだ。馬場坂という説もあるが、綱の手引き坂との混同があるらしい。」と書かれている。

| | コメント (0)

2017年6月 3日 (土)

日向坂(三田)

古川に架かる二の橋から三田へ上る道が日向坂である。 二の橋を渡ると真上には首都高速目黒線。 振り返ると麻布通りの向こうは仙台坂。 しかし町としては古川で分割されているので、ここから三田である。坂の途中に標柱がある。「江戸時代前期南側に徳山藩毛利日向守の屋敷があった。袖振坂ともいった。由来は不明である。誤ってひなた坂とも呼んだ。」と記されているがいささか文章がわかりづらい。

P1030499
袖振坂の由来については横関氏が『江戸の坂東京の坂』に書いている考察が納得性が高い。地理的にみるとこの坂の下には古川が流れていて、そこに日向橋があった。橋を渡るとその向こうには仙台坂があって、互いの坂どうしでは相手がいつまでもよく見えた。いつまでも合図して手を振って別れることができたのである。そういう坂を袖振坂と呼ぶので、そう呼ばれたに違いないという。

P1030506
今は残念ながら首都高が邪魔になって仙台坂を望むことはできない。坂の南側にはオーストラリア大使館があり、モダンな建築の最上階部分にはカンガルーとエミューのオブジェが望める。

| | コメント (0)

2017年6月 2日 (金)

銀杏坂(芝)

東京タワーを東に向かうと急な下りだが、この坂に名前はない。 永井坂上からのこの道は明治の後半に開かれた。 すぐ先にある東京プリンスホテルの敷地は1964年にホテルができるまでは徳川家霊廟だった。霊廟は空襲で焼失したが、その後20年近くそのまま残されていた。その霊廟跡、プリンスホテルをなぞるように下るのが銀杏坂である。

Dscn1959
銀杏並木は少なくなったが、それでも残った銀杏の樹は秋になると黄色の葉をここぞとばかりに輝かせる。 御成門に向かってカーブしながら下っていく。

Dscn1961
江戸時代はここまでが増上寺の境内で、その境内の北のエリアが徳川家御霊屋(おたまや)と切絵図には書かれている。御成門は外濠の一番海側の門で、海側から数えて御成門、虎ノ門、溜池、赤坂門(赤坂見附)があった。

Dscn1964
坂下の公園は海軍省だったところ。 公園の対角線に樹木が並んでいるが、振り返るとそのまっすぐ向こうに東京タワーがそびえるという心憎い造作。 ゆっくりと散策するのには適したエリアである。

| | コメント (0)

2017年6月 1日 (木)

切通坂 (芝)

東京タワーに向かって上る永井坂は江戸時代は坂上で北に折れて芝御成門方面へと繋がっていた。 その辺りは今、東京プリンスホテルや慈恵医大などが立ち並ぶエリアだが、御成門駅や愛宕警察署辺りから古川(現首都高下)まではほぼ増上寺のエリアだった。当時坂上からは、いくつも並ぶ大きな寺院の屋根が見えただろう。

Dscn1930
増上寺近辺の寺の中でも最も大きい部類に入る青松寺あたりが本来の坂下だったが、そこには今愛宕グリーンヒルズMORIタワー(42階建)が立っている。上部が緩やかに細くなっていてサーフボードを4面に張り付けたような形のビルである。 切通坂周辺は江戸時代はほぼ完全な寺町で、右も左も後ろも前も寺という場所だった。 今は正則高校の校舎の前をクランク風に上っていく。

Dscn1936
正則高校の先で変形の丁字路。 その先に小さな公園がある。 「手まり坂緑地」という公園である。 切通坂の別名は手まり坂という。 その公園の隣がオランダ大使館で、上の写真で樹木に覆われた庭の奥に大使館がある。 江戸時代末期にここに引っ越してきたのが沼津藩主水野出羽守。水野家は本来尾張の出、その後江戸時代には徳川に仕えてきた家系。 ここから切通坂はまたクランクして上っていき、永井坂に出合う。

Dscn1939
切通坂の坂上には芝給水所公園がある。 公園の脇にはたくさんの水道遺構がある。歴史についてのレリーフがあり次のように彫られている。「芝給水所は芝増上寺北西部の高台に位置し、信濃小諸藩主牧野遠江守の屋敷跡地に芝給水工場として明治29年(1896)に竣工、明治31年に淀橋浄水場から浄水を受け給水を開始した。(後略)」 関東大震災にも耐え、東京の街に水道を供給してきた煉瓦造りの遺構は区によって保存されている。

| | コメント (0)

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »