« 切通坂 (芝) | トップページ | 日向坂(三田) »

2017年6月 2日 (金)

銀杏坂(芝)

東京タワーを東に向かうと急な下りだが、この坂に名前はない。 永井坂上からのこの道は明治の後半に開かれた。 すぐ先にある東京プリンスホテルの敷地は1964年にホテルができるまでは徳川家霊廟だった。霊廟は空襲で焼失したが、その後20年近くそのまま残されていた。その霊廟跡、プリンスホテルをなぞるように下るのが銀杏坂である。

Dscn1959
銀杏並木は少なくなったが、それでも残った銀杏の樹は秋になると黄色の葉をここぞとばかりに輝かせる。 御成門に向かってカーブしながら下っていく。

Dscn1961
江戸時代はここまでが増上寺の境内で、その境内の北のエリアが徳川家御霊屋(おたまや)と切絵図には書かれている。御成門は外濠の一番海側の門で、海側から数えて御成門、虎ノ門、溜池、赤坂門(赤坂見附)があった。

Dscn1964
坂下の公園は海軍省だったところ。 公園の対角線に樹木が並んでいるが、振り返るとそのまっすぐ向こうに東京タワーがそびえるという心憎い造作。 ゆっくりと散策するのには適したエリアである。

|

« 切通坂 (芝) | トップページ | 日向坂(三田) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 切通坂 (芝) | トップページ | 日向坂(三田) »