« 綱坂(三田) | トップページ | 新助坂(信濃町) »

2017年6月 8日 (木)

千日坂(信濃町)

信濃町駅を出て左側、外苑方向に進むと外苑エリアへ渡る歩道橋がある。 そこを上らず、斜め左に下る坂を降りていく。 ここが千日坂。 首都高の外苑ランプが頭上を通る。 一行院千日谷会堂の塔が坂脇にそびえている。この坂上辺りで『南総里見八犬伝』を書いた滝沢馬琴が世を去った。坂の別名を久能坂(久野坂)という。坂下辺りに紀州藩久野丹波守の屋敷があったことに由来している。

Dscn2771
坂はくねりながら下っていく。 坂下の標柱には、「この坂道の下の低地は、一行院千日寺があるため千日谷と呼ばれた(『紫の一本』)。坂名も千日寺にちなんで名づけられたと考えられる。なお、かつての千日坂は消滅し、現在の千日坂はそれと前後して作られたいわば新千日坂である。」と記されている。新宿区は随分ときちんと書いていると感心する。

Dscn2778

江戸期の切絵図を見ると千日坂は写真の高速道路下あたりで左に折れて急坂を上っている。上半分は完全に新しい道筋だ。 信濃町の由来は、坂上の慶応病院辺り一帯が奈良県の大和櫛羅藩主の永井信濃守の屋敷だったことから来ている。 坂下の千日谷には公明党本部がある。 党本部の建物からは意外と若い人たちが出入りしている。

|

« 綱坂(三田) | トップページ | 新助坂(信濃町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 綱坂(三田) | トップページ | 新助坂(信濃町) »