« 神明坂(三田) | トップページ | 姥坂(三田) »

2017年6月 5日 (月)

綱が(の)手引坂 (三田)

日向坂を上り、オーストラリア大使館、三井倶楽部を右に見て進むと、三井倶楽部の角の大銀杏から下りになる。この坂が綱が手引坂である。この辺りで「綱」とつくと渡辺綱のこと。 渡辺綱(わたなべのつな)というのは、平安時代中期の武将で源氏系。 京都の一条大橋の上で鬼の腕を切り落とした逸話で有名。また光源氏の子孫でそうとうなイケメンだったとも伝えられる。

Dscn1863
標柱の説明は、「平安時代の勇士源頼光の四天王の一人、渡辺綱にまつわる名称である。姥坂とも呼んだが、馬場坂の説もある。」と書かれている。言い伝えでは渡辺綱が幼少のころ、姥に手を引かれてこの坂を歩いたことが由来とされている。それで姥坂だったりするわけだが、周辺の渡辺綱の逸話はかなり盛られたり作られたりしたものがありそうだ。

Dscn1872
大正期まではこの辺りの赤羽町は有馬ヶ原とよばれた空き地で、池があったりして、近所の子供たちの恰好の遊び場だったという。その後済生会病院ができ、戦後には三田高校もできて今のような都会の景色になったようだ。

|

« 神明坂(三田) | トップページ | 姥坂(三田) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神明坂(三田) | トップページ | 姥坂(三田) »