« 観音坂(四谷) | トップページ | 高力坂(市ヶ谷) »

2017年6月18日 (日)

鮫河橋坂(四谷)

南元町公園から四谷見附公園までの広い通りが鮫河橋坂である。東には迎賓館、西には学習院初等科、その間を優美に上っていく。南元町公園は都心の割には広い児童公園。 公園の辺りは江戸時代は町屋だったが、その南側を川が流れていた。 川の名前は桜川(別名を鮫川、あるいは赤坂川)という川で、そのまま赤坂御所の中の池を貫いて溜池に流下していた。

Dscn2872
赤坂御所は江戸時代は和歌山県の紀伊国の屋敷だった。 いまの迎賓館と赤坂御所を足した敷地で、御三家というものが如何にすごいかがわかる。 その南側が今の赤坂御所で、北側が迎賓館。 迎賓館は明治には宮内庁近衛局、その後赤坂離宮の一部となり、戦後は国会図書館になったのちに今の迎賓館になった。

Dscn2874
一方でこの鮫河橋坂の西側の低地は江戸時代から戦前にかけては貧民街で、江戸期は夜鷹が立ち、明治以降戦前まで底辺層の娼婦が多い地区だったという。皇族の住む御所から道を隔ててそういう街があったという事が、私には不思議である。谷に住む人種と、台地に住む人種の格差はそれほどまでに大きかったという事だろうか。

|

« 観音坂(四谷) | トップページ | 高力坂(市ヶ谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 観音坂(四谷) | トップページ | 高力坂(市ヶ谷) »