« 児玉坂(牛込) | トップページ | 銀杏坂(市谷薬王寺) »

2017年7月12日 (水)

薬王寺坂(牛込)

児玉坂のひとつ北の路地が薬王寺坂である。 坂の標柱はシンプルで、「江戸時代、現在の外苑東通り沿いに薬王寺という寺院があった。」とだけ書いてある。 江戸時代はこの薬王寺坂を挟んで6軒の寺があった。現存するのは、北側の長昌寺、南側の浄榮寺、長厳寺の3寺で半分しかないというか、5割残っているというか、後者だろうな。

P1020011
外苑東通りからの道は写真のように高低差を回避するようにつけられ、まっすぐに繋がる階段も新調されてブルーシートがかぶせてある状態。以前外苑東通りが2車線路だった時にはまっすぐに接道していたが、4車線に拡幅したことで坂上の高い地面が詰まってしまって苦肉の策だったのだろう。

P1020019
坂は少し上ると平坦になる。 江戸時代は坂上の先は月桂寺の境内だった。今は東京女子医大の敷地に突き当たる。この辺りのマンション名には薬王寺という名前がついたものがいくつもあると感心したら、実はここの住所が市谷薬王寺町だった。坂の南側の浄榮寺の山門は江戸時代後期の薬医門で、なかなか重厚な作りをしている。都内で江戸期の建築物が残されているケースは少ないので貴重である。立札には「常栄寺の山門 甘露門」と書かれていた。

|

« 児玉坂(牛込) | トップページ | 銀杏坂(市谷薬王寺) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 児玉坂(牛込) | トップページ | 銀杏坂(市谷薬王寺) »