« 芥坂(市ヶ谷) | トップページ | 浄瑠璃坂(市ヶ谷) »

2017年7月20日 (木)

長延寺坂(市ヶ谷)

「昔、この坂に長延寺という寺があった。そこに参詣する人々がこの坂を通ったことから、自然にそう呼ばれるようになったという。」と坂の途中の標柱には書かれている。江戸時代の切絵図を見るとこの辺り一面が境内だったようだ。

Dscn3082
谷底の道沿いは大昔の沢筋で「長延寺谷」とよばれ、この道筋は長延寺谷町と呼ばれた。一方長延寺の境内の上は左内坂町である。この坂の入口より外濠側は定火消(江戸時代の消防署)屋敷だった。

Dscn3084
坂上は袋小路になっていて車は進入できない。 ただいくつも抜け道の細路地があるので、別の機会に探索をしたいと思っている。 ここの町名が現在でも市谷長延寺町、市谷左内町となっているのが嬉しい。 この市谷長延寺町は袋小路だらけで本当に面白い街である。

|

« 芥坂(市ヶ谷) | トップページ | 浄瑠璃坂(市ヶ谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 芥坂(市ヶ谷) | トップページ | 浄瑠璃坂(市ヶ谷) »