« 横町坂(小日向) | トップページ | 胸突坂(目白台) »

2017年11月 1日 (水)

薬罐坂(小日向)

横町坂の東突き当りを北に曲がると袋小路だが、一本だけ抜けられる。途中右に入る路地がある。 すぐに突き当りに見えるが、その突き当りは崖になっていて、崖の上は墓地である。巻石通り沿いに4軒並ぶ寺院の裏手が広い墓地になっており、その西端の崖下を通るのが薬罐坂である。

Dscn2285
高度成長期以前はこの辺りには家はなく、袋小路もなかった。 ただ、横町坂から素直に薬罐坂に道が続いていた。 薬罐というのは、元は野狐のことを野犴(やかん)と呼んでいて、それが薬缶(薬罐)に転化したものらしい。また江戸時代の俗語で、夜鷹のことを「ヤカン」と呼んでいたので、その説もある。 寂しい墓場の裏通りに私娼が立っている、そういう場所だったのだろう。

Dscn2286
戦後になり、この坂の周辺は住宅建築が進み、昔の雰囲気は薄れていった。 この辺りの昔の地図を見ていて、薬罐坂の場所は江戸時代から変わったのではないかという推察を私は持った。江戸時代の尾張屋清七版を見ると、小日向台町からくる道がこの薬罐坂上と出合った辻あたりの東西の道に「ヤカンサカ」と書かれている。 しかし、地形図を見ると薬罐坂の方が傾斜道で、東西の道の高低差は僅かしかない。

かつて江戸の坂を研究した先達達は誰もここに着目していない。本当はどっちの道が薬罐坂だったのか、今もなお私の中では未消化状態である。

|

« 横町坂(小日向) | トップページ | 胸突坂(目白台) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 横町坂(小日向) | トップページ | 胸突坂(目白台) »