« 蛍坂(谷中) | トップページ | 夕やけだんだん(谷中) »

2017年12月28日 (木)

七面坂(谷中)

谷中銀座は都内の商店街のの中でも随一の人気を誇っている。 平日でも観光客で混み合うが、江戸時代は寺町の端っこで、商店街辺りは田畑だった。明治になっても谷中銀座の道筋は存在していない。商店街筋に道が通ったのは戦後高度成長期である。 道の歴史から言うと明治時代からある原宿竹下通りの方が遥かに古いのだ。

そんな夕やけだんだんから谷中銀座への道の南にある七面坂、今でも台東区と荒川区の区境の道路になっている。通りの南には長命寺の墓地がある。 逆くの字に曲がっている坂道である。

Dscn7924
七面坂は区境の道路だけに、坂の説明板も荒川区のものと台東区のものが対面して立っている。 荒川区の方はあっさりした説明で、「御殿坂上から台東区長命寺の墓地裏を経て、宗林寺(通称萩寺)の前へ下る坂道をいう。坂名の由来は、坂上北側の宝珠山延命院の七面堂にちなむ。」と書かれている。

P1000339
一方、台東区のものは細かく英語でも書かれている。

「宝暦年間の『再校江戸砂子』に「宗林寺前より七面へゆく坂」とある。宗林寺(台東区谷中3-10)は坂下にあるもと日蓮宗の寺、七面は坂上の北側にある日蓮宗延命院(荒川区西日暮里3-10)の七面塔を指す。七面塔は甲斐国(山梨県)身延山久遠寺の西方、七面山から勧請した日蓮宗の守護神七面天女を祀る堂である。
 坂は『御府内備考』の文政9年(1826)の書上によれば、幅2間(約3.6メートル)ほど、長さ50間(約90メートル) 高さ2丈(約6メートル)ほどあった。なお宗林寺は『再校江戸砂子』に、蛍の所在地とし、そのホタルは他より大きく光もよいと記され、のちには境内にハギが多かったので萩寺と呼ばれた。」

|

« 蛍坂(谷中) | トップページ | 夕やけだんだん(谷中) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 蛍坂(谷中) | トップページ | 夕やけだんだん(谷中) »