« きつね坂(千駄木) | トップページ | 動坂(本駒込) »

2017年12月20日 (水)

むじな坂(千駄木)

大給坂と動坂の間にある三つの動物坂、三番目はむじな坂だ。 不忍通りと薮下通りの間を結ぶ比較的道路幅の広い坂道。 この辺りの藍染川の河岸段丘はかなり低くなっていて、坂上と坂下の高低差は10m程度しかない。 それでも不忍通りからむじな坂に入ってすぐは少し傾斜がある。

Dscn5790_2
むじな坂も坂名の由来などの史料が殆どない。 きつね坂とむじな坂の間が酒井安芸守の下屋敷だった場所。坂下は木村杢之助屋敷と江戸切絵図にはあるが、そこから下はほぼ一面が田んぼになっている。これらの坂を下り、田園地帯を横切り上野台地に上るとそこは道灌山。道灌山は江戸以前にこの地を治めていた太田道灌の出城があった場所。 古くは縄文時代から人間の営みがあり遺跡も多い。

Dscn5793
不忍通りには巨大なマンションが立ち並ぶが、その一角、サンライズブールバードの横に「下徳」という2階建ての和家具店がある。 指物師と言われる木工芸品の精密な細工を行う職人の店。釘をほとんど使わない江戸指物は武家や歌舞伎役者に好まれ伝えられてきた。 港区三田にある下徳の暖簾を引き継いでこの地で営業している。 桐ダンスは1棹百万を超える。

|

« きつね坂(千駄木) | トップページ | 動坂(本駒込) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きつね坂(千駄木) | トップページ | 動坂(本駒込) »