« 暗闇坂(本郷) | トップページ | 榎坂(東大構内) »

2017年12月13日 (水)

弥生坂(根津)

日本の古代史は縄文時代、弥生時代に始まる。 縄文時代は土器の紋様が縄目だったことでわかるのだが、弥生時代というのはいったいどういう意味なのだろうと、これまで思ったことはなかった。 東大の間を根津に向かって下ると、右手に弥生式土器発掘ゆかりの記念碑が立っている。

Dscn2697_2
東京大学工学部は根津駅近くの本郷台地の縁にある。 工学部の敷地はかつて浅野家の邸宅だったが、明治20年(1887)に東京大学の敷地となった。 その少し前明治17年(1884)、東大の研究者たちは根津の谷に面した貝塚から赤焼の壺を発見し、縄文式土器とは明らかに異なることから、ここの地名を冠して「弥生式土器」と名付けた。 その土器が発掘される時代をそれ以降弥生時代と呼んだ。

Dscn2700
この通りは言問通りという都道である。 台地の縁なので、最後にぐっと高低差を示す。 この坂が弥生坂である。 坂上に説明板がある。

「弥生坂(鉄砲坂): かつてこの辺り一帯は「向ヶ岡弥生町」といわれていた。 元和年間(1615~1624)の頃から、御三家水戸藩の屋敷(現東大農学部、地震研究所)であった。 隣接して、小笠原信濃守の屋敷があり、南隣は加賀藩前田家の屋敷(現東大)であった。

明治2年(1869)これらの地は明治政府に収公されて大学用地となった。明治5年(1872)には、この周辺に町屋が開かれ、向ヶ岡弥生町と名付けられた。その頃、新しい坂道がつけられ、町の名をとって弥生坂と呼ばれた。明治の新坂で、また坂下に幕府鉄砲組の射撃場があったので、鉄砲坂とも言われた。

弥生とは、水戸徳川斉昭候が、文政11年(1828)3月に、この辺りの景色を読んだ歌碑を、屋敷内に立てたからという。」

Dscn2702
弥生坂の坂下の谷を形成したのは藍染川という小さな川である。 この川が本郷台地と上野台地の間の広い谷を作った。 この坂下をそのまままっすぐに進むと善光寺坂を上って上野寛永寺になる。 藍染川は流下して不忍池に注いでいた。

|

« 暗闇坂(本郷) | トップページ | 榎坂(東大構内) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 暗闇坂(本郷) | トップページ | 榎坂(東大構内) »