« 小川坂(中目黒) | トップページ | 稲荷坂(中目黒) »

2018年1月22日 (月)

半兵衛坂(中目黒)

目黒川の支流蛇崩川が下馬方面から流下して、最も台地を削った部分が蛇崩から中目黒駅付近までである。 地形的には目黒川と蛇崩川に挟まれた岬のような台地になっている。 突端は諏訪山と呼ばれた岬の山で、現在でもこの一角のマンション名などにほぼ半分程度は諏訪山と付いている。

岬から少し台地に入ったところが烏森という場所。 烏森神社に由来した烏森という地名は明治になってからのもので、江戸時代は宿山と呼んだ。 山手通りから蛇崩への道の途中にある交番は宿山交番という名である。 この道よりも西は東山という住所になる。 目黒区の資料では宿山の東側にあるから東山と呼ばれたとあるが、実際には東ではなく北側にある。 しかし駒沢練兵場があったため、小川坂でいったん東に向かった後、目黒川沿いに西に向かい東山に着くという道筋だったのでそうなったのかもしれない。

Dscn3502
蛇崩川は現在暗渠の緑道になっている。 名前から想像できるように、毎度氾濫を起こしてきた河川であった。 しかし昔は氾濫を起こす河川はその分肥沃な土地になるので、小川では豊かな小川田んぼが広がったのである。 その蛇崩川の西側に小川坂に繋がる街道がある。蛇崩の交差点から青葉台に向けて緩やかな上りになっているのが半兵衛坂。

Dscn3504
坂の途中にある目黒区の標柱には次のように書かれていた。

「江戸時代、この辺りに清水半兵衛を名乗る旧家があったため、半兵衛坂と呼ぶようになった。尚、この道路は昭和15年の幻の東京オリンピックの際に整備されたので、通称『オリンピック道路』とも呼ばれる。」

坂道の西側は東山。 明治から戦前まで三軒茶屋・玉川通り・目黒川・小川坂から下馬経由で三軒茶屋へ向かう街道に囲まれたとてつもなく広いエリアはすべて駒沢練兵場という軍施設だった。 昭和女子大や世田谷公園、その他多くの団地がこのエリアに多いのはその跡地を利用したからである。

半兵衛坂の坂上に寿福寺という天台宗の寺院がある。ここには清水半兵衛の清水家の墓もあるが、「権兵衛が種まきゃ、カラスが…」のフレーズで有名な権兵衛さんの墓がある。権兵衛さんというのは将軍の鷹狩りの役職、綱差権兵衛さん。 第1期ブラタモリの『鷹狩り』で出てきた川井家のご先祖の権兵衛さんの墓である。

|

« 小川坂(中目黒) | トップページ | 稲荷坂(中目黒) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小川坂(中目黒) | トップページ | 稲荷坂(中目黒) »