« けこぼ坂(けころ坂) | トップページ | 馬喰坂(目黒) »

2018年1月22日 (月)

なべころ坂(中目黒)

面白い坂名である。 目黒川右岸の中ではこの辺りが最も崖線の傾斜が急である。祐天寺の北側から続く狭い道があるが、これは庚申道といって古くからある尾根筋の道。 この尾根を作ったのは、目黒川とその支流で、祐天寺の裏から流れていた谷戸前川。 田道の南に尾根筋を巻くように現在も谷戸前川緑道が暗渠で通っている。この尾根筋から下るのが、この周辺の坂道である。

Dscn3519
なべころ坂は以前に東京ガスの大きなタンクがあった場所にできたマンション群の脇を下る。 最近の坂のようだが、ここには江戸時代からある坂道。 坂の途中に説明板がある。

「昔は鍋がころがるほどの急坂であったので、なべころ坂とよぶようになったといわれる。また、道に粘土が露出した状態を、方言で「なべころ」といったことから、坂名になったともいわれる。」

Dscn3522
確かにかなりの急坂である。 高低差は18mほどある。 私は渓流釣りをするのだが、山岳渓流の下り杣道で赤土がむき出しになっていると簡単に転んでしまう。 さぞかし難儀だったのだろう。坂の両側は昔は林で、坂下は田道耕地と言われる農地だった。

Dscn3523
坂上のなべころ坂緑地公園の一角に庚申塚がある。 この2基の庚申塔は古くから「藤の庚申」と呼ばれ、昔はここに藤の大木があった。 現在は新しい藤の木が育っていて、塚の屋根の上が藤棚になっている。 2基の庚申塔は、左が貞享元年(1684)、右が元禄元年(1688)の年号がある。

この道は目黒不動と宿山を結ぶ古い道で、あちこちに庚申塔が立っている歴史ある道なのである。

|

« けこぼ坂(けころ坂) | トップページ | 馬喰坂(目黒) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« けこぼ坂(けころ坂) | トップページ | 馬喰坂(目黒) »