« 道玄坂(渋谷) | トップページ | 南平坂(渋谷) »

2018年5月 5日 (土)

間坂(渋谷区桜丘)

こちらの間坂は「あいだざか」と読ませる。 246の渋谷駅前交差点から斜めに抜けて代官山へ行く抜け道ルートとしてドライバーの間では知る人ぞ知る道。 以前からどうしてこの道はこんなにくねっているのだろうと思っていた。 位置的にはセルリアンタワーの裏道になる。

20160604_034603000_ios
調べてみるとこの道は意外と古い道であった。と言っても関東大震災後の話である。 この道を境に、北を道玄坂まで大和田町、南を桜丘町としたので、その間の坂道ということで、間(あいだ)坂という命名らしい。 この町名になったのが昭和3年(1928)なので、その時からかもしれない。

Dscf0607

渋谷駅の南に位置する桜丘町は丘陵地形。 渋谷川の支流である鶯谷という流れが削ったもの。 目黒川と渋谷川の間には丘陵の尾根筋が走っていて、その尾根を三田用水が流れていたが、この鶯谷の源頭部分が低くなっているため、三田用水は仕方なく水道橋で谷を越えた。上の写真の旧山手通りの西郷橋である。 もとは水道橋だったきれいなアーチ橋で、昔の建築のセンスの良さに感心する。

|

« 道玄坂(渋谷) | トップページ | 南平坂(渋谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 道玄坂(渋谷) | トップページ | 南平坂(渋谷) »