« 木戸坂(豊島区駒込) | トップページ | 幽霊坂(田端) »

2018年7月13日 (金)

六石坂(北区西ヶ原)

六石坂も岩槻街道(日光御成道)の坂である。 王子飛鳥山の南東の端から下りになり、北区飛鳥山博物館辺りまでの区間を呼ぶ。 古くは鎌倉街道に始まる古道で、江戸からの一里塚が坂上にある。 国指定史跡の西ヶ原一里塚である。 日本橋から日光御成道を進んで二里目の一里塚。 徳川時代から場所はそのまま、なので道路も塚を迂回して走る。

Dscn4450
大正時代に道路改修で取り壊されそうになったが、渋沢栄一らが反対してそのまま残された。 一里塚というのは江戸の初め(1604年)に主要街道の1里毎に道の両側に塚を築き、榎を植えたもの。 街道のマイレージになるとともに、駕篭賃などの基準にもなり、休憩所にもなって、一里塚の周りには商家民家が集まるという経済的に大きな変革をもたらした。 これを意図した徳川家康はやはり大したものだと思う。

Dscn4452
大通りだけに勾配はあまり感じられないが、高低差は8mほどある。 飛鳥山側の歩道に東京都の御影石の標石があり次のように書かれている。

東京府村誌に「長さ二十四間、広さ三間、元と坂上に租六石を納る水田あり故に云ふ」とある。江戸切絵図には「六コク坂」と記されている。この道は岩槻街道(旧日光御成道)で、飛鳥山の前へと続いているため花見時などには賑わいをみせた。付近にはこの辺りに鷹狩などに来た将軍の休み場としての御立場(おたちば)もあった。

Dscn4455
現在の滝野川公園周辺は将軍の御鷹狩り場で、「御林御殿山」と呼ばれた。御用屋敷もあり、当時の鷹狩りは何千人もの家来を同伴する大がかりなものだった。 8代将軍徳川吉宗が鷹狩りの度に飛鳥山に足を延ばし、石神井川の流れを故郷の紀州の音無川に重ねた。 そして庶民の娯楽になるようにと桜を植えさせて、安寧の世ならばこそと夜桜見物まで庶民に許し今の飛鳥山の花見が始まったという、テレビの暴れん坊将軍を彷彿とさせるストーリーに繋がっている。

|

« 木戸坂(豊島区駒込) | トップページ | 幽霊坂(田端) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 木戸坂(豊島区駒込) | トップページ | 幽霊坂(田端) »