« 馬坂(北区中十条) | トップページ | 游鯉園の坂(北区十条仲原) »

2018年8月 9日 (木)

清水坂(北区中十条)

旧街道や古道の周りには小さな神社が多い。 北区王子から赤羽辺りを歩いていても、つい見落としてしまいがちな小さな神社や祠が沢山ある。 江戸時代はこの辺りも小さな集落に分かれていて、それぞれの集落の入口に厄や災いを入れない意味合いで神社を祀った。 現在各地で正月に行われるどんと焼(どんどん焼)もそこで前の年のお守りなどを焼く儀式を行った名残である。

Dscf1142
環七の交差点が馬坂の頂上、清水坂もそこから赤羽方面に下っていく。 坂道はかつての岩槻街道(日光御成道)である。 坂の途中に東京都設置の青銅の読めない説明板がある。

「十条の台地から稲付の低地に下る岩槻街道(日光御成道)の坂である。昔はけわしく長い坂道だったので十条の長坂などとも呼ばれた。切り通しの崖からはたえず清水が湧き出ていたので、清水坂の名が付けられた。現在は崖が削りとられて、その跡に児童遊園が設けられているが、そこは貝塚遺跡でもあった。」 と書かれている。

Dscf1131
清水が沢山湧出ていたので、それを利用して岩槻街道を行き交う旅人を狙いにお茶屋があったという。 ここは台地のハケになっていて、たくさんの湧水があった。 そのため江戸時代どころかずっと古い時代の貝塚などもある。 このハケの湧水を合わせた小川が、ここから王子に流下し、音無川に注いでいた。

Dscf1129
その貝塚(清水坂貝塚)があった場所は小高い丘になっていて、若宮八幡神社が鎮座している。 地元ではここを八幡山と呼ぶ。 享保年間(1716~1736)に鎌倉の鶴岡八幡宮から分祀したという。 そのために「若宮」と付いているようだ。

貝塚があったというのも、この場所は古代は波打ち際の海岸線だったためで、このエリアは「清水坂遺跡」といい、縄文時代から弥生時代にかけての遺構や出土品が多い。 この上野台地の崖線沿いは上野駅周辺まで途切れなく遺跡が出てくる場所で、古代から人々の営みが綿々と続いてきたエリアである。

|

« 馬坂(北区中十条) | トップページ | 游鯉園の坂(北区十条仲原) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 馬坂(北区中十条) | トップページ | 游鯉園の坂(北区十条仲原) »