« 王子稲荷坂(北区岸町) | トップページ | 谷津観音の坂(北区滝野川) »

2018年8月 3日 (金)

三平坂(北区岸町)

江戸時代に王子村の名主畑野孫八が邸内に築いたのが始まりで、名主の滝の呼び名もそこが起源である。1850年頃には安藤広重に描かれているので、江戸の末期だろう。明治になって畑野家から垣内氏に所有が変わり、庭園として整備された。 昭和13年に精養軒が買取りレジャー施設にしたが空襲で焼失、現在の姿は1960年に東京都が公開した状態である。

Dscn4539
現在は水が湧いているわけではなく、地下水を汲み上げた水を落としている。 園内には4つの滝があるが、稼働しているのは男滝だけ。 他の3つの滝は水がないが、安藤広重の絵には男滝と女滝が見事な滝として描かれている。

Dscn4542
この名主の滝公園の北側を上るのが三平坂。 稲荷坂と同じくらいの傾斜の名坂である。 この道も江戸時代からある道で、江戸時代はこの辺りを「岸」と呼び、坂上を「岸ノ上」と呼んでいた。 またこの坂は江戸時代の王子村と十条村の村境でもあった。

Dscn4545
北区の情報では、「名主の滝公園の北端に沿って台地へ登る曲がりくねった坂道である。坂名の由来は、江戸時代の絵図にある三平村の名からとも、室町時代の古文書にある十条郷作人三平の名からともいわれている。農家の人が水田へ下る通路であったが、名主の滝への道としても利用されたようである。」とある。

Dscn4550
三平坂の坂下標高は6m、坂上は23mあるので、実際に歩くと長い坂だと感じる。 王子稲荷坂とほぼ同じくらいの傾斜だと感じた。 坂上まで名主の滝公園の盛土の擁壁と鉄格子が続いている。 この鉄格子が木製だったらもっと雰囲気が良いのにと思ったのだが。

|

« 王子稲荷坂(北区岸町) | トップページ | 谷津観音の坂(北区滝野川) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 王子稲荷坂(北区岸町) | トップページ | 谷津観音の坂(北区滝野川) »