« さいとう坂(豊島区南大塚) | トップページ | 稲荷坂(杉並区下井草) »

2018年11月30日 (金)

祥雲寺坂(豊島区池袋)

祥雲寺坂は豊島区池袋3丁目と西池袋5丁目の間を走る要町通りの坂。 池袋駅西口から西へ進むと、谷端川の暗渠を越えて要町に行きつきます。 この通りの谷端川暗渠までの下り坂が祥雲寺坂です。何しろ通りが広いので、殆どさかを感じられませんが、信号機の地名表示に「祥雲寺坂」とあります。

P1060022
谷端川は千川から椎名町へ南下し、そこで方向を今度は北に変えこの祥雲寺坂下を横切って、下板橋まで北上しています。 ずっと暗渠道があって歩いてもなかなか楽しい道です。坂下の交差点は要町一丁目交差点。交差するのは山手通り。 地下には首都高中央環状線が走っています。

P1060025
坂の名の由来となった祥雲寺は明治39年に移転してきた寺です。最初は江戸城の和田倉門内に駒込吉祥寺の末寺として永禄7年(1564)に創建。江戸時代には駿河台、文京区小日向、小石川と何度も移転を強いられ、明治末期にここにたどり着きました。 本尊は薬師如来。

photo : 2018/9/23

|

« さいとう坂(豊島区南大塚) | トップページ | 稲荷坂(杉並区下井草) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さいとう坂(豊島区南大塚) | トップページ | 稲荷坂(杉並区下井草) »