« 淡島の厄除地蔵(世田谷区三宿) | トップページ | 駒場地蔵尊(目黒区駒場) »

2019年1月28日 (月)

松見坂地蔵尊(目黒区大橋)

松見坂地蔵尊。山手通りと淡島通りの交差点脇にある地蔵堂に2体の石地蔵と三猿の庚申塔がある。堂宇の脇には明治32年の「とほとうみはし(遠江橋)」の親柱が残る。 もとはこの下った脇の小径が滝坂道で、地蔵から下ったところに遠江橋があった。 大正期になってから車道としてその上に直線的な新遠江橋が架かったようだ。

P1060326

地蔵は新しいもので、元の地蔵は戦災で破壊された。地蔵堂の西側は谷地形になっているが、ここには空川という川が流れていた。水源は東京大学駒場キャンパスの一二郎池と駒場野公園。 やや下流で目黒川に合流したが、昔の目黒川は今とは違いうねった流程だったので、合流地点は時代によって違っていた。

その場所はおおよそ山手通りの目黒橋辺りから、大橋ジャンクションのオーバル建築物脇の氷川橋あたりで変化した。 明治時代末期に川筋を固定して以降、このジャンクションの場所は昭和の中期までは玉電の大橋車庫だった。 また玉電廃止後は東急バスの営業所として使われていた。

P1060318

この辺りは明治中期以前は何にもない土地だった。江戸時代には遠くまで見渡せる野原だった。将軍がこの辺りに鷹狩りに来るので、鷹狩りの関係者が住んでいた。右側の2基の地蔵尊は1945年に戦災で破壊されたが、古い地蔵を下に埋めて、その上に現在の地蔵が置かれた。左側の三猿の庚申塔の下部については分からない。

P1060323

それよりも昔、地蔵堂の渋谷寄りには大きな松があり、山賊がその上から滝坂道を往来する旅人を狙っていた。約450年前その山賊の頭の名が道玄だった。それが道玄坂の名前の由来。大小さまざまな地蔵はその時代のいろいろな出来事や苦労を表しているのかもしれない。

P1060324

滝坂道は今の道玄坂上から神泉付近を通ってここで川を渡るために大きく迂回する。ここで何人の旅人が襲われ命を落としたか分からない。 古い地蔵と石を見ているとそんな情景が脳裏に浮かんでくる。

地蔵堂の前に置かれているとおとうみはし(遠江橋)の親柱は近隣村民が協力して文化9年(1812)に架けられた橋のものなのか、その後明治21年に駒場にあった陸軍施設に明治天皇が来るというので架け替えた石橋のものなのかはわからないが、1800年代のものであるのは間違いなさそうである。

|

« 淡島の厄除地蔵(世田谷区三宿) | トップページ | 駒場地蔵尊(目黒区駒場) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 淡島の厄除地蔵(世田谷区三宿) | トップページ | 駒場地蔵尊(目黒区駒場) »