« 若林天満宮と若林稲荷神社(世田谷区若林) | トップページ | 森厳寺(世田谷区代沢) »

2019年3月31日 (日)

代沢の女中念仏講(世田谷区代沢)

下北沢の南のエリアが代沢である。 環七の都心側、東西に淡島通りと梅丘通り、南北に茶沢通りが走る。淡島通りと梅丘通りの間の茶沢通りに面して一体の地蔵立像の入った堂宇がある。狭い歩道にありつい見逃してしまいそうなロケーションのため、「倉田プロモーション」の看板を目安にするとわかりやすい。

茶沢通り筋は江戸時代から北沢川と烏山川を渡る南北の道だった。勿論今のようなまっすぐな道ではない。淡島通り(滝坂道)と下北沢の森厳寺を結ぶ道の途中で、北沢川の右岸に広がる水田を越え尾根に登る途中の畑の道に女中講地蔵が建てられた。Cimg2095 地蔵の造立年は天明元年(1781)で、女中念仏講の地蔵ということになっている。願主も治左衛門の母とある。なかなか出合うことのない女中講の地蔵尊なので女中講とはなんぞやと考えてしまった。調べてみると、江戸時代の地蔵信仰は小さな村単位で講を作り、そのグループで寄り合って結成した信仰集団であった。大々的なものは伊勢講、富士講、大山講、御嶽講、榛名講などで、それらは御師というプロモーターが寺社の檀徒信者を勧誘して広がっていったもの。 Cimg2090 それに対して地域性の強いのが庚申講、月待講、念仏講などである。江戸時代の庶民の生活は精神的には豊かだったようで、男社会と思いきや、女房衆で講を形成したりして子育地蔵などを祀り(子安講)、今でいうママ友集団のようなものもあったようだ。 その集団によって造立された地蔵が現在まで残っていることはもっとクローズアップされていいように思う。

|

« 若林天満宮と若林稲荷神社(世田谷区若林) | トップページ | 森厳寺(世田谷区代沢) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 若林天満宮と若林稲荷神社(世田谷区若林) | トップページ | 森厳寺(世田谷区代沢) »