« 三本杉の地蔵様(世田谷区砧) | トップページ | 成城1丁目の庚申堂(世田谷区成城) »

2019年4月21日 (日)

大蔵庚申神社(世田谷区大蔵)

環八から世田谷通りの旧道に入る。サミット裏口の地蔵様からゆっくりとくねりながら下る旧道を進むと、急なカーブが現れる。左の分岐に入ると横根稲荷神社。その路地の角にある民家の一角にあるのが大蔵庚申神社である。この旧道を挟んで北側が砧、南側が大蔵になる。

Sanbonsugi

昔の道路は川を渡るときには直角に橋を架ける。この旧道もまた然り、谷戸川を越える橋を直角にするためにこういう道筋になっていると考えるのが自然である。そして橋の東側の民家の敷地に大蔵庚申神社がある。神社というよりも庚申堂が3棟、そのうち庚申塔が入っているのは1棟だけである。

P1000353

庚申塔があるのは真ん中(上の写真の右側)の堂宇である。 造立年などは分からない。青面金剛+三猿の板状駒型の庚申塔である。見た感じはそれほど時代を遡る石肌ではない。

P1000351

ただしこの大蔵庚申神社から横根稲荷神社を経て南への道も古道で、古い鎌倉街道のひとつだったと言われる。現在では砧公園になってしまったが、谷戸川沿いに下っていった街道だったのだろう。前述の横根村は明治8年に大蔵村に編入されて、稲荷神社は大蔵氷川神社に合祀された。ところがそれ以降この地で天災や疫病が続いたので、人々はお稲荷さんの祟りだと恐れ、現在の場所に稲荷神社を戻したといういきさつがある。

場所   東京都世田谷区大蔵1丁目6

|

« 三本杉の地蔵様(世田谷区砧) | トップページ | 成城1丁目の庚申堂(世田谷区成城) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 三本杉の地蔵様(世田谷区砧) | トップページ | 成城1丁目の庚申堂(世田谷区成城) »