« 宇山路傍の庚申塔(世田谷区桜丘) | トップページ | 大蔵庚申神社(世田谷区大蔵) »

2019年4月21日 (日)

三本杉の地蔵様(世田谷区砧)

環八通りと世田谷通りの立体交差点を三本杉陸橋と呼ぶ。かつての登戸道(世田谷通り)はサミットの南側を通り、NHK放送技術研究所前で現在の世田谷通りの筋に戻っていた。三本杉の地名はこの旧道から南に行った横根稲荷神社に由来するらしい。

P1000348

小さな神社だが以前から旧小字横根の鎮守として稲荷講の信仰を集めていた。 この神社に昔あった杉の木は、根元部分に大きな空洞があり、上部は三又に分かれていたので、三本杉のお稲荷様と呼ばれていたという。 他にも三本杉に関しては説があって特定できないが、古い街道筋だけに杉の大木の三本位はあったのかもしれない。

P1000341

この辺りの世田谷通り旧道は写真のようにくねっていていかにも旧道らしい。緩やかな坂を下ると谷戸川という小河川を渡る。谷戸川は祖師ヶ谷大蔵東側から流れ、砧公園を縦断して、岡本静嘉堂文庫下で丸子川に注ぐ。丸子川というのはいわゆる次太夫堀で、江戸時代初期に掘られた用水である。

P1000338

世田谷通り旧道が環八に出る手前にサミット砧店の駐車場の裏入口があるのだが、そこに地蔵堂が立っている。説明板も何もない上に、区の資料にも載っていない。 造立年も、もしかしたら裏側に掘られているのかもしれないが、全く分からない。

P1000337

しかし『ふるさと世田谷を語る』の砧のところに、古老への聞き取り内容が資料として残されていた。 まさにこのブロックにお住いのY氏でおそらく大正末年生まれくらいの古老の話と手書きの地図を見ると、この場所に「お地蔵様」と書かれている。 昭和9年頃と地図には書かれているので、この地蔵は当時から間違いなくここに鎮座していたもの。

古老の語りでは、三本杉は200mくらいの間に、団子屋、めし屋、花屋、篭屋、床屋、駄菓子屋、八百屋、製粉工場などが立ち並び、三本杉というバス停もあって渋谷と国領を結んでいたという。道路北側には欅の大木の並木があり、根が張っていて、人々はそれに腰を下ろして休憩していたらしい。残念ながら現在はケヤキは1本も残っていない。

場所  東京都世田谷区砧1-1

|

« 宇山路傍の庚申塔(世田谷区桜丘) | トップページ | 大蔵庚申神社(世田谷区大蔵) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宇山路傍の庚申塔(世田谷区桜丘) | トップページ | 大蔵庚申神社(世田谷区大蔵) »