« 青木昆陽の墓所(目黒区下目黒) | トップページ | 蛸薬師成就院のお静地蔵(目黒区下目黒) »

2019年4月15日 (月)

比翼塚(目黒区下目黒)

小泉・ブッシュの居酒屋会談や、映画『Kill Bill』で一躍有名になった西麻布の権八。 店名の由来は江戸時代の人物として歌舞伎に登場する白井権八だそうだが、実はこの白井権八はとんでもなく悪いやつであった。ところがこの権八の話はいろいろと広がっていく。歌舞伎のための創作なのか、どこまでが史実なのかはわからない。わからないが面白い。

Dscn0090

目黒不動尊の立派な山門(仁王門)前に小さな比翼塚がある。比翼塚というのは、愛し合って死んだ男女、心中した男女、あるいは仲睦まじかった夫婦を一緒に葬った塚のことである。この比翼塚は、「権八・小紫の悲話伝える比翼塚」という説明板が立っている。彼らはここには眠っておらず、後に歌舞伎の演目で有名になり、行楽地の目黒不動の門前に築いたものである。

その話は、目黒不動から少し東にある禿坂(かむろざか)の小さな遊園地にも書かれていた。

_1010914

今から300年ほど前の話、数々の悪事を重ねた鳥取藩の武士、平井権八郎直定(歌舞伎では白井権八)が鈴ヶ森で処刑され、目黒の冷心寺の僧に引き取られ葬られた。かねてから権八と相愛であった吉原三浦屋の花魁の小紫は目黒へ急ぎ向かい、権八の墓前で自害してしまった。三浦屋の主人は小紫を心配して、小紫のかわいがっていた娘を迎えに行かせた。(花魁の付き人である少女はおかっぱ頭にしていたので禿:かむろと一般的に呼んでいた。)

かむろが目黒に着くと、すでに小紫は息がなかった。泣きながらかむろが帰途につき、桐ケ谷近くに差し掛かった時、突然暴徒に襲われ逃げきれず、目の前にあった二ツ池に飛び込んで死んでしまった。それを見た村人はかむろを哀れに思い、丘の中腹に丁重に葬り、かむろ塚と呼んでいた。その話が現代にまで坂名として残っているのである。

個人的には、権八と小紫の悲話よりも、かむろの悲話の方がよっぽど可哀想だと思う。権八は金に困り、辻斬りをして稼いでいたお尋ね者で、現代でいうと通り魔連続殺人犯である。同情には値しない。なお、比翼塚が現在の場所になったのは最近のことで、昭和中期までは商店街の道を林試の森公園方向に50mほど西進したところにあった。また権八を引き取った寺は目黒不動の参道にあったが明治初年に廃寺となった東昌寺。現在は痕跡もない。

 

|

« 青木昆陽の墓所(目黒区下目黒) | トップページ | 蛸薬師成就院のお静地蔵(目黒区下目黒) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 青木昆陽の墓所(目黒区下目黒) | トップページ | 蛸薬師成就院のお静地蔵(目黒区下目黒) »