« 北沢庚申堂(世田谷区北沢) | トップページ | 宮坂1丁目の庚申堂(世田谷区宮坂) »

2019年4月 4日 (木)

経堂天祖神社(世田谷区経堂)

神社の系統は多様である。稲荷神社が最も多く、次に八幡神社、天神(天満宮)、神明社、諏訪神社、春日神社、八坂神社など様々だ。その中で天祖神社というのも意外に多いように思う。地域の一宮の場合を除いて、だいたい本社があり、天祖神社の場合は伊勢神宮内宮である。 同じ伊勢神社を本社とするのは神明神社で、祭神やお使いも同じなので兄弟社としていいだろう。

P1060393

自宅から二番目に近い神社がこの経堂天祖神社。 小さな神社であるが歴史は古い。 実は神社の宮司の娘さんがうちの長女の友人だったりする極めてローカルな話だ。創建は室町時代後期と伝えられる。天祖神社だが経堂在家村の村社で、稲荷神社、北野神社を合祀している。土地に伝わる話では、永正5年(1507)の創建となっていた。

P1060395

本殿もこじんまりとしている。昭和51年までは茅葺屋根の社殿があった。元の社殿は現社殿の左側にあるが、参道をまっすぐに進むと元の社殿が正面になる。以前からなぜ参道が折れ曲がっているのか不思議に思っていたが、社殿の建替えによるものだった。この経堂天祖神社、ふと気が付くと神社のホームページを持っている。なかなか出来のよいサイトで、訪問される場合は一度見てみると良い。

P1060402

経堂天祖神社で必見なのは境内左奥にひっそりと祀られている胞衣塚(えなづか)。胞衣というのは赤ん坊が産まれる時のおくるみを紙などでくるんで納めたもの。 明治時代の終わりころまで各地で普通に行われていた。さらに昔には胎盤なども納めたという。文京区の根津神社は徳川6代将軍家宣の生まれた場所に築かれた産土神で、胞衣塚がある。

|

« 北沢庚申堂(世田谷区北沢) | トップページ | 宮坂1丁目の庚申堂(世田谷区宮坂) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 北沢庚申堂(世田谷区北沢) | トップページ | 宮坂1丁目の庚申堂(世田谷区宮坂) »