« 大蔵庚申神社(世田谷区大蔵) | トップページ | 弦巻のいぼとり地蔵(世田谷区弦巻) »

2019年4月22日 (月)

成城1丁目の庚申堂(世田谷区成城)

余程気を付けて周辺を観察するか、あらかじめここに庚申堂があることを知っていなければ発見できないと思う。世田谷通りの北側の崖線の樹木に隠れているからである。階段を上ると、左側に杣道が付いていて、その先に堂宇がある。

P1000382_1

堂宇の裏手には小さな稲荷神社の祠がある。その周りは畑らしく畝がきれいに耕されている。とても東京都しかも成城という場所には思えないほど農村感のある場所。そしてここは国分寺崖線。 何千年も人々が生活をしてきた場所である。

P1000392

階段の上部で木陰から見えてくる景色が特に良い。 右側に地蔵菩薩像、左側に庚申塔が並んでいる。地蔵菩薩は享保4年(1719)の造立。野田の地蔵講中30人によるものとある。 野田というのは昔この辺りが喜多見村だった頃の字名で、現在小田急線と並んで野川を渡る道の橋名が上野田橋、世田谷通りが中野田橋(現在はなぜか略されて中ノ橋となっている)で、この辺りは野川に加えて次太夫堀が整備され民家も多かったので、この辺りの人々が地蔵講で造ったものであろう。

P1000390

左の庚申塔は享保7年(1722)の造立。青面金剛像と三猿の板状駒型庚申塔。古い喜多見村の地図ではここに富士講の塔があったと書かれているが現在はない。

この周辺は嘉留多遺跡が広がっている場所で、旧石器時代から縄文、奈良・平安まで様々な遺跡が出土している。それ以外にも古墳も多く、考古学には特別な場所らしい。そう思うと300年前というのは大したことないように思えてくるから、国分寺崖線恐るべしである。

場所  東京都世田谷区成城1-6

|

« 大蔵庚申神社(世田谷区大蔵) | トップページ | 弦巻のいぼとり地蔵(世田谷区弦巻) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大蔵庚申神社(世田谷区大蔵) | トップページ | 弦巻のいぼとり地蔵(世田谷区弦巻) »