« 経堂天祖神社(世田谷区経堂) | トップページ | 豪徳寺滝坂道の地蔵堂(世田谷区豪徳寺) »

2019年4月 5日 (金)

宮坂1丁目の庚申堂(世田谷区宮坂)

滝坂道は現在の渋谷と調布市の滝坂を結ぶ甲州街道の裏街道であった。その一部が淡島通りになっているが、他は概ね古道のまま道幅をちょっと拡幅した程度で残っている。滝坂道は豪徳寺の裏手から経堂駅に抜けていくが、その途中の辻に庚申堂がある。特に名前はないので宮坂1丁目の庚申堂としておく。

P1060412

上の写真の右側の道が滝坂道だが、実は滝坂道はここで北の道と南の道に行ったん分岐する。左の南ルートが旧村道で、右の北ルートが滝坂道ということになっている。経堂駅の北で再び合流するが、両方の道筋にいくつかの野仏が残っている。世田谷区は広いので区役所の支所もこういう路地に民家に混じってひっそりとあるのだが、経堂支所もまた同様に右側の道筋の途中に消防署と近接してある。 引っ越してこられた方などは探し当てるのも大変だろう。

堂宇の向かって右には庚申塔、左には地蔵らしき石像が並ぶ。左の地蔵は実は大乗妙典の供養塔。法華経の経典を祭ったものらしい。造立は宝暦11年(1761)とある。

P1060414

右手の青面金剛像は下に三猿を描いた庚申塔。 時代は正徳元年(1711)である。道の分岐点だが道標的な内容は彫られていない。願主の名前は12人ほどあるが、名字が小川4人、大場2人、蓑口2人であとはばらばら。室町時代の世田谷城に近いが街道筋なので各地から集まっている可能性もありそうだ。大場家は名家で昔は代官、最近では世田谷区長を輩出している。中世世田谷城主吉良家の重臣で、吉良家滅亡後は土着帰農している。世田谷代官屋敷にある茅葺古民家は大場家である。

|

« 経堂天祖神社(世田谷区経堂) | トップページ | 豪徳寺滝坂道の地蔵堂(世田谷区豪徳寺) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 経堂天祖神社(世田谷区経堂) | トップページ | 豪徳寺滝坂道の地蔵堂(世田谷区豪徳寺) »