« 五本木庚申塔群(目黒区五本木) | トップページ | さわら庚申(目黒区中町) »

2019年5月 6日 (月)

昭和通り地蔵(目黒区祐天寺)

東急東横線祐天寺駅の南に昭和通りという商店街がある。江戸時代は祐天寺前の街道は駒沢通りの変則交差点祐天寺二丁目から真南に下り鷹番に向かっていた。祐天寺以南の駒沢通りは昭和になってから通された車道である。この祐天寺二丁目交差点から西に向かう古道が現在の昭和通りだった。現在では商店はまばらになったが、高度経済成長期までは商店が立ち並んでいる通りだった。

P1000773

祐天寺駅前ロータリーに続く南北の商店街は古への鎌倉街道。 この鎌倉街道から昭和通りに入り、東横線の高架をくぐる手前に小さな堂宇がある。 前述の五本木庚申塔群からも数分の距離にある。また、昭和通りは江戸時代は上目黒村と碑文谷村の村境であった。現在は祐天寺と五本木の町境である。 そういう場所には地蔵が置かれることが多い。

P1000775

地蔵はいささか風化が進んでいるが、造立年は宝永5年(1708)と読める。この地蔵より西側は、五本木庚申塔群のところでも書いた蛇崩川支流の谷だった場所で、大正時代までは水田が広がっていた。現在は2m程度の高低差だが、当時は倍ほどの高低差があったようだ。現在は辺りは一面の住宅街だが、大半は関東大震災で西に住宅を求めて引っ越してきた人々によって昭和になってから発展した街である。

場所   東京都目黒区祐天寺2丁目15

|

« 五本木庚申塔群(目黒区五本木) | トップページ | さわら庚申(目黒区中町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 五本木庚申塔群(目黒区五本木) | トップページ | さわら庚申(目黒区中町) »