« 四郎兵衛地蔵(目黒区五本木) | トップページ | 五本木庚申塔群(目黒区五本木) »

2019年5月 4日 (土)

こぶとり庚申(目黒区中央町)

これもわかりにくい場所にある。学芸大学駅から線路沿いを渋谷方向に歩き、突き当たったら左でさらにすぐ左の路地に入ると目立たないお堂がある。こぶとり庚申と呼ばれているので、かつてはイボやコブを取ってくれるご利益があると言われていたのだろうか。

P1000751

お堂の中にある石仏はちょっと変わった庚申塔である。かなり風化が激しくてわかりにくい。 中央の像は猿のようだが、猿は山王の使いとされている。像の上に「最高青面金剛守護」とあり、脇に日月が描かれている。下部には7人の施主の名前がある。造立年は元禄3年(1690)とある。

P1000754

南北の道路は昔からある道で蛇崩から碑文谷への主要道だった道。 お堂のある脇道も農道としては明治以前からあったようだ。学芸大学駅寄りの東西の道は品川用水が流れていた用水脇の道。環七通りと駒沢通りの交差点の北側に、東西にバイパスするように走る道があるがこれが品川用水の跡である。用水はこの先、武蔵小山で南に流れを変え、かつて大名屋敷(抱屋敷)だった戸越公園に流れた。

場所  東京都目黒区中央町2丁目38

|

« 四郎兵衛地蔵(目黒区五本木) | トップページ | 五本木庚申塔群(目黒区五本木) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 四郎兵衛地蔵(目黒区五本木) | トップページ | 五本木庚申塔群(目黒区五本木) »