« 渋谷郷土博物館前の庚申塔(渋谷区東) | トップページ | 淀橋庚申堂(新宿区西新宿) »

2019年5月20日 (月)

宇山の地蔵尊と馬頭観音(世田谷区桜丘)

世田谷通りを西進、環状八号線と交わる少し手前の北側エリア(現在地名は桜丘4丁目)を宇山という。宇山とは宇奈根山谷の略称で、昔宇奈根村からこの地に入植して開かれた土地である。世田谷通りはかつての登戸道。 関東中央病院前でガソリンスタンドの裏を回る道がかつての旧道。その先トヨタディーラーからは南斜めに入る道が旧道である。その二つの旧道の間、久成院に東から入る昔からある村道入口に地蔵尊と馬頭観音がある。

Cimg1599

右(奥)から小祠、地蔵、地蔵、馬頭観音の順に並んでいる。馬頭観音の造立年は不明。馬頭観世音とのみ彫ってある。その他の地蔵菩薩も時期は分からない。伝えられる話では、宇山に地蔵があった(この地蔵)、細い堀があり、堀には野菜の洗い場があったという。等々力渓谷を形成する谷沢川の源流が10mほど南を流れていた。現在も一部開渠の残る暗渠になっている。特定はできないが江戸時代からある地蔵尊だろう。そして馬頭観音は傷み具合から見て明治から大正あたりではないかと思われる。

Cimg1602

こういう地蔵尊を地元の人が大切にされるのは素晴らしいことである。 人形があるのとちょっと派手すぎるのが玉に瑕ではあるが、致し方ない。時には千羽鶴がぶら下がっていたり、まあ賑やかなお地蔵さんである。

場所  世田谷区桜丘4-1-11

|

« 渋谷郷土博物館前の庚申塔(渋谷区東) | トップページ | 淀橋庚申堂(新宿区西新宿) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 渋谷郷土博物館前の庚申塔(渋谷区東) | トップページ | 淀橋庚申堂(新宿区西新宿) »