« 猪方の角柱庚申塔(狛江市猪方) | トップページ | 田中橋跡の石仏(狛江市元和泉) »

2019年6月18日 (火)

和泉工業所の新旧庚申塔(狛江市東和泉)

狛江駅と和泉多摩川駅の間、小田急線と世田谷通りが絡むように走る。ファミリーレストランだった建物が居抜でデイサービス施設になっていた。この辺りは小田急線より南東側が東和泉、北西側が元和泉。以前はまとめて和泉と呼んでいた。デイセンター脇の路地を入ると、和泉工業所という水道設備屋さんのビルがあり、その敷地内に新旧二つの庚申塔が並んでいる。

P1000937

この水道屋さんが代々守って来られたのだろうか。左側が新しいものだが、古い方の完全コピーになっている。古い方は造立年が文化7年(1810)と200年以上も昔。 一方の新しい方は平成15年(2003)と極めて新しい。山型角柱で文字塔で「庚申塔」と彫られている。施主は下泉講中20人とある。

P1000935

新しい方の土台には三猿も描かれている。古い方の土台がいつのものかはわからないが、水道屋さんの言い伝えで昔の土台には三猿があったなどという話があったのかどうかは分からない。

庚申塔のある細路地は昔は和泉村の主要な村道であった。矢倉沢往還(津久井道)は登戸の渡しから庚申塔の近くまで一旦北上したのち、この庚申塔近くで東に向かう。猪方村を通って現在の二中通りで狛江三差路へ、そこからは現在の世田谷通りとあまり違わないルート。そんな街道から和泉の本村に向かう道がこの道である。

場所  狛江市東和泉1丁目35-9

|

« 猪方の角柱庚申塔(狛江市猪方) | トップページ | 田中橋跡の石仏(狛江市元和泉) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 猪方の角柱庚申塔(狛江市猪方) | トップページ | 田中橋跡の石仏(狛江市元和泉) »