« 宝性寺門前の地蔵・庚申塔(世田谷区船橋) | トップページ | 慶岸寺門前の庚申塔(狛江市岩戸北) »

2019年6月15日 (土)

宝性寺境内の石仏たち(世田谷区船橋)

宝性寺の山門を入ると正面に本堂、左手に船橋不動堂がある。船橋不動堂は昭和28年(1953)に宗教法人法の切換えの時、この寺の所有とならず国有財産となっている。そういうこともあるのだといささか驚いた。不動堂は本堂とは違った風情を醸し出している。

P1060668

不動堂の裏手には鐘楼があり、その奥が墓所になる。墓所の入口には、念仏供養塔を囲んで六地蔵が並んでいる。真ん中の念仏供養塔は元禄4年(1691)と古い造立で、正面には「意趣者念仏供養為二世安楽也 舟橋村」とあり、12人の施主の名前がある。高さは1.51mもあるなかなか大きな供養塔である。

P1060676

六地蔵の年代は正徳3年~5年(1713~1715)で、右から一番二番と六番まで書かれている。いずれも武州舟橋村の念仏講中によるものである。このように真ん中に供養塔があるのは珍しいように思う。

P1060675

六地蔵の堂宇の手前にある地神塔もまたたまにしか見かけない石塔。 この地神塔は明治27年(1894)の造立で、土地の神、農業の神を祀った塔である。春分秋分に近い戊(ツチノエ)の日に、田の神と山の神が交代、それが一年の農業の始まりと終わりを表すのである。この日には農具(鍬クワや鋤スキ)を使わずに休ませるという地神講によるもの。明治期にはまだまだ周辺は農村地域で、この辺りの地名は舟橋本村といい農村の中心的な場所だった。宝性寺や隣接する神明神社は本村だからこそここにあった訳である。

場所  世田谷区船橋4丁目39-32

|

« 宝性寺門前の地蔵・庚申塔(世田谷区船橋) | トップページ | 慶岸寺門前の庚申塔(狛江市岩戸北) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 宝性寺門前の地蔵・庚申塔(世田谷区船橋) | トップページ | 慶岸寺門前の庚申塔(狛江市岩戸北) »