« 子育明林地蔵尊(世田谷区松原) | トップページ | 謎のとげぬき地蔵(世田谷区大原) »

2019年7月 5日 (金)

新代田駅近くの庚申塔群(世田谷区羽根木)

京王井の頭線の新代田駅は環七通りの下にホームがある。駅の出入り口は環七の内回り側。駅前は幅10mを超える横断歩道があり、駅の存在を主張している。駅を出て横断歩道を渡り、北に向かう。すぐにシェルのガソリンスタンドがあるが、その裏手に稲荷神社と庚申塔群がある。

Dscn0368

庚申塔の存在感がすごいので稲荷神社の方が付け足しにすら思えてしまう。それほど立派な庚申塔が並んでいる。どれもが比較的大型で、保存状態も極めて良いのが素晴らしい。

Dscn0358

一番右にあるのは板碑型の庚申塔で、高さは118㎝、造立年は元禄12年(1699)である。青面金剛の下に三猿が描かれており、下部には願主の名前が8人ほど彫ってある。色が少し薄茶なのは安山岩の中でもこういう系統の石を使っているのかそれとも他の石なのかは見分けがつかなかった。いい色である。

Dscn0360

右から二番目は角柱型の庚申塔。 青面金剛と三猿が描かれ、最も高さが高く136㎝ある。この庚申塔の造立が最も古く、貞享4年(1687)と彫られている。五代将軍徳川綱吉が生類憐みの令を出した年に作られたものである。左右の側面に願主の名前がある。

Dscn0363

右から三番目(左から二番目)は少しだけ小さめの駒型の庚申塔。青面金剛に三猿である。造立は正徳元年(1711)で、庚申塔としてはやや大きなものだが隣が大きいので小さく感じた。どれも保存状態がいいのは、おそらく使っている石材がいいのだろう。彫り師も腕がよさそうに見える。

Dscn0364

一番左だけは庚申塔ではない。 舟型の地蔵立像である。こちらは念仏講中の立てた供養塔である。造立は元禄10年(1697)。どの石仏も江戸時代の前期のものなのにどれも美しいのには感心してばかりだった。

場所   世田谷区羽根木1丁目5-16

|

« 子育明林地蔵尊(世田谷区松原) | トップページ | 謎のとげぬき地蔵(世田谷区大原) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 子育明林地蔵尊(世田谷区松原) | トップページ | 謎のとげぬき地蔵(世田谷区大原) »