« 瀬田の地蔵堂(世田谷区瀬田) | トップページ | 座頭ころがしの庚申塔(世田谷区大蔵) »

2019年8月14日 (水)

谷戸川の庚申と地蔵(世田谷区岡本)

小田急線祖師ヶ谷大蔵駅の北東エリアを源頭として、砧公園の真ん中を南北に流れ、東名高速をくぐって谷戸川はこの庚申と地蔵のところに流れてくる。この地区は江戸時代から大正時代くらいまで谷戸と呼ばれた。西には仙川が流れ、その東側にある小さな谷あいの集落だったために谷戸の地名になったのだろう。

Cimg2729

上の写真の右側にある小さい堂宇が地蔵、左の鳥居の奥の堂宇にあるのが庚申塔である。地蔵は宝暦13年(1763)のもの。 青面には「地蔵大菩薩」、右面には「武刕多麻郡世田谷領岡本村」、左には造立年、裏面には講中14人と世話人綱嶌庄兵衛の銘がある。

Cimg2730

地蔵堂は最近建て直されたお堂らしく、以前は川の反対側にあったような記憶がある。一方の庚申塔はかなり古い堂宇。 昔から鳥居があるのは知っていた。堂内の庚申塔は風化が激しく、おそらく舟型光背型で青面金剛像と三猿が彫られていただろうくらいしかわからない。ただ、鳥居と堂宇の間に石碑があり、由緒等が記されていた。

Cimg2741

書かれていたのはおおよそ次のようなことである。

庚申社  御祭神  猿田彦大神

当社はその縁起は不詳だが、『新編武蔵風土記稿』に庚申坂の名を記し、また石像風化の状態から推定すると、この辺りでは相当古い祠である。長年岡本の護りとして時代の変転の中で住民の信心を得て来た。祠の前の道は小径だが、耕地整理がなされる以前には、東の庚申坂を登れば大山街道に通じていた。また西の庚申橋を渡れば、府中方面に至り、人々の往来も多く、堂宇自らが道標の役割を果たしていた。

昭和58年5月吉日

Cimg2744

この橋が庚申橋、向こうに見えるのは奥の民家への入口(私道)だが、この道が昔、庚申坂と呼ばれた坂だったと思われる。『岡本の大六天森のすねこすりたぬき』という民話が地元に残されている。

岡本の村では、若い娘が庚申坂を通るとふくらはぎをくすぐる者がいるという。時には荷物を盗まれたりもした。天狗の仕業か妖怪かと村人は騒いでいたが、ある日母親のために薬をもらいに行った娘がすねこすりにあった。 娘はうずくまってしまった。すると、可愛い狸が現れて、崖を急いで登っていった。

その時、突然狸が足を滑らせて、崖から落ちて気絶してしまった。娘は駆け寄り、母にともらった薬を狸に飲ませた。子狸は目を覚ましたが、きょとんとしたまま離れようとしなかった。でも娘は母狸が心配していると思い、大六天の森に連れて行って子狸を放してやった。

不思議なことにその日からすねこすり事件はピタリと止んだ。村人は大災害が起こるのではないかと心配していたが、1年ほど経ち、娘が隣りの村に嫁入りすることになった。嫁入り道具をどうしようとしていたところ、ある夜、狸の一家が現れて、箪笥、長持、晴れ着を抱えてお祝いにやってきたのだった。

という話である。近くに大六天はと探してみると、東名道の脇を走る道がある箇所だけ急に迂回する場所があり、そこに大六天があったという。その辺りは現在は東名高速道路が砧公園の脇に差し掛かるところにあたるが、昔は狸も棲む森だったのである。この岡本大六天は岡本八幡神社に合祀されたそうである。

なお、仙川と谷戸川の間の台地の上にも数年前まで大六天があった。東名と外環自動車道の工事に合わせて大蔵の氷川神社に合祀されたが、実はその傍で結構事故が多いのが私は気になっている。

場所  世田谷区岡本3丁目17-8

 

|

« 瀬田の地蔵堂(世田谷区瀬田) | トップページ | 座頭ころがしの庚申塔(世田谷区大蔵) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 瀬田の地蔵堂(世田谷区瀬田) | トップページ | 座頭ころがしの庚申塔(世田谷区大蔵) »