« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月30日 (月)

ひいらぎ庚申(目黒区目黒)

田道橋は江戸時代からある目黒川の橋である。茶屋坂を下り田道橋を渡って目黒川の対岸へ渡り、目黒不動尊や祐天寺にお参りをするルートは行人坂ルートの別道としてそこそこ人通りの多かった道だったようである。その田道橋を渡ったところにあるのが、ひいらぎ庚申である。

Cimg3008

マンションの敷地の一角に赤い屋根の堂宇がある。別名を田道橋庚申塔と呼ぶ。庚申塔は道標を兼ねたもので、埋もれていた状態を掘り起こしたのだという。上部がぽきりと折れている。そのため角柱型なのか、駒型なのかは分からない。

Cimg3010

庚申塔の造立年は安永4年(1775)と史料にある。台石には三猿が彫られた跡が見て取れるが、上部は文字塔になっている。中央には「奉納庚申塔」とあり、右面には「しんてら、ゆふてん寺 道」、左面には「こんひら、ふとう尊 みち」とある。新寺というのは馬喰坂上庚申道沿いの長泉院のことである。その庚申道を進むと祐天寺に至る。 こんひらというのは目黒通り脇にあった金毘羅宮の事で、それが目黒通りの金毘羅坂の坂名の由来になっている。その先を行くと目黒不動に達することは言うまでもない。

場所   目黒区目黒2丁目3-1

| | コメント (0)

2019年9月29日 (日)

田道庚申塔群 左側(目黒区目黒)

田道庚申塔群の左側4基の庚申塔はすべて江戸時代中期のものである。この時代は民間信仰が最も盛んになった時代で、各地に地蔵や庚申塔や念仏塔が建てられている。田道庚申塔群の庚申堂には7基の石仏(うち6基は庚申塔)があるが、柱から左側の4基も保存状態のすこぶる良いものである。

Cimg3000

柱の左脇(右からも左からも4基目)の庚申塔は板碑型で頂上部が欠けている。造立年は延宝8年(1680)11月、青面金剛像、邪鬼、二鶏、三猿が描かれている。ここの庚申塔で邪鬼が描かれているのはこれだけである。隣(左から3基目)は駒型の庚申塔で、青面金剛像と三猿の図柄。造立年は元禄8年(1695)11月。元禄時代になると庶民もいくばくか豊かになり、講中などが急増したのだろう。

Cimg2999

左から二番目も上部が欠損している。青面金剛像に三猿の図柄で、日月がクリアである。造立年は元禄5年(1692)9月。10月以降が多い庚申塔だが9月は意外に少ないように思う。そして一番左は小ぶりな駒型の庚申塔。青面金剛像に三猿とシンプル。造立年はこの中で最も若く、正徳3年(1713)11月である。世田谷区の数字だが、1670年代から1720年代に前年台の6割の庚申塔が造られている。目黒区も同じようなものではないかと思う。

その時代の人々の講中での様子を見てみたいと思うがそれがかなわない。庚申塔を眺めて想像するしかないのである。

場所  目黒区目黒2丁目13-7

| | コメント (0)

2019年9月28日 (土)

田道庚申塔群 右側(目黒区目黒)

江戸時代の目黒川はくねくねと曲がった川筋で洪水を繰返していた。今でも大雨の時には目黒川が危険水位になったとニュースになるくらいだから、当時は日常茶飯事だったかもしれない。江戸城方面から来ると、25mの高低差の河岸段丘を下り目黒川にぶつかるが、その先へ行くには橋を渡らなければならない。

下流にある橋はもっとも古い街道である行人坂を下ると太鼓橋(目黒雅叙園前)、その一つ上流が菅沼権之助が架けたという新橋、その上流が田道橋である。この上はしばらく橋がなく、別所坂から下ってきた古道の梍橋(さいかちばし)が一つ上流の橋。三代将軍家光が鷹狩りに通った道もこの田道橋で、鷹狩りの帰りに田道橋を渡り河岸段丘の途中の茶屋坂の主人に腹が減ったと言って食べた秋刀魚の話が落語で有名な『目黒の秋刀魚』である。

Cimg2982

現在田道という街名はないが、この辺りは江戸時代から今日まで田道で通じる。田道橋と下流の新橋の間で南から合流するのが谷戸前川。田道橋から道は二手に分かれ、右は馬喰坂へ、左は谷戸前川沿いの道になる。この左の道を進んだところに7基の石塔が並んでいる。田道庚申塔群である。1基の地蔵と6基の庚申塔、どれもが江戸時代前期から中期の古いものである。

Cimg3001

まずは右の3基から。一番右は地蔵立像である。「田道地蔵」と呼ばれている。上部には「念佛供養」とあり、「権大僧都法印生栄」他多数の銘が左右に彫られている。造立年は延宝元年(1673)10月。隣の大きな板碑型庚申塔は頂頭部が欠けている。青面金剛像に三猿の図柄で、造立年は延宝5年(1677)10月と6基の庚申塔の中では最古である。三番目は駒型の庚申塔。青面金剛像に二鶏・三猿が描かれ、「奉庚申供養」とある。造立年は元禄8年(1695)11月。これだけ古い年代の庚申塔がこのように綺麗な状態で保存されているのには感心する。

場所  目黒区目黒2丁目13-7

| | コメント (0)

2019年9月27日 (金)

十七が坂上の庚申塔(目黒区目黒)

十七が坂も当然ながら坂道ブログで紹介している。そこでも書いているが、十七が坂という珍しい名前の由来は、この坂上で十七歳の娘が殺されたからという説や、この坂で滑って転ぶと17歳の時に災いが起こるとか、そういうおどろおどろしいものがある。私は還暦を過ぎているので転んでも大丈夫なのだろうか。坂道のところでも庚申塔は取り上げたがここでは庚申塔を中心に…。

Cimg2970

まずはこの宝篋印塔(ほうきょういんとう)。造立年は寛永3年(1626)で東京都内最古のものと言われる。「庚申供養」「未来現在過去三世佛」と正面に書かれている。時代からして庚申信仰が広まり初めのころのものであろう。別面には菅沼一族の8人の銘があるようだが、菅沼一族と言えば、目黒権之助坂の菅沼権之助である。馬喰坂上の庚申塔にも菅沼の名前はいくつかあった。田道の名主だから、ここいらを取り仕切っていた豪農である。

Cimg2974

都内最古の庚申塔の脇にある板碑型の庚申塔は少しだけ時代が後だが、それでも明暦3年(1657)だから都内でも最古クラスの古い庚申塔である。真ん中には「奉造立庚申供養石塔一宇」とあり、「権大僧祐海法印」と銘があるので、祐天寺の開山僧祐海上人かと思いきや、祐天寺の開山は享保3年(1718)だから、この庚申塔よりも60年も後である。祐海上人が生きたのは1682~1760年。とすると「祐海」の意味はいったい何なのだろう。

Cimg2976

そしてすぐそばにある庚申塔と思しき風化が激しすぎる石仏も謎である。おそらく上の陰は青面金剛像、下には三猿が描かれていたような感じがするが、目黒区の史料にもなく、じっと見ていろいろな推理を楽しむ。左上に「天」の文字が見えるので、天保(1830~1844)、天明(1781~1789)、天和(1681~1684)のどれかが造立年である可能性が高い。他の2基の庚申塔から考えて天和の可能性もあるのではないかと思われる。しかし謎である。

場所  目黒区目黒3丁目3-21

| | コメント (0)

2019年9月26日 (木)

馬喰坂上庚申塔(目黒区目黒)

庚申道は十七が坂で谷戸前川に向かって急に下る。目黒川と谷戸前川に挟まれた尖った岬の地形になっているが、もう少しで庚申道が下り坂になるというところでトチノ木庚申から上って来た道が、庚申道と交差して田道に下る。モノを運ぶにも人が往来するにも、谷戸前川沿いを回る方が遥かに楽だと思う。それでも江戸時代からこの道「馬喰坂」がある。谷戸前川の道「田道庚申通り」が安定しなかったのだろうか。

Cimg2955

その坂上の辻からトチノ木庚申に少し近い所に永隆寺の墓地があり、道路の高いところに4基の庚申塔が並んでいる。江戸前期から中期にかけてのもので、一番右が駒型、青面金剛像に二鶏、三猿の図柄で、造立年は宝永7年(1710)9月。右から二番目は板碑型で三猿のみが彫られている。造立年は延宝8年(1680)9月。4基の中で最も古い。

Cimg2957

左から二番目は駒型で、青面金剛像と三猿、造立年は宝永3年(1706)11月。そして一番左は、駒型で、青面金剛像、二鶏、邪鬼、三猿が描かれている。造立年は寛保2年(1742)11月でもっとも若い。この庚申塔は印象的だったので、坂道散歩で馬喰坂を歩いた時にも取り上げた。馬喰坂の由来などはそちらに書いた。

Cimg2952

庚申塔の斜め向かいに永隆寺がある。狭い寺なので、墓所が散らばっている。永隆寺の本堂の脇に六面塔地蔵があるので、住職にお願いして撮影させていただいた。小さな寺なのでとおっしゃるが素晴らしい文化財が沢山あって素晴らしい。この六面塔地蔵は港区三田にあったものだという。造立年は文政9年(1826)である。ちなみに墓所は目黒区目黒だが、寺の本堂は目黒区中目黒である。

場所  目黒区目黒3丁目21-2

| | コメント (0)

2019年9月25日 (水)

トチノ木庚申(目黒区目黒)

庚申道から谷戸前川暗渠に下ると中町通りに出る。ほとんど無名の通称通りだが、目黒区中央から目黒通りの元競馬場までのバス通りである。目黒区中央には中目黒にある千代田生命本社跡地の目黒区役所がそれ以前にあり、その辺りが中町通りの起点だったが中町通り自体は戦後新設された道である。その通りが庚申道と谷戸前川に最接近するところにトチノ木庚申がある。

Cimg2948

今はもうレアになった電話ボックスの左の板のモニュメントのさらに左の、煉瓦塀の手前にあるのがトチノ木庚申である。昭和の初め頃に、まだ暗渠化されていなかった谷戸前川で発見されてここに祀られたもの。庚申塔と煉瓦塀の間にトチの樹があったが枯れてしまったという。2010年ころだろうか。現在周りにある樹木や切り株はすべてケヤキなので、名前の由来の樹木ではない。

Cimg2944

川に落ちていただけにかなり角が取れた角柱型の文字塔である。正面には「庚申…(以下不明)」右面には「中目黒村田道」とある。造立年は左面にあり、寛政10年(1798)11月である。さて、村田道とは何だろうと思ったが中目黒村・田道が正解。江戸時代に幕府に無断で権之助坂を開いたと伝えられる名主の菅沼権之助がの墓が藤の庚申から下った中町通りと庚申道の間にある。

どうも現在の中町通りは駒沢通りのさわら庚申からこのトチノ木庚申までは江戸時代からの道筋に造られたようで、さわら庚申から権之助坂に抜けるまでの道が村田道だったようである。当時は谷戸前川左岸の道で、田道に抜けていた。

場所  目黒区目黒4丁目1-1

| | コメント (0)

2019年9月24日 (火)

藤の庚申(目黒区中目黒)

目黒区には目黒川沿いの田道庚申通りという通称名の通りがあるが、上目黒天祖神社の南の辻から東に向かう庚申道のほうが昔からの庚申の名が付いた通りである。道幅は公道基準の4mに満たない狭い道だが、昔は主要道であった。上目黒天祖神社の道標を兼ねた庚申塔にも、「是より末町さき四辻、左ふとう道」とあった祐天寺から目黒不動への道である。

Cimg2933

駒沢通りから入るとしばらくは車が来ると避けなければならないほどの狭い道だがなべころ坂を過ぎると急に広くなる。ここは高度成長期には東京ガスの大きなガスタンクがあった脇。庚申道沿いには数棟の公営アパートがあって、私の友人の1人がそこに住んでいた。個人的にはな塚いい場所だが、当時は藤の庚申など気づくこともなかった。この庚申塔の前の道が江戸時代に祐天寺と目黒不動を往来した参詣客のメインルートだったのである。

Cimg2934

2基の庚申塔の内、左の大きい方は駒型で青面金剛像と三猿の図柄。右側には「庚申講中為両親二世安楽也」とあり、左側に造立年がある。貞享元年(1684)10月である。 右の小さい庚申塔は板碑型の文字塔。 前掛けを上げて文字を読ませていただいた。元禄元年(1688)10月の造立。「南無青面金剛」と真ん中に彫ってある。史料によると、下部に三猿の代わりに「申ノ形」という文字が3つ並んでいるそうである。視認できなかった。

Cimg2938

この庚申塔は区立なべころ坂緑地公園の一角にある。 説明板によると、古くから藤の庚申と呼ばれているようだ。昔からここには大きな藤の樹があったという。今も藤棚で囲んである。 この庚申塔の前で庚申道から分かれて南の谷に下る道がある。明治初期の地図には描かれている。坂下の通りは中町通りという通称で、その先には昔、谷戸前川(耕地川)という目黒川の支流が流れていた。祐天寺の南(昔の小字が谷戸前)を水源として、田道で目黒川に合流していたが、現在は完全に暗渠化されている。

場所   目黒区中目黒5丁目6-5

| | コメント (0)

2019年9月23日 (月)

上目黒天祖神社庚申塔(目黒区上目黒)

上目黒の天祖神社は駒沢通りと東横線の間の駒沢通り沿いにある。このエリアは江戸時代、上目黒と中目黒と下目黒の入会地(いりあいち)だったようで、おそらく祐天寺、上目黒天祖神社、中目黒八幡宮、正覚寺一帯は、複数の村の共同体のくくりだったのだろう。さらにこの周辺は徳川家の領地を示す御府内の外(朱引の外)だったが、江戸の町奉行の管轄内として墨引きの内側になっていた。

Cimg2888

古くは伊勢森と呼ばれたこの辺りの地名だが、その伊勢森に鎮座していたのがこの天祖神社で創建年代は不詳。江戸時代初期以前の可能性もありそうである。そんな神社の境内に入り、社殿から左を向くと、庚申塔が2基、堂宇に守られて祀られている。

Cimg2889

左の方がやや大きい。 左の庚申塔は駒型で青面金剛像、二鶏、三猿の図柄。造立年は宝永5年(1708)である。富士山の宝永大噴火の翌年だから、全国的に不作だった年だ。右側の庚申塔も駒型で、青面金剛像、二鶏、三猿のデザインである。こちらの造立年は享保元年(1716)と少しだけ後になる。

Cimg2896

右の庚申塔は昔は神社の前の通り(現在の駒沢通り)沿いにあったと伝えられる。道標を兼ねていて、「是より末 町さき四辻 大道 九品仏道」とあり、「右 せたかい道」、「左 ふとう道」と彫られていると説明板にはあるが、傷んでいてはっきりとは読めなかった。江戸時代から駒沢通りは人通りの多い街道で、碑文谷を経て九品仏から二子の渡しに行く道であった。右は蛇崩、駒繋神社を通り大山道へ、左はそのまま目黒不動への道だった。この左の道は今も庚申道という名前が残っている古道である。

場所  目黒区上目黒2丁目32-15

| | コメント (0)

2019年9月22日 (日)

庚申橋の庚申塔(渋谷区東)

渋谷駅から恵比寿に向かって流れる渋谷川は最近時折脚光を浴びて存在を知られるようになった。江戸時代以前はかなりの暴れ川で、現在の金王八幡宮には館城があり渋谷川はその堀の役割を果たしていた。江戸時代になり、赤坂御門で江戸城内から出てきた鷹狩りの将軍などは、宮益坂を下り、東横デパートの場所にあった渋谷川の橋を渡って駒場方面へ向かった。そちらの道は大山街道で、そこが将軍や御三家の遊びに使われるときは、下流に架かっていた橋を民衆は使うことになる。江戸時代にも渋谷から恵比寿にかけては数本の橋が架かっていたが、その代表がこの庚申橋である。

P1000235

江戸時代、橋の江戸城側には宝泉寺、福昌寺、鷲峯寺があり、橋を渡ったところには横田筑後守という御小姓組(軍事担当の武官)の小旗本の抱屋敷があった。小さいがそれでも2千坪の別邸屋敷である。その橋の旗本抱屋敷側の屋敷の向かいに庚申橋南詰の庚申塔が立っており、現在も大切に祀られている。

P1000231

庚申塔であるが、実質は橋供養塔である。高さは137㎝もある大きな角柱型で、青面金剛像、邪鬼、三猿が描かれているが、それは石碑の上部のみで、他の大部分は人名と町名で埋め尽くされている。裏面にまでびっしりと彫られていて、橋講中世話役や各種講中の名前。渋谷区周辺は本より山の手全域の地名がある。

P1000234

渋谷川に架かっていた水車、三田用水の利用関係者、世田谷方面の農産関係の人々らが、この橋の大切さを刻み込んでいるように思われる。そのことは庚申塔の傍にある教育委員会の説明板にも書かれている。

場所  渋谷区東3丁目17-17

| | コメント (0)

2019年9月21日 (土)

目黒銀座馬頭観音(目黒区上目黒)

今から40年以上も前の事、目黒銀座の入口に住んでいた。その頃は存在すらも気づいていなかったが、お世話になった電気店の裏手に目黒銀座の馬頭観音堂がある。当時の目黒銀座は昭和の商店街そのもので、大きなビルと言えば富士銀行の事務センター(現在はみずほ銀行の事務センター)と千代田生命本社(現在は目黒区役所)くらいのものだった。駅前の銀行は東海銀行だった。山手通りの向かいには狭いダイエーがあって買い物客であふれていたが、目黒銀座で買い物をする人の方が多かった。

Dscn0819

堂宇左奥に並ぶ石碑の内いちばん大きいのがここに馬頭観音堂が造られたころに立てられた馬頭尊祈念碑である。 大正12年(1923)のもので、「武州上岡妙暗示住職十九世佛光書」とある。武州上岡とはなぜと思うかもしれないが、この馬頭観音を勧請した元が、東松山市上岡にある妙安寺からの分霊だからだそうだ。

Dscn0810

線路わきの公園への通路を背にしていくつかの馬頭観音が並べてある。 最も古いのは割石作りの文字塔で正面に「馬頭観世音菩薩」とあり、台石に「樋口氏」とあるもので、明治40年(1907)4月の造立。

Dscn0813

上の写真の馬頭観音は時代が新しく昭和6年(1931)の角柱型文字塔で、正面には「馬頭観世音」また「目黒町上目黒 山崎トサ」とも彫られている。

Dscn0814

上の写真の石像は浮彫半跏像塔というらしく、馬頭観音が唯一彫られているものだが、時代はずっと新しく昭和47年(1972)7月のものである。背面に椎橋氏の名前が記されているが、もとは碑文谷にあったものをここへ移し、さらにそれを再建したものらしい。それでもこれが一番馬頭観音らしくて好きである。

Dscn0815

もう一つの馬頭観音塔は目黒区の史料にも載っていなかった。風化しやすい石で作ってあるのか。 真ん中に「馬頭観世音菩薩」とあり、その右側に「大正十〇年」とあるので、それくらいの年代なのだろう。

大正時代の終わり頃、この辺りには小規模な乳牛牧場や馬力運送の業者が多く、「目黒恵比寿畜舎運送組合」というものを形成していた。その組合や地元の神山氏らが発起人となり、牛馬の息災を護り、弔いをするために、東松山の妙安寺から馬頭観音を分霊したという。現在は勿論、40年余り前もその面影はすでになかったが、大正時代以前の地図を見ると、蛇崩川の左岸は諏訪山のふもとに田んぼが広がっていたが、右岸(現在の目黒銀座周辺)は武蔵野の林の残る傾斜地で、そこで牛馬を飼っていたとしても不思議ではない。明治時代の地図では、現在の中目黒GTあたりは駒沢通りまで牧草地帯だったようだ。

場所  目黒区上目黒2丁目14-6

| | コメント (0)

2019年9月20日 (金)

別所坂上の庚申塔群[後列](目黒区中目黒)

さて、別所坂上庚申塔群の後ろの列にも3基の石塔がある。前後に特に意味はないようだ。戦前の地図を見ると、ここには鳥居マークが描かれていて、鎗ヶ崎で駒沢通りを水道橋で越えて来た三田用水が、この坂上で60度ほど南カーブして、その先にあった新富士の大外を回るように流れていた。別所坂のところだけが崖線が少し凹んでいるのは、ここに滝があったかららしいが、記録では用水の水が落ちていたというから台地を削るようなものでもない。おそらくはちょろちょろと流れる細沢があったのだろう。

Dscn0788

さて後ろの3基について右から紹介していくと、一番右奥は板碑型の庚申塔で文字はほとんど読めない。そのため目黒区の史料等を参考にした。文字は「奉開眼供養 南無妙法蓮華経 帰命帝釈天王」とあり、下部に三猿が薄く描かれている。造立年は寛文5年(1665)12月である。(下の写真)

Dscn0782

後中央(下の写真)は、明和元年(1764)12月の角柱型っぽい庚申塔で、6基の中では最も時代が新しい。青面金剛像、邪鬼、三猿、二鶏の図柄。見る限り造立年は読めないが目黒区の史料を参考にした。この塔の邪鬼は立っていて上から青面金剛像に踏みつけられている珍しいものである。

Dscn0785

そして後左の庚申塔は元禄10年(1697)11月の造立、駒型で青面金剛像、三猿、二鶏の図柄。この塔も彫りが深くてくっきりとしていて腕のいい石工の作品だと思われる。

Dscn0786

ただ左上部が少しだけ欠けている。しかし1600年代の庚申塔が4基、1700年代が2基、このように綺麗に残されているのは素晴らしいことだと思う。目黒川河岸段丘の崖線、三田用水、村境の塞ノ神である庚申塔と、歴史が詰まったポイントである。またこのすぐ東側の崖線上には目黒新富士があったことも忘れてはならない。

Dscn0792

現在は公園になっているが、坂下からの階段と坂上のかつては大蔵省財務局出張所であった隣接マンション敷地の両方からアプローチできる。しかし、坂下の入口は閉鎖されていることが多く、坂上のマンション脇も監視下に置かれ昼間(8:00~17:00)しか入れない。方角的に夕日がとてもきれいに見られると思うが、その時間帯に入ることは叶わないのである。公園に新富士の説明板がある。

「この場所の北側、別所坂を登り切った右手の高台に、新富士と呼ばれた富士塚があり、江戸名所の一つになっていた。この新富士は文政2年(1819)、幕府の役人であり、蝦夷地での探検調査で知られた近藤重蔵が自分の別邸内に築いたもので、高台にあるため見晴らしがよく、江戸時代の地誌に「是武州第一の新富士と称すべし」と書かれるほどであった。新富士は昭和34年に取り壊され、山腹にあったと言われる3つの石碑がこの公園に移設されている。」とある。

ちなみにかつての富士塚の標高は地理院地図では39.1m、しかし現在は30.73mほどになっている。ここは目黒三等三角点が置かれている場所である。

場所  目黒区中目黒2丁目1-20

| | コメント (0)

2019年9月19日 (木)

別所坂上の庚申塔群[前列](目黒区中目黒)

私の最も好きな坂道のひとつである別所坂の坂上に庚申塔群がある。この庚申塔のすぐわきを昭和の中頃まで三田用水が流れていた。三田用水は玉川上水を笹塚で取水し、目黒川の河岸段丘上を流して五反田から三田にかけてを潤した。三田用水の痕跡はもうごくわずかしか残っていないが、それを探すマニアもいる。

Dscf0634

その急な別所坂(傾斜13度/23%)の坂上にコンクリートの堂宇があり、6基の庚申塔が祀られている。近年のものかと思いきや、『新編武蔵風土記稿』に「庚申塚、除地五坪 村の東の方 小名別所通に在り」と書かれているようだ。江戸時代からここには庚申塚があったことになる。もっとも別所坂は江戸時代から多くの人が通った道であったし、複数の村境でもあるので納得がいく。

Dscn0775

庚申塔は6基とも立派な大型のものである。堂宇の脇には平成9年(1997)制作の真鍮の銘板で解説がある。「庚申塔は庚申を信仰する庚申講の仲間たちが建てたものである。60日に一度来る庚申の日に眠ってしまうと、三尸(さんし)という虫が体内から抜け出し、天の神に日頃の悪事を報告され、罪状によって寿命が縮められるので、集まって飲み食いしてその夜は徹夜した。」旨が明解に書かれている。一般の人にもわかりやすい説明板である。

Dscn0777

手前右の庚申塔は、元禄元年(1688)10月の造立。駒型で青面金剛像と三猿の図柄である。右下に「庚申」とあり、左側に「元禄元戊辰年十月吉祥日」と銘がある。

Dscn0779

手前中央の板碑型庚申塔は、延宝8年(1680)11月の造立の文字塔。文字は薄いが、「奉供養南無帝釈天王」「武州荏原郡中目黒村」と銘がある。

Dscn0781

手前左側の庚申塔は彫りがきれいである。駒型で青面金剛像に三猿、二鶏がきれいに描かれている。造立年は享保元年(1716)11月、「奉納庚申供養」の文字だけが読めるが、他には書かれていないようである。

坂のところでも書いたが、別所と言う地名は新しく切り開かれた場所に付けられる名前である。しかし、ここは別説である目黒の方言で突き当りとか行き止まりをいう呼び名という方がしっくりくる。坂を上る人も下る人も、ここで一息入れたに違いない。

場所  目黒区中目黒2丁目1-20

| | コメント (0)

2019年9月18日 (水)

新富士坂の馬頭観音(渋谷区恵比寿南)

一時消えた恵比寿南の道標から新富士坂を別所坂方面に歩くと、間もなく右手に馬頭観音堂が現れる。辺りは目黒川河岸段丘の崖線上で近年戸建がどんどん消えて高級マンションに変わってきている。戦前は原町、大正以前は鎗崎という地名だったエリアである。河岸段丘の崖線ギリギリが最も標高が高いので、ここに三田用水が通されていた。昭和の終わり頃まで、駒沢通りにも新茶屋坂通りにも三田用水の水道橋があった。

Dscn0764

新富士坂を上る途中のこの馬頭観音堂辺りが、江戸時代は三田村と下澁谷村の村境だったが、江戸時代の地図を見ると、別所坂上の周辺で、下澁谷村、三田村、上目黒村、中目黒村が村境を突き合わせているような地区割になっている。三田用水がらみが要因なのだろうか。この馬頭観音堂の前に説明板がある。

縁起によると、享保4年(1719)頃この辺りに悪病が流行し、これを心配した与右衛門という人が、馬頭観音に祈って悪霊を退散させた。そのお礼に石で観音を造り、祐天寺の祐海上人に加持祈祷を願い、原(このあたりの地名)の中程へ安置したという言い伝え。村人はその後毎年2回百万遍(念仏講)を続けたので周辺に再び悪病が流行ることはなかった。

この道(新富士坂)は目黒・麻布を経て、江戸市内に入る最短の道で、急な別所坂を下って正覚寺から祐天寺へと続いていた。

Dscn0767

堂内の馬頭観音座像は高さ41㎝と小柄な光背型。像の造立年は延喜3年(1746)2月とあるので、縁起の時代とは四半世紀のずれがあるが、願主は与右衛門となっている。なので当初のものかどうかは分からない。馬頭観音の座像は珍しいと思う。

場所  渋谷区恵比寿南3丁目9-7

| | コメント (0)

2019年9月17日 (火)

恵比寿南三丁目の道標と欅(渋谷区恵比寿南)

恵比寿駅周辺は21世紀になって再開発が止まらない。昔は山手線の駅で渋谷の次は目黒と言われたくらい忘れられた街だったのだが、バラエティの芸能人がやたら出没したりして人気になり、かつての街の姿はすっかり消えてしまった。強いて言えばかつては駒込のような雰囲気の駅だった。駒沢通り沿いのアーケードは昔からあり、おもちゃ屋さんや洋服やなど普通のお店が並んでいた。その先は海軍省の敷地、戦後は英国軍豪州軍のエビスキャンプとなり、後に自衛隊の防衛研究所になった。その門の少し手前に、ゆるやかな新富士坂があり、坂の入口に道標があった。

Dscf0647

道標の造立は安永8年(1779)5月、角柱型で正面には「南無阿弥陀仏」、右には「ゆうてんじ道」、左には「不動みち」と彫られていた。この敷地の盛土の上は国家公務員宿舎原町住宅だったが、いつしか払い下げられ近年野村不動産のプラウドという高級マンション(恵比寿ヒルサイドガーデン)が建設中になっていた。2020年完成だそうである。

Dscn0763

道標がなくなったと思いきや、説明書きが貼ってありホッとした。マンション完成後は少しだけセットバックして再建されるとある。2020年の春には新たにここに道標と、隣にある小さな猿像…これが出所不明で何も文字が書かれていないのでわからない…も戻ってくるようだ。猿像は初期の庚申塔にみられるので、結構古いものではないかと想像する。

Dscn0759

いいことがあれば悪い事もある。道標の場所から少しだけ新富士坂を進んだところに欅の巨樹があった。渋谷区の保存樹木に指定されていたのだが、伐採されてしまったようである。工事標識を見ると伊佐ホームズという会社がビルを建てているようだ。この会社、世田谷区瀬田にある会社で植樹をしたり、自然にいそしんだりするイベントを開いたりする自然派の建築屋さんなのだが。

Dscf0644

地主が伐採を指示したのか、樹木医がもうこれは植え替えは不可能と判断したのか、いろんなことを想像するが真相は分からない。都会の巨樹はこうして消えていく。それを今までたくさん見てきた。自然の樹木や岩に神が宿るという日本古来の信仰が、まったく世間で通用しなくなってきていることは時代の流れだが、いつか自然の反撃を受ける気がしてならないのは私だけだろうか。

場所  渋谷区恵比寿南3丁目11-17

| | コメント (0)

2019年9月16日 (月)

目切坂上の地蔵と猿楽塚(渋谷区猿楽町)

代官山のヒルサイドテラス脇から目黒川沿いに下る有名な抜け道が目切坂。 この辺りは江戸時代以前の痕跡が意外に多い。地蔵の南側にはかつて目黒富士があった。富士塚は文化9年(1812)に上目黒村の富士講中が築いたもので高さは12mもあったという。しかし文政2年(1819)には別所坂上に新目黒富士が築かれるとそちらが新富士と呼ばれ、こちらは元富士と呼ばれた。歌川広重の『名所江戸百景』には両方とも題材として描かれている。しかし元富士は明治になってから壊され、大橋の上目黒氷川神社に移された。

Dscn3453

その少し西側には神田正輝と松田聖子がデートを重ねていたというヒルサイドテラスがある。その一角にこんもりと盛り上がった小山があるのだが、これが猿楽塚で、猿楽町の地名の由来になった場所。この築山は6~7世紀の古墳で二つの円墳からなり、そのうちのひとつを人々は長年猿楽塚と呼んだ。古墳の脇を初期の鎌倉道が通り目黒川に向かって崖を下っていたらしい。

Dscn3461

さて再び100mばかり代官山交番の方へ戻り地蔵にお参りする。この地蔵は文政元年(1818)7月に造立されたもの。台座の正面には「右 大山道 南無阿弥陀仏 左 祐天寺道」とある。右の道は目切坂、左の道は駒沢通りにあった新道坂を示している。目切坂は今でも薄暗い坂道だが、昔は崖線の森の陰でさらに薄暗く、暗闇坂とも呼ばれていた。

Dscn0753

上の写真と前掛けの柄が違うのは上が2016年、下が2019年の写真だからである。左の小さな地蔵立像については資料もなくほとんどわからない。文字はまったく読めないが聖観音像ではないかと思われる。この辺りの標高が33mほどあるのに対して目黒川は10mほどだから、ここから南へ行くと20mの崖を下らなければならない。そんな高い場所にかつては三田用水が流れていた。場所的にはまさに地蔵の真ん前である。そして三田用水よりも北側が中豊澤村、南が上目黒村という村境でもあった。分れ道、村境、橋、というすべての条件がそろった場所なのである。

場所  渋谷区猿楽町30-3

| | コメント (0)

2019年9月15日 (日)

猿楽古代住居跡の石仏(渋谷区猿楽町)

流行の先端を行く代官山の街、40年ほど前は急行の止まらない静かな住宅街だった。渋谷から明治通りを恵比寿方向に行ったところにある並木橋から、鎗ヶ崎への道を上るとJR山手線を跨線橋で越える。そのすぐ先の渋谷側に路地を入ると天狗坂という坂があり、坂の脇に横山邸があった。横山邸の庭には古い石仏が数体祀ってあった。

P1000220

写真は横山邸と右側の道が天狗坂である。横山邸(猿楽町5-2)の門の左側に説明板があり、その後ろ側に5体の石仏があった。石仏たちは最近猿楽町の古代住居跡公園の奥に移設されたので見に行った。横山邸にあった頃は、網があってうまく撮影できなかったのである。

Dscn0749

公園では大きさ順にきれいに並べられていた。後ろの網の向こうは区立猿楽小学校のグラウンドである。ここは弥生時代の遺跡で、古代住居跡がコンクリートで固められている味気ないもの。しかし札束をゴミのように使う開発に取り囲まれた中でこういう施設を残してくれるのは何よりもうれしいことである。

Dscn0727

さて、一番右だがなかなか大きな庚申塔である。板碑型で高さは129㎝ある。青面金剛像に三猿の図柄、造立年は延宝5年(1677)10月と江戸時代初期のものである。その隣の石塔は廿三夜塔。舟型の勢至菩薩像で高さは110㎝ある。造立年は延宝3年(1675)11月とあり、隣の庚申塔よりも古い。武州豊嶋郡中澁谷村の銘がある。

Dscn0735

廿三夜供養塔というのは、月待塔の一種である。始まりは室町時代と言われるが、流行したのは江戸時代に入ってからで、特定の月齢の夜に集まり飲食を共にしたのち念仏を唱えたりして悪霊払いをした風習。十三夜塔、から廿六夜塔まであるが、廿三夜塔がもっとも多い。二十三野党の左には、ほぼ同じサイズの板碑型庚申塔がある。青面金剛像に三猿の図柄は最初の大型の庚申塔とほぼ同じ。造立年は元禄16年(1703)11月で少しだけ時代が新しい。願主が10人記されているが海老沢姓が4人いる。

Dscn0736

その隣にあるかなり摩滅風化した石像は道標の地蔵立像。「左 目黒道」は読めるが他の文字が殆ど読めない。年代については〇暦3年とあるので、明暦か宝暦だろうが、明暦だと1657年、宝暦だと1753年だから可能性は宝暦3年の方が高そうだ。「右 〇〇道」の方については推理が楽しそうである。もし、並木橋あたりにあったとすると、左目黒道は目切坂上を目指しそこから目黒不動へ向かう道と推定できる。そうすると右は上目黒を経て大山道に出る道を指し「右 大山道」だったか、あるいは三田用水沿いに行き滝坂道へ向かう意味で「右 滝坂道」だったかなど、推測は尽きることがない。

Dscn0739

一番左にあるのが猿が一匹だけのいわゆる一猿と呼ばれる猿像。 これも当然庚申塔である。造立年は宝永8年(1711)4月。これにも海老沢姓が半分入っている。すべてが横山邸にあったものだが、江戸時代初期から中期にかけての貴重な石仏を今に残してくれたことには深い感謝の念を覚える。

場所  渋谷区猿楽町12-5

| | コメント (0)

2019年9月14日 (土)

立帖場の石仏(世田谷区北烏山)

千歳烏山の北、かつての烏山上宿と中宿の境を南北に走る松葉通りを北上し、国道20号線を越えると西側に墓地が見えてくる。角に大きな碑が立っていて、「武州烏山村 史跡 立帖場の碑」とある。

Dscn0675

「往昔 この地域を武蔵国多摩郡烏山村といった。松葉山の南端であるこの地と里人は立帖場と呼んでいた。松葉山の東側一帯は大神、南西一帯を西の谷、北側一帯を丸山と呼び、古府中道に面していた。丸山には大昔からの湧水地である亀の子出井があり、古烏山川の源頭。この地は源氏東征にも深く関わっており、源義家がこの地に宿営。(中略)江戸時代になり烏山は天領と旗本領の境となった折、この立帖場が基準地となった。(後略)」と長い歴史を刻んでいる。

Dscn0683

墓所には野ざらしの地蔵が2基立っている。左の大きな地蔵は天明6年(1784)のもの。「烏山念仏講中 天明4年11月」とあり、女性名が27名ほど彫られている。いわゆる女念仏講中であろう。右の小さな地蔵は以前は首がなかったが現在は補修されている。造立年は不詳。風化と傷みが激しくて文字もほとんど読めない。右面に仮名の名前があるのでこれも同じく念仏講中のものだろう。

Dscn0680

その隣には庚申塔が立っている。前面はかなり傷んでいるが昭和の後期の写真はこれほど傷んでいないのでもしかしたらいたずらに壊された可能性もある。櫛型角柱型の庚申塔は青面金剛像、邪鬼、三猿の図柄で、土台に烏山講中とある。造立年は享和2年(1802)10月と書かれている。

Dscn0679

その脇に気になる板碑風の石碑がある。区の史料にも出てこないが、梵字がいくつか彫られている。上部真ん中はキリークだろうがあとはほとんど私には読めない。このタイプは古いものが多い。これまで見てきた中では新しいものでも1600年代後半なので、それ以前の可能性もある。板碑はほぼ寺社仏閣内に保存されているのでなかなか野で見ることはないのだが、これは板碑型の念仏塔の上部であるような印象を受けた。ひとつ宿題になった。

場所  世田谷区北烏山3丁目8-16

| | コメント (0)

2019年9月13日 (金)

烏山・下山地蔵尊(世田谷区南烏山)

甲州街道(旧道)脇に佇む庚申塔と地蔵尊がある。 傍のバス停の名前は烏山下宿。 甲州街道には烏山宿という宿場はなかったが、東の高井戸宿と西の布田五宿の間にあったのが烏山村で、街道筋には商家もあった。この辺りが下宿で、ここから西に進み古烏山川を渡ると仲宿、その先松葉通りの西側が上宿と呼ばれる。江戸時代初めは中宿が、後期には上宿が最も栄えていたという。

Dscn0664

甲州街道が開かれたのは江戸時代の初期、徳川家は海から攻められた時の避難場所を山梨と決めていたらしく、その目的で甲州街道を整備した。多くの大名は東海道や中山道を使って参勤交代したが、甲州街道で参勤交代したのは、諏訪の高島藩、高遠藩、飯田藩の三藩のみ。それ以外では京都から新茶を将軍に献上するお茶壷道中くらいだったので、道幅は狭いままだった。それでも、江戸後期になると富士講などが流行し、甲州街道を使う民衆が増えてきたので十分商売になったという訳である。

Dscn0672

一番右にある大きな唐破風笠付庚申塔は並ぶ4つの石仏の中で最も古く元禄13年(1700)のもの。高さは161㎝もある。 立派な笠の下には角柱型の庚申塔。 青面金剛像に邪鬼、猿は正面と左右面にそれぞれ1匹ずつ描かれている。「奉供養庚申 烏山村」の銘があり、台石には多数の願主名がある。その横の地蔵立像は正徳2年(1712)の造立。烏山講中の銘の他に無数の願主名が彫られている。

Dscn0671

左側の2基はどちらも庚申塔である。右側の笠付角柱型の庚申塔は宝永元年(1704)の造立。青面金剛像と三猿の図柄で、烏山村と9名の願主の銘がある。左の小さな庚申塔は山状角柱型で、青面金剛像、邪鬼、三猿の図柄。享保18年(1733)10月の造立。「烏山村同行」「奉納庚申供養塔」の銘と共に8名の願主。 ここでようやく下山家の名前が3人入ってくる。下山家は江戸時代後期の地頭名主で、世田谷区史の大家である下山照夫氏はその末裔だろうと私は思っている。近年まで活動しておられたが、昭和2年生まれだからまだお元気かどうか気になっている。

場所  世田谷区南烏山4丁目1-13

| | コメント (0)

2019年9月12日 (木)

平太夫堀の辻の庚申塔(世田谷区北烏山)

平太夫堀を遡った庚申塔のところで登場した辻の庚申塔である。平太夫堀を遡った庚申塔から南へ260mほど下ったところにある。国道20号線からは100mほど北になる。 この通りはかつての千駄山通りで、昔は国道20号線は無かったので、このまま南下して(烏山)下宿で甲州街道に出た道。

Dscn0649

右の道が千駄山通りが下宿へ向かうルートで、左は平太夫堀の分流沿いの作業道だったようだ。昔の街道の宿場は間口税が掛けられていたので、甲州街道では10mほどの幅の土地でも裏に回ると何百mも奥まで土地が短冊のようになっていたはずである。これはどこの街道でも見られる区割り。

この辺りは薪や茅などが大量に獲れたところで、千駄山という地名の由来でもある。昔の単位で一駄というのは1頭の馬に背負わすことが出来る荷物の重さでおよそ36貫(135㎏)。千駄というと13.5トンという凄い量になる。それくらい薪や茅が豊かに獲れたということだろう。茅は当然ながら茅葺屋根の茅である。またこれより北東は上高井戸村だったので、ここは村境。従ってこの庚申塔も塞ノ神として祀られたのではないだろうか。

Dscn0651

向かって左の駒型の庚申塔は、青面金剛像、邪鬼、三猿が描かれている。造立年は嘉永5年(1852)11月。烏山村と9人の願主の銘がある。右側の舟型光背型の庚申塔は古く、造立は享保12年(1727)11月。こちらは青面金剛に三猿の図柄。施主には9人の銘がある。志村姓が多く、どちらも3人の志村姓が見られる。

庚申塔の近くには区立千駄山広場という公園があり、昔の地名をわずかに今に伝えている。

場所  世田谷区北烏山1丁目8-11

| | コメント (0)

2019年9月11日 (水)

平太夫堀を遡った庚申塔(世田谷区北烏山)

個人的にたまに行く甲州街道の烏山のスシロー、その近くにあった庚申塔が2015年頃なくなった。空き地の駐車場だったところに簡素な堂宇がありそこにあったのだが、新たに住宅が建設され堂宇と共に消えてしまったのである。上高井戸から北烏山を散策していた折に、北烏山でその庚申塔を見つけたときはとてもうれしかった。

31815

上の写真はGoogleストリートビューからいただいた2015年のその庚申塔の堂宇。現在この砂利敷きの駐車場は3棟の新築住宅になっている。庚申塔などの野仏が消えるのはよくある話で、神仏を信じなくなった現代人が経済優先で物事を進めると往々にして消えざるを得ないのは時代の流れ。 だからこそ今のうちにとどめておこうとこうしてブログを書いているのだから仕方がない。

Dscn0648

場所は辻にある2基の庚申塔よりもずっと北に進んだところ。区立武蔵丘小学校の近くである。この道は古くは千駄山通りと呼ばれた古道で、道に沿って平太夫堀という用水路が流れていた。歩道が広いのはその用水路跡だからである。平太夫堀は昭和の中頃まで開渠であった。しかし文献にもまったく登場しない用水路なので、詳しいことは分からない。ただ、各時代の地図を見ると、平太夫堀は2基の庚申塔の辻で二手に分かれ、西側の流れはそのまま南へ流れて数年前まで庚申塔があった辺りを通り南烏山へ流れていたことがわかる。庚申塔は用水路跡を上流に登った訳である。

Dscn0646

新しい管理人さんにきれいな堂宇を立てて磨いてもらった庚申塔は見事なものである。駒型で青面金剛像に邪鬼、そして台石に三猿が描かれている。 造立年は安永9年(1780)11月。願主は28人、プラス世話人2人だが、全員苗字は書かれていない。かつての場所は南烏山3丁目18-15である。

場所  世田谷区北烏山1丁目45-2

| | コメント (0)

2019年9月10日 (火)

畑の庚申塔(杉並区上高井戸)

杉並区上高井戸の一角に1,000坪はあろうかという畑が残されている。南北100mはあるその畑の持ち主が気になるが、住宅地図にも敷地内の屋敷の主の名は書かれていない。さらにノミで削られた石柱がこの家の敷地の境目にいくつか立っている。畑におばあさんがいたが、気が引けたので話しかけられなかった。個人情報保護法がない時代なら声をかけていたと思う。

Dscn0642

そんな広い畑の南の角の辻に庚申堂があり、1基の庚申塔が祀られている。写真の奥にはおばあさんが麦わら帽子をかぶって畑仕事をしているのが写っている。この風景は堂宇がブロックで造られていることを除けば、概ね100年前とさほど違わないのではないかと思われた。無論、遠景の家は近代的だが、この写真を見てここが東京の杉並区だとは思わないだろう。

Dscn0639

庚申塔は駒型で、青面金剛像、邪鬼、三猿の図柄。 造立年は宝暦4年(1754)10月とある。願主は16人の名前があるが苗字はない。この庚申塔の西側を南北に走る道は昔の人見街道で、別名やまん街道と呼ばれる道。現在の人見街道とは異なるがこちらが江戸時代以前からの人見街道らしい。人見街道は府中の多摩墓地辺りにあった人見村に繋がる道だった。また、やまん街道は山の街道が転化したという説がある。

場所   杉並区上高井戸2丁目11-56

| | コメント (0)

2019年9月 9日 (月)

上高井戸細淵家地内庚申塔(杉並区上高井戸)

環八中ノ橋交差点にある佐川急便の杉並営業所の裏手に庚申塔がある。この辺りの土地はかつて上高井戸宿の名家細淵家の土地だったところ。中野橋交差点から西に200m程のところに第六天神社がある。そこに玉川上水を渡る木橋があり天神橋と呼ばれていた。そのすぐ南側に玉川上水の分水があり、水車が回っていた。上高井戸細淵家はその水車の管理責任者で、水車は昭和初年まで使用されていたという。

Dscn0625

ここには今、3基の庚申塔が祀られている。甲州街道には上高井戸宿と下高井戸宿があり、この2宿は半月交代で宿駅としての業務を行っていた。そのため高井戸二宿と呼ばれた。上高井戸宿は現在の環八以西、ちょうど旧道が国道20号線から分岐しているがその辺りが中心だった。一方の下高井戸宿は現在の上北沢駅入口辺りから東が町の中心で、昔は9m四方、高さ3mの一里塚があった。その傍に問屋の細淵家があったという。

Dscn0626

庚申塔は右が最も古く左の方が新しい。右側の庚申塔は、造立年が延宝元年(1673)で、板碑型のもの。三猿のみが描かれており、世田谷区最古の1658年の宗円寺の庚申塔と似ている。ただこちらは三猿の上に何らかの像が描かれていた可能性がある。中央の大きい庚申塔は舟型でも上部が丸い珍しい形。 青面金剛像に三猿の図柄で、造立は正徳6年(1716)正月とある。右側には「庚申供養導師尊海」とあり、下部には10名の願主の名前がある。新川姓が4人と多い。左の笠付角柱型が最も新しいといっても享保13年(1728)である。「武列多摩郡上高井戸」とある。いずれの庚申塔にも細淵姓がいないのがいささか不思議である。

Dscn0631

庚申塔の後ろには山門らしきものと社のようなものがある。一体これらが何なのかが気になった。そしてここの細淵家と、下高井戸宿の問屋の細淵家の関係も気になる。ちなみに少し南にある生産農家も細淵さんで15代目だという。

ちなみに水車があったのはちょうどこの庚申塔の辺りで、そこから分流は南へ向かい、現在ヤマダ電機があるあたりから八幡山駅を通り松澤病院の敷地へ流れていた。

場所   杉並区上高井戸2丁目2-41

| | コメント (0)

2019年9月 8日 (日)

中央道高架下の庚申塔(杉並区上高井戸)

中央高速道路の高井戸インターは出ることはできるが入ることが出来ないインターチェンジである。杉並区では1970年代に高井戸ICの反対運動が激しく住民の合意が得られないということで入口が出来なかったという経緯。後年入口を造らなかったことによる経済損失の大きさから都と区は前向きな姿勢になっているようだが、外環自動車道の工事も進んでいる折、コスト対効果を考えるともう無理ではないかと思う。明治時代の汽車や電話線が疫病と災害をもたらすと信じた庶民と似ているが、便利というものは常に何らかの犠牲の上に成立しているので、入口を造らなかったことが良かったのかどうかは分からない。

Dscn0615

それでも首都高の入口にはなっているので、しばしば利用している。この道路の一部はかつては玉川上水の流れだったのだが、上北沢駅入口で道路に飲み込まれてから西は、高速道路が南にカーブする下、浅間橋まで玉川上水の痕跡はほとんどない。ところが玉川上水、現在もかなりの水量が流れているのを知る人は少ない。とはいえ太宰治のように入水自殺できるほどの水位ではないが。

Dscn0617

そんな中央道に続く高架下に庚申塔が堂宇に守られて祀ってある。笠付角柱型で青面金剛像、邪鬼、三猿の図柄。造立年は享保20年(1735)とある。「上高井土村庚申供養講中」とあり、東原10人、中橋8人、下町8人、下川8人の願主の銘がある。東原は「ひがしっぱら」と読み、今の上高井戸3丁目辺りだからまさに庚申塔がある区画の旧地名である。中橋はこの先西に進むと玉川上水を渡る中ノ橋があった辺り。現在でも交差点名は中ノ橋(なかのばし)。下町は、ずっと東の下高井戸4丁目辺り、高井戸第三小学校の付近に「下町会」なる町内会がある。ただ、下川だけは分からない。

Dscn0619

この庚申塔(庚申堂)は昔は80mほど東の、旧高井戸2-506にあったらしい。当然高速道路も広い都道もない時代で玉川上水がこんこんと流れていた頃の話である。そこには玉川上水に架かる庚申橋という橋があり、当然橋名は庚申塔があることから付けられたものだろう。江戸時代に遡ってみると、「堂之下橋」という橋名になっている。江戸時代も庚申堂に入った庚申塔であったのだろうか。

ところがここで数十m幅の道路を渡る歩道橋の名前が「庚申橋歩道橋」となっているのである。現代にもまだ続いていた名前の痕跡を見つけた気がした。この橋を渡る道は、江戸時代は浜田山からここに通じ、ここからはほぼ赤堤通りの筋を通って、滝坂道に繋がっていた。歩道橋名も気を付けてみると意外に面白い。

場所   杉並区上高井戸3丁目8-27

| | コメント (0)

2019年9月 7日 (土)

下高井戸鎌倉街道の庚申堂(杉並区下高井戸)

東京にはいくつもの鎌倉街道が走っている。概ね南北の方向の鎌倉街道が多い。 鎌倉時代にはあの狭い鎌倉に幕府が置かれ、幕府は多くの御家人を抱え、御家人は幕府から呼ばれると「いざ鎌倉」と鎌倉に馳せ参じた。後年、江戸時代辺りになると、昔からの道で鎌倉の方向に向かっているものは何でも鎌倉街道と呼ばれたようである。

その中でも、東京都内では上道、中道、下道というメインルートがあった。上野国(こうずけのくに=群馬県)から埼玉県の狭山を通り、府中から多摩丘陵を抜けるのが上道。分倍河原の合戦などの史跡もある。中道は赤羽岩淵から世田谷あるいは渋谷を通って多摩川を渡るルートで何本かある。下道は茨城方面から浅草、日比谷を抜け、古東海道である池上通りから多摩川へというのが主なルート。

Dscn0604

阿佐ヶ谷から上北沢へ抜ける鎌倉街道は中道の別ルートで、現在豊島園になっている練馬城、阿佐ヶ谷神明宮、駅前商店街のパールセンターを抜け、この鎌倉街道に繋がっていたようだ。パールセンターの中程にも古い庚申塔が残っている。しかし庚申塔は江戸時代の民俗文化なので、鎌倉街道とは直接の関係はない。鎌倉時代の痕跡などもう東京ではほとんど見られないのである。

Dscn0613

堂宇の前には庚申堂由来の碑があるが、これは昭和60年(1985)に立てられたものである。特別なことが書かれているかと思いきや、一般論と簡易な説明だったのでいささか落胆した。

堂宇の中には大型の庚申塔が2基と、馬頭観音が1基祀られている。左の駒型庚申塔は高さが128㎝もある大きなもの。青面金剛像、三猿が描かれ、造立年は元禄8年(1695)11月と結構古いものである。「武列(武蔵国の意)多摩郡野方領下高井土」とある。高井戸の戸が土になっていたりするのは江戸時代の石仏の常。願主名12名があるがそのうち7名は鈴木姓である。

Dscn0611

真ん中の笠付角柱型の庚申塔は文字塔で、翌年の元禄9年(1696)10月の建立。「奉庚申信仰敬白」とあり、武列多摩郡下高井土と彫られている。願主は15名。 右側の小さなのは角柱型の馬頭観音で「南無妙法蓮華経馬頭観世音」とある。施主は荒川氏。安政2年(1855)の造立である。

この鎌倉街道にはコミュニティバスの「すぎまる」が走っているが、傍のバス停の名前が「庚申堂」である。南隣のバス停は旭橋で、これは玉川上水に架かっていた鎌倉街道の橋の名前である。

場所   杉並区下高井戸5丁目5-27

| | コメント (0)

2019年9月 6日 (金)

石橋地蔵尊(世田谷区下馬)

日大ラグビー部事件で世間は随分沸騰したが、最近その話題を聞くことは皆無になった。メディアは少し野仏でも眺めて自分たちを振り返ってもらいたいものである。当時、マスコミが殺到した場所のひとつが、日本大学危機管理学部スポーツ科学部のある三軒茶屋キャンパスであった。実はその近所に石橋地蔵尊がある。

Cimg2877

江戸時代には、道の発達とともに石橋による架橋が増加、洪水の時、人間の生き死にや村の存否に関わる石橋には魂が宿ると信じられ、新設や修復の普請に際しては、永久に壊れないようにと祈り、供養塔が盛んに建てられた。この石橋地蔵尊もその一つで、昔は岩橋地蔵尊とも言われた。石も岩も同じようなものである。砂は学問分野では砂は1/16㎜以上2㎜以下とされ、2㎜以上のものは石とされているが、石と岩は分類されていない。ちなみに1/16㎜以下は土である。

Cimg2880

この石橋地蔵尊、舟型光背型の地蔵立像で、宝暦4年(1754)の造立である。「奉納庚申供養石橋三所建立講中」と書かれている。すぐ近くに蛇崩川の暗渠があり、この道は薄橋で蛇崩川を渡っていたので、その橋と近くの橋の守護のために建てられたのであろう。この道は江戸時代の地図にもある道である。

周辺は下馬引沢村でも「原」という地域であったが、関東大震災以降多くの移住者があり人口が急増した。つい100年前まではのどかな農村地帯だったのである。

場所  世田谷区下馬2丁目15-7

| | コメント (0)

2019年9月 5日 (木)

西澄寺の石仏(世田谷区下馬)

三軒茶屋の東側、蛇崩川暗渠岸の駒繋神社の北西側にあるのが古刹の西澄寺。 始まりは弘法大師伝説、空海が諸国不況の折、この地へ薬師如来像を発見し整地と定めて薬師堂を立て、傍らにマキの樹を植えてその下に像を埋め再び旅立ったというもの。その後天文2年(1533)に高野山で修業した僧が薬師堂を中興し、江戸時代になると領主の加護を得て西澄寺が建立された。

Cimg2875

西澄寺には多くの石仏がある。それらをすべて紹介するわけにもいかないので、主だったものをいくつか。 両側に墓所の広がるまっすぐな参道を進むと山門をくぐる。この山門は武家屋敷門で、港区芝にあった阿波徳島藩須賀家の中屋敷門を、大正時代末期に移設したもの。25万石の風格を感じさせる門の先には鐘楼があり、その手前に水子地蔵をはじめとする4基の丸彫の地蔵がある。

Cimg2859

鐘楼に向かって右には3基の地蔵があるが、その一番左側の六十六部供養仏の造立年が興味深い。正面には天保15年(1844)再建とある。右面を見ると、明和9年(1772)願主安藤忠兵衛という銘と、文化2年(1805)横山氏再建立という銘がある。つまり30~40年おきに二度再建立されたのである。左面には「武刕荏原郡下馬引沢村」とある。どこがどう変わったか知る術はない。

Cimg2865

探していた石仏が見つからなくてうろうろしている時にたまたま住職がいらしたので聞いてみた。親切にいろいろと教えてくださった。墓所の中程に中山谷庚申尊の石碑があり、その一角に多くの石仏が並んでいる。先代の住職があちこちに散らばっていた石仏をここに集めたのだそうだ。中山谷は野沢から蛇崩までの尾根筋、今の学芸大学附属高校辺りを指す。

Cimg2866

中山谷庚申尊碑の脇にあるのは馬頭観音像。これは以前学芸大学附属高校南側の下馬中央公園の傍(下馬6-37-16)にあったもので、なくなったと諦めていたがここで出合えて縁を感じた。造立年は安政2年(1855)で下馬引沢の銘がある。

Cimg2869

その隣の大きな舟型光背型の地蔵立像は庚申供養のものである。右側に「奉造立庚申塔」とある。造立年は宝永3年(1706)とあるので、富士山大噴火の前年である。

Cimg2870

後にこじんまりと収まっているのは庚申塔。上部が少し低めだが、青面金剛像に邪鬼と三猿が描かれている。正徳2年(1712)造立の板状駒型庚申塔。 願主9人の銘がある。ちなみに中山谷庚申尊は最初学芸大学附属高校の南にあったと書いたが、そのあとはそこから少し西の下馬3-5あたりに移されたそうである。学芸大学附属高校は関東大震災後の開発で青山師範学校だったものが、戦後学芸大学になり、昭和の中頃から附属高校になった。

Cimg2872

その後ろには元禄8年の地蔵立像。ゼニゴケが下半分にまんべんなくついている。 右側には「念仏供養塔」とある。願主の名前がちりばめられている。男性の名前と女性の名前が半々という珍しいもの。名前を読んでいると面白いのは、「梅沢吉兵衛、同母、」などと書かれており、男には名乗る名前があっても女性にはなかった江戸時代の事情が見えてくる。

Cimg2873

そのさらに後ろには一度折れたものを補修した舟形光背型の聖観音立像がある。こちらは男の名前ばかりだが、この石仏も元禄8年(1695)の造立で、こちらは男性名ばかりである。

Cimg2864

沢山の石仏を堪能したのち、参道を戻る途中にある馬頭観音像に立ち止まる。この馬頭観音は造立年不詳。以前はこのならびに多くの石仏があったと住職は言う。 その方が個人的にはよかったが、先代の住職がまとめたのはそれなりの理由があったのだろう。

場所  世田谷区下馬2丁目11-6

| | コメント (0)

2019年9月 4日 (水)

駒繋神社の庚申塔(世田谷区下馬)

世田谷区下馬周辺には源氏伝説が多い。鎌倉時代の始まりの頃、源頼朝が奥州平泉の藤原氏征伐に向かう道すがらこの蛇崩川に差し掛かったところ、突然頼朝の乗っていた馬が暴れだし、沢の深みに落ちてしまった。頼朝達は馬を救おうとしたが馬はまもなく死んでしまった。 その馬を葬ったのが下馬の道路の真ん中に鎮座し車を左右に避けさせる葦毛塚である。

Cimg2837

頼朝は「以後この沢(蛇崩川)は馬を引いて渡るべし」としたので、馬引沢村の地名が生まれ、それが江戸時代に上馬引沢村、下馬引沢村に分かれ、その名残が上馬、下馬という地名になった。 また駒繋神社は明治時代からの神社名でそれ以前は子の神と呼ばれていた。

Cimg2829

神社の境内の下が蛇崩川の暗渠になっているが、そこに「こまつなぎはし」が架かっている。欄干の一方には「神橋」とも書かれている。頼朝が馬を繋いだという松は既に三代目になっているが、現在工事中で以前の場所には今回たどり着けなかった。頼朝がこの地に立寄ったのは文治5年(1189)というから古い話である。

愛馬を死なせた頼朝の前に、一人の老婆が現れ、馬の死という不吉を祓って選奨を祈るために、近くの子の神(ねのかみ)に詣でるように進言した。その後奥州征伐に成功した頼朝が帰りにお礼参りに立寄り、その時の馬を繋いだのが駒繋の松という伝説である。明治になり神仏分離が進んでから駒繋神社の名前になったのはいささかわざとらしい。

Cimg2836

神社の境内に1基の庚申塔が立っていた。山状角柱型で「奉納庚申供養」とあり、横に享保7年(1722)の造立年が彫られている。各面には多くの願主の名前がある。神社の場合庚申塔は隅っこにあることが多いが、この庚申塔は参道の傍にある。文字塔なので、廃仏毀釈の時に捨てられずに済んだのだろうか。

場所  世田谷区下馬4丁目27-26

 

| | コメント (0)

2019年9月 3日 (火)

東山谷庚申・お猿庚申(世田谷区下馬)

通称お猿庚申尊、またの名を東山谷庚申尊というお堂である。江戸時代までの道筋としては、蛇崩川の北側に芝溝道(芝道)が三軒茶屋から目黒方面へと東西に走っていた。下馬の南側には品川用水が西から東へ流れ、用水沿いに用水道が通っていた。それを南北につなぐ道が、東山谷道と中山谷道である。二つの道の間には蛇崩川の支流が北へ流れていた。下馬4丁目(戦前は中三谷地区)と5丁目(戦前は東三谷地区)の境は谷筋になっているが、それがこの支流筋にあたる。

Cimg2815

お猿庚申は最初からここにあったわけではない。お猿庚申本体は昔は大教寺墓地の角にあったといい、庚申塔は昔、東山谷の中程にあったというが、現在その場所を特定することは難しい。現在の大教寺は国道246号線と山手通りの交差点に近い、日本地図センターの近くにある。大教寺の歴史を見ると、まず下高井戸に創建、後の正徳3年(1713)に下馬引沢村へ移転、明治28年(1895)に現在の目黒区青葉台に移っている。江戸時代から明治にかけての場所は現在の下馬1丁目20の辺り、三宿からの通りと蛇崩からの通りの交差点の南側である。従って、お猿庚申は中山谷にあったのである。

Cimg2820

そのお猿庚申、庚申塔としては極めて珍しいタイプである。造立は寛文11年(1671)と江戸時代初期のもの。上部は猿像で、土台には「為庚申待供養也」とあり、武刕荏原之郡(下)馬引沢村、願主10人の銘がある。これが御幣猿かどうかは分からないが、後の時代の御幣猿像は池尻庚申堂に大正元年(1912)のものがある。 しかし他の場所ではほとんど見かけたことがない。

Cimg2819

中山谷から移された猿像の庚申塔を中央にして、向かって左側には見事な庚申塔がある。駒型で、青面金剛像と三猿の図柄。こちらは元禄7年(1694)の造立である。年号の下に、施主であろう思本久右門と銘がある。下には10名ほどの名が刻まれている。

Cimg2821

お猿庚申の右側には自然石のまま角柱風に加工した「南無青面金剛尊」と彫られ石塔があるが、これについては何もわからない。それほど古いものではなさそうである。

Cimg2822

その足元にある周りが欠損してしまった庚申塔が面白い。元の形は分からないが、角柱が折れた後削れたのではないかと思う。文字は欠けているが「庚申供養」が中央の文字だろう。左は荏原郡下馬引沢村。面白いのは「下」という字が後で取ってつけたように彫られている事である。右を見ると、癸亥(みずのとい)11月とある。

江戸時代の癸亥は1623、1683、1743、1803、1863の5つがあるが、後で「下」を取ってつけたとすると、馬引沢村が上馬引沢村と下馬引沢村に分かれた頃ではないかと推測できる。その時代は寛永年間(1624~1643)とされているので、おそらく5つの造立年の中では最初の1623年(元和9年)の可能性がある。ただし、あくまでも推理上の話である。世田谷で庚申信仰が広まったのはもう少し後の時代と考えられる点で、区の教育委員会もそういう説は一切載せていない。

Cimg2824

しかしここには板碑の上部もある。 元禄7年の庚申塔の土台の前に埋まり掛けるように置いてある。板碑は鎌倉時代から室町時代くらい、西暦でいうとほぼ1200年代から1500年代まで造られている。そして江戸時代以前には「申待」とか「庚申供養」とだけ書かれた文字塔も多い。この辺りには鎌倉道も通っており、頼朝伝説も残っている。こういう石碑石仏を作る文化が鎌倉時代からあった可能性がある。

そうすると上の庚申塔は、一猿、三猿そして青面金剛に移行する前の黎明期のものである可能性がゼロではない。たかが石だが、400年前のことを想像することにはとても深いロマンがある。

場所  世田谷区下馬5丁目25-17

| | コメント (0)

2019年9月 2日 (月)

鬼子母神堂の石仏(世田谷区野沢)

さて、根岸邸の鬼子母神堂境内にある石仏群だが、まずこの草庵の名前が書かれた新しい石碑が鬼子母神堂の右側にある。そこには「馬引澤水神」と「野澤山正徳寺」という二つの名前が書かれている。

Cimg2814

一体どっちなんだろうと思ったが、両方なのだろう。もともとは水神様があり、ここにお堂を立てて正徳寺としたのではないかと思われる。もっともこの石碑は昭和44年のもの。では、左手前から石仏群を見てみたいが、その手前に五輪塔に似た石積みがあるのが気になった。ただしそれが何なのかは全く分からない。

Cimg2804

最初にあるのは観世音菩薩立像。 文字は全く見当たらないので年代も不詳である。平成5年(1993)の取材をもとに書かれた『ふるさと世田谷を語る』の野沢の項の写真では同じ位置に各石仏が並び、この観世音菩薩像はゼニゴケだらけだった。 後にきれいにしていただいたのだろう。

Cimg2805

その脇にはなんだかわからない石仏がある。実はこれ、平成5年の上記の野沢の項ではちゃんと首がある地蔵座像のように見える。過去何度か首が取れたのだろう。 首にボルトが打ち込まれているので、新たな頭部を作って修復したが再び壊されたような感じである。根岸家の看板の「わるいこと」というのと何か関係があるのだろうかと疑ってみる。

Cimg2807

その隣にあるのは角の取れた、おそらくは自然石であろう馬頭観音である。この馬頭観音は嘉永6年(1853)の造立。 世田谷の馬頭観音としては江戸時代のものはあまり多くない。その向こう側には庚申塔。造立年は不詳である。 「庚申」としか彫られていない。

Cimg2810

左の列のうちでもっともお堂に近いところにあるのがここでは最大の廿三夜供養塔である。高さは113㎝ある。造立は寛政6年(1794)である。下部には女人講中とあり、二文字の女性名が並ぶ。「タウ、セン、ウメ、ハナ、ステ、タメ、ミワ、セン」とあり、興味深い。江戸時代の女性たちの名前はそんな感じだったのかと感心する。

Cimg2812

お堂の前には「大乗妙典供養」と書かれた供養塔がある。これが最も古く、造立年は宝暦10年(1760)。施主は尾渕家の3人の名前がある。大乗妙典は法華経の経典の事で、正式には「妙法蓮華経」というが、読んでいたお経を読経にとどまらず読誦(ドクジュ)塔に刻む時代もあった。特に法華経関連に多い。それぞれの時代にいろいろなバリエーションがある。

Cimg2813

右側にはただ一つ、聖観音像がある。 これも何も書かれておらず、時代も不詳である。

ところで野沢の水神の伝説がある。

品川領戸越の里に4万5千坪の抱屋敷をもらった若狭守が、屋敷の庭の池の用水として玉川上水から引水をしたのが品川用水の始まりである。工事を進めるうちに野沢の辺りまで達した時に、急に水の流れが消えてしまうという現象が現れた。掘っても掘っても水は消えていくうちに1年が過ぎた。そこで皆で水神様を祀り祈ると水が復活した。そして7里(28㎞)の工事は無事に完成したという。

人々はこの水神様を、ドンドン水神様と呼び、正徳寺内に移して手厚く祀ったそうである。ちなみに水神様のご神体は白蛇らしい。

場所  世田谷区野沢3丁目10-20

| | コメント (0)

2019年9月 1日 (日)

野沢水車と根岸邸鬼子母神堂(世田谷区野沢)

かつての品川用水は上馬から環七の筋を南下し、野沢交差点で斜め左に向かう道筋に沿っていた。その先は学芸大学駅の北を二子道に沿って流れ、戸越方面を潤していた。しかし世田谷区周辺の農民は品川用水の恩恵をあまり受ける事が出来なかった。明治に入り、明治22年(1889)になると野沢村、上馬引沢村、下馬引沢村、弦巻村、世田谷新町、深沢村が合併し、駒沢村が出来た。 そして明治29年(1896)に初代村長谷岡氏により、品川用水の水を引き入れた野沢水車が設置された。

Cimg2796

水車は大正9年(1920)に落雷を受け焼けてしまったが、その後大規模に再興し、直径10mの巨大水車になったという。当時の技術力も凄いものだが、昭和の初期に書かれたという上の絵の水車はいささか小さめに描かれているようだ。

Cimg2798

現在ここにあるバス停の名前が水車橋。 しばしばバス停は歴史をその名に残してくれる。ところでこの水車の大工事に際し、土を掘り下げていくと土中から7体の人骨が出てきたという。そこで村人はその霊を慰めるために「南無妙法蓮華経」を7万回写経し、そのうち3万を水車の棟木に、3万を近くの正徳寺の一部に納め、残りの1万を品川用水に流して施餓鬼供養をしたと伝えられる。

Cimg2802

寛文4年(1664)に品川用水の通水祈念のため建てた馬引沢水神が今も根岸家によって守られている。 マンション裏の階段を上って辿り着く、普通は誰も入らない場所だが、多くの石仏が並んでいる。関東大震災の時に用水の土手が崩れたのをきっかけに、品川用水は閉鎖され、昭和になると暗渠化された。しかしこのお堂(鬼子母神堂)は今も健在である。

お堂の境内に入ると、根岸家が書いた看板が目に留まる。「子供さんたちにお願い・・・。この場所は日蓮上人と鬼子母神というありがたいみ仏様がお祭りしてあるところです。この場所で悪い事やいたづらをするととてもおそろしい事が君達におこります。おまいりしてお願いすると良い事があります。今日からはよい子になりましょう。 根岸」

現代の子供はこんなところで遊ばないだろうが、中学生くらいのワルなら来るかもしれない。恐れを知るというのは人が生きる中でもっとも大切なことのひとつだから、根岸家の言葉を誰かがかみしめてくれたらありがたい。ちなみにこの鬼子母神堂、地図には野澤山正徳寺とある。

場所  世田谷区野沢3丁目10-20

| | コメント (0)

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »