« 恵比寿南三丁目の道標と欅(渋谷区恵比寿南) | トップページ | 別所坂上の庚申塔群[前列](目黒区中目黒) »

2019年9月18日 (水)

新富士坂の馬頭観音(渋谷区恵比寿南)

一時消えた恵比寿南の道標から新富士坂を別所坂方面に歩くと、間もなく右手に馬頭観音堂が現れる。辺りは目黒川河岸段丘の崖線上で近年戸建がどんどん消えて高級マンションに変わってきている。戦前は原町、大正以前は鎗崎という地名だったエリアである。河岸段丘の崖線ギリギリが最も標高が高いので、ここに三田用水が通されていた。昭和の終わり頃まで、駒沢通りにも新茶屋坂通りにも三田用水の水道橋があった。

Dscn0764

新富士坂を上る途中のこの馬頭観音堂辺りが、江戸時代は三田村と下澁谷村の村境だったが、江戸時代の地図を見ると、別所坂上の周辺で、下澁谷村、三田村、上目黒村、中目黒村が村境を突き合わせているような地区割になっている。三田用水がらみが要因なのだろうか。この馬頭観音堂の前に説明板がある。

縁起によると、享保4年(1719)頃この辺りに悪病が流行し、これを心配した与右衛門という人が、馬頭観音に祈って悪霊を退散させた。そのお礼に石で観音を造り、祐天寺の祐海上人に加持祈祷を願い、原(このあたりの地名)の中程へ安置したという言い伝え。村人はその後毎年2回百万遍(念仏講)を続けたので周辺に再び悪病が流行ることはなかった。

この道(新富士坂)は目黒・麻布を経て、江戸市内に入る最短の道で、急な別所坂を下って正覚寺から祐天寺へと続いていた。

Dscn0767

堂内の馬頭観音座像は高さ41㎝と小柄な光背型。像の造立年は延喜3年(1746)2月とあるので、縁起の時代とは四半世紀のずれがあるが、願主は与右衛門となっている。なので当初のものかどうかは分からない。馬頭観音の座像は珍しいと思う。

場所  渋谷区恵比寿南3丁目9-7

|

« 恵比寿南三丁目の道標と欅(渋谷区恵比寿南) | トップページ | 別所坂上の庚申塔群[前列](目黒区中目黒) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 恵比寿南三丁目の道標と欅(渋谷区恵比寿南) | トップページ | 別所坂上の庚申塔群[前列](目黒区中目黒) »