« 石橋地蔵尊(世田谷区下馬) | トップページ | 中央道高架下の庚申塔(杉並区上高井戸) »

2019年9月 7日 (土)

下高井戸鎌倉街道の庚申堂(杉並区下高井戸)

東京にはいくつもの鎌倉街道が走っている。概ね南北の方向の鎌倉街道が多い。 鎌倉時代にはあの狭い鎌倉に幕府が置かれ、幕府は多くの御家人を抱え、御家人は幕府から呼ばれると「いざ鎌倉」と鎌倉に馳せ参じた。後年、江戸時代辺りになると、昔からの道で鎌倉の方向に向かっているものは何でも鎌倉街道と呼ばれたようである。

その中でも、東京都内では上道、中道、下道というメインルートがあった。上野国(こうずけのくに=群馬県)から埼玉県の狭山を通り、府中から多摩丘陵を抜けるのが上道。分倍河原の合戦などの史跡もある。中道は赤羽岩淵から世田谷あるいは渋谷を通って多摩川を渡るルートで何本かある。下道は茨城方面から浅草、日比谷を抜け、古東海道である池上通りから多摩川へというのが主なルート。

Dscn0604

阿佐ヶ谷から上北沢へ抜ける鎌倉街道は中道の別ルートで、現在豊島園になっている練馬城、阿佐ヶ谷神明宮、駅前商店街のパールセンターを抜け、この鎌倉街道に繋がっていたようだ。パールセンターの中程にも古い庚申塔が残っている。しかし庚申塔は江戸時代の民俗文化なので、鎌倉街道とは直接の関係はない。鎌倉時代の痕跡などもう東京ではほとんど見られないのである。

Dscn0613

堂宇の前には庚申堂由来の碑があるが、これは昭和60年(1985)に立てられたものである。特別なことが書かれているかと思いきや、一般論と簡易な説明だったのでいささか落胆した。

堂宇の中には大型の庚申塔が2基と、馬頭観音が1基祀られている。左の駒型庚申塔は高さが128㎝もある大きなもの。青面金剛像、三猿が描かれ、造立年は元禄8年(1695)11月と結構古いものである。「武列(武蔵国の意)多摩郡野方領下高井土」とある。高井戸の戸が土になっていたりするのは江戸時代の石仏の常。願主名12名があるがそのうち7名は鈴木姓である。

Dscn0611

真ん中の笠付角柱型の庚申塔は文字塔で、翌年の元禄9年(1696)10月の建立。「奉庚申信仰敬白」とあり、武列多摩郡下高井土と彫られている。願主は15名。 右側の小さなのは角柱型の馬頭観音で「南無妙法蓮華経馬頭観世音」とある。施主は荒川氏。安政2年(1855)の造立である。

この鎌倉街道にはコミュニティバスの「すぎまる」が走っているが、傍のバス停の名前が「庚申堂」である。南隣のバス停は旭橋で、これは玉川上水に架かっていた鎌倉街道の橋の名前である。

場所   杉並区下高井戸5丁目5-27

|

« 石橋地蔵尊(世田谷区下馬) | トップページ | 中央道高架下の庚申塔(杉並区上高井戸) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 石橋地蔵尊(世田谷区下馬) | トップページ | 中央道高架下の庚申塔(杉並区上高井戸) »