« 洗足池の庚申塚(大田区南千束) | トップページ | 洗足池妙福寺の馬頭観音(大田区南千束) »

2019年10月12日 (土)

洗足坂の延命地蔵尊(大田区南千束)

洗足坂という坂は洗足池から目黒に向かっての目黒通りの上り坂で、南千束陸橋手前で稜線に達し、そこから碑文谷へはどぜむ坂を下る。洗足坂は目黒通りが開通する以前は砂利道の急な上り坂で、今のような傾斜になったのは大正時代の終わり頃である。洗足池から洗足坂を上っていくと、坂上に堂宇があり「延命地蔵尊」とある。

Dscn6605

この延命地蔵尊の資料はまったくもって見つからない。 だから由緒や造立の経緯などもわからない。 地蔵を祀っておられる方がいるはずなのでその人を捕まえて訊くしかないのだろうか。しかたなく堂宇の格子から中を覗いてみると比較的時代の新しそうな地蔵尊が立っていた。

P1070157

しかしこれが初代とは限らないので、ある意味宿題になった。 延命地蔵で有名なのは巣鴨のとげぬき地蔵。 現代と異なり、年寄りの延命ではなく、生まれてすぐ赤子が命を失っていた昔は、生まれた子供の命を守り、その寿命を祈念するのが延命地蔵の元々の始まりだった。後に命一般の祈願になっていったようだ。

場所  大田区南千束1丁目32-6

|

« 洗足池の庚申塚(大田区南千束) | トップページ | 洗足池妙福寺の馬頭観音(大田区南千束) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 洗足池の庚申塚(大田区南千束) | トップページ | 洗足池妙福寺の馬頭観音(大田区南千束) »