« 洗足坂の延命地蔵尊(大田区南千束) | トップページ | 石原の庚申塔(大田区南千束) »

2019年10月13日 (日)

洗足池妙福寺の馬頭観音(大田区南千束)

洗足池の近くには史跡が多い。勝海舟の別邸跡、西郷隆盛の留魂祠、勝海舟夫婦の墓など。その中に妙福寺という素敵なお寺が池畔にある。入口は大田区立洗足池図書館の裏手になる。すぐに雰囲気のいい山門が現れる。

P1070159

山門を入ると数多くの石仏があるので、それらを拝見しながら本堂の左奥、洗足池の近くに向かう。妙福寺は日本橋馬喰町に創建、明暦の大火で浅草永住町へ移転、関東大震災でこの地に移転した、災害に追いやられた経緯の寺。日蓮上人が足を洗ったので洗足池、そのほとりで老松に法衣を掛けたのが袈裟掛けの松で、その所以でここに庵があったのと合併して現在に至っている。

P1070165

裏手にある馬頭観音は大田区の文化財指定がされたもの。天保11年(1840)に馬込村千束の馬医師や馬を飼っている人々によって、馬の健康と死馬の冥福を祈って立てられたもの。馬頭観音の下の台石には道標が刻まれており、正面に「北 堀ノ内・碑文谷 道」、左面に「東 江戸中延」、背面に「池上・大師 道」、右面には「丸子稲毛」とある。元は中原街道と碑文谷から池上至る道の交差するところにあったものらしい(現在の環七と中原街道の交差する南千束交差点あたり)。

場所  大田区南千束2丁目2-7 妙福寺

|

« 洗足坂の延命地蔵尊(大田区南千束) | トップページ | 石原の庚申塔(大田区南千束) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 洗足坂の延命地蔵尊(大田区南千束) | トップページ | 石原の庚申塔(大田区南千束) »