« 石造大山不動明王像(練馬区高松) | トップページ | 桜一丁目の庚申塔(世田谷区桜) »

2019年10月30日 (水)

粕谷村地蔵尊(世田谷区粕谷)

小田急線と京王線の間、環八の西側一帯はその昔、滝坂道以北が粕谷村、以南が廻沢村であった。現在廻沢村は千歳台という住居表示、粕谷村は粕谷という住居表示になっている。明治40年に徳富蘆花が青山からこの地に越してきて、その住居周辺が芦花公園(蘆花恒春園)になっている。武蔵野の面影を残す素敵な公園である。そのさらに西に道路が複雑に入り組み中央に三角地残された場所があり、そこに念仏堂「粕谷村地蔵尊」が祀られている。

Cimg1483

この場所は北西から東南へ品川用水が流れていたところで、分岐する北への道は芦花公園駅前から甲州街道へ繋がる。この念仏堂は江戸時代からあったようで何度か建替えられているらしい。昔は草鞋などが沢山吊るされ、遠くからお詣りする人も多かったという。その後、昭和になってこの地蔵と庚申塔を移転しようとしたところ、関係者が不明の病を次々と発症してしまい取りやめになった。

現在5体の石仏がある。手前右は造立年不詳の丸彫地蔵立像で風化が激しく文字もほとんど読み取れない。手前左は板状駒型の立派な庚申塔。造立年は安永7年(1778)11月。青面金剛像に邪鬼、二鶏、三猿の図柄で、粕谷村講中の銘がある。

Cimg1484

奥に入って右側は板状駒型の庚申塔、元禄9年(1696)10月の造立。青面金剛像に三猿が彫られている。 中央は舟形光背型の地蔵菩薩像だが、右上に「奉造立供養庚申 粕谷村」とあるので庚申塔である。造立年は宝永7年(1710)10月。 そして後列左は如意輪観音像。 元禄4年(1691)10月の造立で、「念仏講供養同志 施主18人」とある。丸彫の地蔵以外は保存状態は極めて良い。

この品川上水脇の念仏堂の場所は江戸時代には共同集荷場があったりして村の中心的な場所だった。現在は「蘆花恒春園」というバス停になっていてバスが止まると必ず渋滞する。

場所  世田谷区粕谷3丁目33

|

« 石造大山不動明王像(練馬区高松) | トップページ | 桜一丁目の庚申塔(世田谷区桜) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 石造大山不動明王像(練馬区高松) | トップページ | 桜一丁目の庚申塔(世田谷区桜) »