« 東玉川の庚申塔(世田谷区東玉川) | トップページ | 奥沢の道祖神と庚申塔(世田谷区奥沢) »

2019年10月 3日 (木)

東玉川の馬頭観音(世田谷区東玉川)

環八通り内回りを南下、田園調布で東横線を越えた先で道路は右へカーブするが、左にまっすぐ行く道がある。その道を進むと中原街道が呑川を渡る石川橋の脇に出る。この道は江戸時代からの道で、下沼部村と奥沢村の村境の道でもあった。中原街道に出る石川台丁字路には石橋供養塔(安永3年=1774)があるが、途中の辻には馬頭観音がある。

P1070067

屋根付きの堂宇には、地蔵座像と馬頭観音塔がある。地蔵の方は古くないように見える。史料にも出てこない。しかし馬頭観音の方はなかなか立派な造りで、上部に馬頭観音が彫られており、その下に「馬頭観世音」と大きく書かれている。高さは117㎝ある。造立年は享和3年(1803)11月とあり、「等々力村、願主早川弥兵衛、惣講中」の銘がある。

P1070070

また左右にはさらに大きな文字で、「右 九品仏道」、「左 池上道」と彫られている。向きから考えると、現在の向きではなく、道路の南側に道路に向けて立っていたのだろう。そうすれば、右へ進めば池上本門寺、左へ進めば九品仏浄真寺である。

場所   世田谷区東玉川1丁目28-12

|

« 東玉川の庚申塔(世田谷区東玉川) | トップページ | 奥沢の道祖神と庚申塔(世田谷区奥沢) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東玉川の庚申塔(世田谷区東玉川) | トップページ | 奥沢の道祖神と庚申塔(世田谷区奥沢) »