« 慶元寺六地蔵と念仏車(世田谷区喜多見) | トップページ | 宇奈根氷川神社の庚申塔(世田谷区宇奈根) »

2019年12月 7日 (土)

慶元寺境内の諸仏(世田谷区喜多見)

慶元寺は広い寺である。幼稚園を含めるとざっと33,000㎡(1万坪)ある。そのうち4分の1が墓所で、墓所の中には三重塔もある。この三重塔が建てられたのは平成5年(1993)とごく最近の事。しかしなかなか見事な三重塔である。

P1070247

広い墓所なので墓石でない石塔を探すのはなかなか骨が折れるが、概ね墓所入口近くにあるのでその辺を集中的に見て回った。無縁仏の中にも庚申塔らしきものが混じっているそうだが、今回は二つの地蔵立像を見つけた。

P1070242

舟型光背型の地蔵菩薩立像。造立年は明暦2年(1656)10月と古い。台石と合わせて162㎝の高さがある。念仏供養とあるので念仏講中のものだろうか。脇に武刕多麻郡喜多見村の銘がある。

P1070240

もう一基は明和3年(1766)10月造立の地蔵菩薩立像。願主は単独で河野市郎兵衛とある。世田谷領吉沢講中の銘がある。この場所は有史以前から人間が住着いていた土地で、境内にもかつては7基の古墳があったが、現在では4基が残されているという。寺の周辺にも古墳が多い。

場所  世田谷区喜多見4丁目17-1

|

« 慶元寺六地蔵と念仏車(世田谷区喜多見) | トップページ | 宇奈根氷川神社の庚申塔(世田谷区宇奈根) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 慶元寺六地蔵と念仏車(世田谷区喜多見) | トップページ | 宇奈根氷川神社の庚申塔(世田谷区宇奈根) »