« 碑小前の庚申塔(目黒区碑文谷) | トップページ | 清水庚申尊(目黒区目黒本町) »

2019年12月23日 (月)

碑文谷鬼子母神堂の石仏(目黒区目黒本町)

目黒本町なのに碑文谷なのは昭和後半で味気ない地名で住所を決めたからだろう。もともとこの辺りも碑文谷村の一部だった。高度成長期以前は学芸大学駅あたりを水源とする川が鬼子母神堂の前を流れ、区立向原小学校の前で立会川の本流に合流していた。上流にあった川を堰き止めたため池は今も残っていて清水池公園の池になっている。この鬼子母神堂は元和2年(1616)に安藤藤八郎という人物が建立したらしい。

Dscn1302

この場所は「法華塚」と呼ばれ、江戸時代から除地として租税を免れた土地になっていたらしく、円融寺との深い関係があったのではないかと思われる。またこの土地は5世紀~6世紀の古墳跡であるという説もあり、千数百年もの間聖なる一角として扱われてきた。境内にある石碑石塔はまるでストーンヘンジのように周りを囲んでいる。

Dscn1304

手前にも右奥にも石塔石碑が並んでいるが、区の資料に残されているのは手前の5基のうちの中央の角柱に近い駒型の馬頭観音のみ。「十羅刹下馬頭観音」と言われ、元はここではなく目黒本町5丁目24にあったというから、前述の川が立会川に合流する辺りである。造立は明治14年(1881)3月で、道標を兼ね「右 東京目黒みち 左 丸子奥沢みち」と側面に彫られている。

ただし5基の中ではこの馬頭観音が最も新しく、左端の板碑型供養塔は寛文4年(1664)、左から2番目の角柱は寛保3年(1743)、右から2番目の角柱は文政10年(1827)などとかなり古いものが多い。この塚は改めてじっくり調べたい場所である。

場所  目黒区目黒本町6丁目24-11

|

« 碑小前の庚申塔(目黒区碑文谷) | トップページ | 清水庚申尊(目黒区目黒本町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 碑小前の庚申塔(目黒区碑文谷) | トップページ | 清水庚申尊(目黒区目黒本町) »