« 大蔵氷川神社の庚申塔(世田谷区大蔵) | トップページ | 目黒通り中根の庚申塔(目黒区中根) »

2019年12月12日 (木)

石井戸の地蔵堂(世田谷区大蔵)

石井戸は現在の大蔵3丁目、4丁目、5丁目辺りの古い地名。 うちの菩提寺もこの石井戸の妙法寺。 但し私はたまたま境内に墓所を買っただけでもともと長州の人間である。宗派も気にしないので、故郷では曹洞宗だったがこちらでは日蓮宗にお世話になっている。 石井戸は仙川の谷に狭い田んぼを耕していた土地である。仙川と野川の間にある丘は昔は殿山と呼ばれ、鎌倉時代の石井氏の館跡と伝えられる。

P1070324

永安寺から尾根筋を北に延び妙法寺門前を経て世田谷通りと成城への道の分岐点に達するルートは古道である。また砧公園裏から世田谷区立総合運動場裏を下る座頭ころがしを経て仙川を渡り丘を登ってこの地蔵堂前の丁字路に達する道もまた古道である。その丁字路に昔からあるのがこの地蔵。

P1070327

地蔵の造立は元文5年(1740)、地蔵の右には「念仏供養之所」とあり、左には年号と「多麻郡大蔵村」の銘がある。それ以外のことは不詳。もしかしたら妙法寺の住職に聞いたら何かご存知かもしれない。 逆戻りになるが、ここから座頭ころがし方面へ下り仙川を渡る橋が中之橋という橋で、その少し上流に江戸時代から昭和中期まで水車があったという。現在左岸の大蔵団地の建替えが始まっているが、団地が出来たころ(1959年)まではあったようである。

場所  世田谷区大蔵5丁目19-21

|

« 大蔵氷川神社の庚申塔(世田谷区大蔵) | トップページ | 目黒通り中根の庚申塔(目黒区中根) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大蔵氷川神社の庚申塔(世田谷区大蔵) | トップページ | 目黒通り中根の庚申塔(目黒区中根) »