« 清水庚申尊(目黒区目黒本町) | トップページ | 上鷺宮の願掛け地蔵尊(中野区上鷺宮) »

2019年12月25日 (水)

鷹番馬頭観音(目黒区鷹番)

目黒区に鷹番という住居表示がある。現在は学芸大学駅の西側も含む広いエリアを指すが、昔は鷹番小学校の周辺の小字だった。江戸時代将軍の鷹狩場があったのは主に江戸城から5里(20㎞)の範囲内で、目黒のこの辺りは頻繁に将軍の鷹狩が行われた地域である。周辺は碑文谷原と呼ばれ、広大な原野や水鳥の多い池が散在した。鷹番というのは、鷹狩り場(鷹場)の番人を指すことが多い。そんな人々が住んでいたのがこの辺りで、明治末期までは家も20軒ほどしかなかったという。

Dscn1328

そんな鷹番小学校の南側、目黒通りに出るすこし手前の辻に馬頭観音の堂宇がある。実はこの辻、江戸時代から重要な交差点で、どの道も古道で何百年も使われてきた道である。東西の道は目黒からは二子道、反対からは目黒道と呼ばれた街道筋。また南北の道は祐天寺から南下して円融寺を経て等々力へ伸びた道であった。現在はこんな路地だが、今でいうと環七と目黒通りの柿の木坂交差点のような場所であった。

Dscn1332

馬頭観音は摩滅が進み細部が分からなくなっている。目黒区の資料によると、造立年は嘉永3年(1850)らしい。台石には「武州比企郡諏訪山妙安寺」とあることから、目黒銀座の馬頭観音と同じく、埼玉県東松山市の妙安寺から勧請されたと思われる。中目黒駅の西側の小高い丘で現在は高級住宅地になっているところを諏訪山と昔から呼んでいた。東松山の諏訪山妙安寺と中目黒の諏訪山の関係が気になるが、それについて書かれた資料はまだ見たことがない。

場所  目黒区鷹番1丁目5-15

|

« 清水庚申尊(目黒区目黒本町) | トップページ | 上鷺宮の願掛け地蔵尊(中野区上鷺宮) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 清水庚申尊(目黒区目黒本町) | トップページ | 上鷺宮の願掛け地蔵尊(中野区上鷺宮) »